PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジェイコブス・ラダー

『ジェイコブス・ラダー』
 JACOB'S LADDER

【製作年度】1990年
【製作国】アメリカ
【監督】エイドリアン・ライン
【出演】ティム・ロビンス/ダニー・アイエロ/エリザベス・ペーニャ/マット・クレイヴン/マコーレー・カルキン/ブルイット・テイラー・ビンス



【イントロダクション】
ニューヨークの郵便局員であるジェイコブは最近夢と現実の区別がつかなくなるほど奇妙な出来事に遭遇していた。疾走する地下鉄に乗る得体の知れない人々。掛かりつけの医者の死亡。自分を轢き殺そうとした車に乗る異様な人物。そしてベトナムの悪夢や幻覚までもが見え始め…。

【感想】
20分いや10分ごとにめまぐるしく変わる場面、時代、状況、登場人物。そのなかで変わらないのはジェイコブただ一人。何が現実なのか、何が幻覚なのか全く想像すらできない映像。いや、この映画を理解しようとすることがタブーなのかもしれない。

冒頭からラストまで実に不安な気持ちを持ち続けて観る必要がある映画です。しかし、一度踏み込んでしまったら最後、結末を知るまでは映画を観ることをやめることが出来ないのです。

なぜジェイコブは、こんなにも苦しまなければならないのか。物語が進むにつれどんどん追い詰められていく。やさしく包み込む妻?恋人?子供達?しかしそれすら現実かも分からない。命を狙ってくる化け物。正体は分からないが、その異様な雰囲気は恐怖を感じる。さまざまな、悪魔的で不条理な状況が永遠と続くのです。
ジェイコブス・ラダー1

さらに、この映画には聖書の一説をモチーフに制作されたものであるため、難しさも見え隠れする。主とするテーマは、生と死。誰もがもつ生への執着。そして誰もがいきつく最終地点である死。背反するものへの価値観が描かれているのだ。

主人公ジェイコブを演じるは、若かりしころのティム・ロビンス。苦悩に悩まされる姿を見事に演じているのだが、彼の涙がこのダークな世界観の中で、新鮮で清らかなのである。
ジェイコブス・ラダー2

そして、この世界観の中での唯一の希望は、ジェイコブの息子を演じるマコーレー・カルキンの天使のようなかわいさなのです。ジェイコブを救う唯一の存在。カルキンよ、このときのかわいさはどこに行ったのだ!!!(怒)

万人受けする映画ではもちろんありません。非常に映画のレベルも高いと思います。ただ、ちょっと一般的からずれた映画に興味がある方は是非見ていただきたい。そして、自分の目でこの映画の現実世界を確かめていただきたい。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サイコ、スリラー | 23:46 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ドーンのビングレイムズが脇で出ていますよね~死ぬまでの間の夢とはいえラストはなんだかふざけた感じだと思いました。

| クリコ | 2012/06/03 23:59 | URL |

クリコさん

あら、ひさびさにネタバレなしでレビューしたのに、ばらしちゃいましたね(汗)

でも笑顔での死ってのは深かったと思いますよ。

| とら | 2012/06/04 00:10 | URL | ≫ EDIT

おじゃまいたします

こんばんは、はじめてコメントいたします。

少し前から時々覗かせていただいてます。こちらの記事は私の琴線に触れる作品が多くて、毎回なにが取り上げられるのだろうと最近はホントに楽しみになっていました。

この「ジェイコブズ・ラダー」も大好きな映画でして、いろんな幻覚映画(?そんなジャンルがあるのかどうかは知りませんが(__;))のなかでも出色な出来だと思っています。

公開後何年か経った頃に、なんの記事だったかは忘れましたがこの作品の幻覚シーンに触れたものがありまして、なんでも人間がLSD麻薬で見る幻覚にこの映画はひじょうに似ているとか。それを読んでなんとなくなるほどと思ったことも思い出します(ドラッグ体験があるわけではありませんが、妙にリアルなのはそのせいかもって)

また遊びに来させていただこうと思ってますので、今後ともよろしくお願いいたします。

| しろくろshow | 2012/06/04 21:09 | URL |

しろくろshowさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
当ブログは、あまり日の目に出ないような作品なども、どんどん知ってもらいたいと思っていますので、マニアにはまゆげくいっとあがるような作品もあるかもしれませんね(笑)

幻覚物の映画の中でも、群を抜いてすばらしいそして意味不明な作品でした。
LSD麻薬の幻覚ですか・・・。
こんなに怖いんですかね。。。

また、この映画どおりだと、死ぬ前に観る幻覚ですよね。
もしかしたら、みんな死ぬ前に体験するのかもしれないですね。こわ~。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

| とら | 2012/06/04 23:01 | URL | ≫ EDIT

やだ~~

まだ観たことがありません!
目の無い顔スゴクそそられます。

早速明日探しに行って来ます。

明日が仕事休みでよかった~

| ダークアレッサ | 2012/06/05 03:39 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまです

いや~懐かしい

1990年ですか
もう20年前…

ちゃんと映画館に観に行った記憶があります
大好きな映画です

そ~なんですよね~
カルキンちゃん出てましたね~

う~ん
もう1回観たくなりました

| Y0-shit | 2012/06/05 22:42 | URL |

☆ダークアレッサさん
観て欲しいところですが、おそらくレンタル店には無いと思います。
DVDもプレミアついています。
オンラインレンタルでしか、借りれないですかね~。
でも、観る価値ありですよ!

☆Y0-shitさん
年月がたつのは早いもので、もうそんなに前です。
カルキンのなんとかわいいこと。
このダークな映画の中で、救われる存在。
なのに今のカルキンは・・・。
夢を壊さないで欲しいですな~。

| とら | 2012/06/05 23:11 | URL | ≫ EDIT

観られる日は来るのか?

また凄いのが来ましたね、今回初めて知りました。
確実に日立近辺では、レンタルしてないでしょうけど。(泣)

22年も前の作品なんですね、主演は若き日のティム・ロビンスで、さらに子役時代のマコーレー・カルキンも出ていると。
今現在のマコーレーについては敢えてノーコメントで。

幻覚?を題材にした作品は観た事ありません。
それだけに物凄く観たいですが、ムリぽそうですね・・・・(泣)

オリジナルウッカーマンに続いて、観られない作品リストに追加します。(泣)

| マローダー | 2012/06/06 06:01 | URL |

確かに・・・

何処を探してもありませんっv-356

プレミア付きかぁ・・・(泣)

| ダークアレッサ | 2012/06/07 14:59 | URL | ≫ EDIT

おお!

『サイレントヒル(映画もゲームも)』好きなら気に入ると友達に前々からオススメされてた映画ですが全然見つからない!(泣)

マコーレー・カルキン出てるんですか!!

最近の彼はなんか河童みたいにな(ry

| 黒服 | 2012/06/08 22:23 | URL | ≫ EDIT

☆マローダーさん
これは、深くそして難解な映画ですよ。
終始、???を頭に抱えながら観る必要あります。
幻覚の映画も色々ありますよ~。
でも、この作品が飛びぬけてます。

☆ダークアレッサさん
DVDは8,000~10,000円ですね。
オンラインレンタルですぐに借りれますがね。
黒服さんも書いていますが、『サイレントヒル』好きは気に入りますよ。

☆黒服さん
サイレントヒルはこの映画を意識して作られていますから、それは当然ですね~。
カルキンの変わりようはひどいですねー。。。

| とら | 2012/06/09 09:01 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/11/29 18:20 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/354-b204abf9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。