PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイ・アム・レジェンド

『アイ・アム・レジェンド』
 I AM LEGEND

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】フランシス・ローレンス
【出演】ウィル・スミス/アリシー・ブラガ/ダッシュ・ミホク/サリー・リチャードソン/チャーリー・ターハン/サリー・リチャードソン



【イントロダクション】  by Amazon.co.jp
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。

【感想】 ネタバレ
リチャード・マシスン小説の3度目の映画化。
『地球最後の男』『地球最後の男 オメガマン』、そして今作になります。お金をかけて、ハリウッドでつくっちゃったよ~という近代的な作り丸出しで、主演も、メジャー俳優ウィル・スミスなだけにホラー系と結び付けにくいのが難点。

ダーク・シーカーズというウイルス感染者がはびこる廃墟の世界。彼らは、紫外線を浴びれず夜にしか表に出られないという、吸血鬼ゾンビな生き物。ただし、ゾンビと違うのは死んでいないということ。あくまでも感染した人間なのです。

“孤独”人間にとって一番つらいことですね。約3年半くらい1人での暮らしが続いたのですから、常人なら頭くるってしまうところ。でも乗り越えてこられたのは、愛犬サムのおかげです。主人公ロバートと愛犬サムとお風呂の桶の中で夜中に寄り添い、共に怖さと孤独に耐えている姿はとても印象的でした。要所要所にお互いの信頼感もとても感じられます。

でも、サムが感染...なぜロバート自ら殺したんだ!?
今、ウイルス特効薬を作っているんでしょ?だったら、感染犬で生きていても、いずれかは特効薬で治せるかもしれないでしょ!もう特効薬を作る自信がないのかい!?っと怒鳴りたくなります。

サムを演じた犬ですが、とてもすばらしい演技です。相当の訓練をしたのでしょう。賢い犬です。アカデミー助演ワンワン賞を是非与えたいそれほどの名役者!

しかし、この映画納得いかないことが多い。主人公のライフラインがなぜつながっている?感染者達は何を食べてた?ニューヨークになぜ鹿、ライオン?ロバートが襲われそうになったとき、女性、子供でどうやって救った?など、妙につじつま合わない部分が多々あり、納得いかんのです。

そして、一番納得いかんところ!それは、エンディング!自分だけがかっこよく死んで、生き残ったものに希望を残して伝説になる!何このベタ展開・・・ ┐( ̄ヘ ̄)┌

無理やり、LEGEND(伝説)と結び付けんでもいいのにっと思っていましたら、案の定ハリウッド版ということでのエンディングだったそうです。原作は、まったく違うエンディング。そして、異なるエンディングは、Blu-Ray版に収録されているということです。あこぎな商売してますなぁ、ワーナーさん。

異なるエンディングは、実験を繰り返していたサンプル体は、実は感染者リーダー格の妻だった!それがゆえ、妻を取り戻すためロバートを襲っていたという展開だそうです。結局、サムが犬を殺されたと同様、感染者からすると愛する妻をロバートが奪ったという形になっているのです。

つまり、ロバートの存在が特異で大多数の感染者から見ると平和を乱す悪魔でしかなかったのです!彼らは、あくまでもゾンビではなくウイルス感染しただけの人間なんですから。

とにもかくにも、ウィル・スミス主演ということで期待が高まりがちですが、期待半分で観ないと、がっかり度が増します。DVD特典映像のコミック版『アイ・アム・レジェンド』の方が、よっぽど面白いかも!?

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| SF、エイリアン | 22:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

v-275コレってホラー系だったんですか!CM等でもよくわからないし、ウィル・スミス主演ってことで、ホラー?なんて思いもしなかったです。
まずそれが意外だったので見てみようかな・・・と思いきやこのレビュー。かなり微妙みたいですね~。納得いかない点が多い映画というのはその世界にのめりこめないものですよね。
そして、愛犬を殺すんですか?無理やり泣かせる場面を作っているんでしょうか。そういうのはやめてもらいたいものです。
まあ、機会があれば見てみようかなと。
p,s先日紹介のあったキャリー、気になってレンタルして見直して見ました。以前見た時とまた違って新鮮に感じました。
やはり赤色の使い方が印象的でしたね~。
特典映像に当時の出演者のインタビューや撮影秘話なんかもあって、なかなか面白かったです。
応援全ポチ!!!です。

| you太郎 | 2008/07/08 11:21 | URL | ≫ EDIT

you太郎さん

そうなんです。私もCMで見る限りは、ホラーとは思いもしなかったです。
それもこれも、ウィル・スミスだからですよね。
映画ですが、ウィル・スミスということで、これまた期待が大きくなってしまいます。なので、期待しないで見るとそれなりには面白いと思いますよ。でもラストは納得いかんですが。

おぉ~、キャリー見直しましたか!
たしかに、過去に見た映画をひさびさに振り返ると新たな発見や感情が生まれますよね。
私も、レビュー書くために見直ししていると、いろいろな発見があります。

| とら次郎 | 2008/07/09 23:06 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、wataruです。
「アイ・アム・レジェンド」を観たなら「オメガマン」も是非どうぞ!
わけが分らなくなります(笑)。

| wataru | 2008/07/10 23:02 | URL | ≫ EDIT

wataruさん

コメントありがとうございます。
そうですね~、「オメガマン」も見てみたいですね。
あ、でも探すの大変そうですね。
TSUTAYA DISCASありませんでしたil||li_| ̄|○il||li

| とら次郎 | 2008/07/10 23:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/36-2e27d6bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT