PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴン・タトゥーの女

『ドラゴン・タトゥーの女』
 The Girl with the Dragon Tattoo

【製作年度】2011年
【製作国】アメリカ
【監督】デビッド・フィンチャー
【出演】ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー/スティーヴン・バーコフ/ステラン・スカルスガルド/ベンクトゥ・カールソン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
とある財閥一家の家族史編纂を依頼された社会派ジャーナリストと社会を憎む天才的女性ハッカーが、40年前に起きた少女失踪事件に端を発する猟奇殺人事件の真相究明に挑む。

【感想】
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラーを、デビッド・フィンチャー監督による映画化。同原作をすでに2009年スウェーデンが制作していますが、リメイク的な製作の位置づけではなく原作から独自に映画化した作品。

とはいっても、先にスウェーデン版3部作をすべて鑑賞済みとしては、否が応にも比較してしまうわけです。ちなみに、スウェーデン版は、個人的には絶賛に近い評価をしています。

ミカエルはハリウッド版勝利、リスベットはスウェーデン版の勝利といったところでしょうか。

やはり、ダニエル・グレイグの色気、渋さは一品!対するスウェーデン版は普通のおじさんキャラだったので、リスベットがミカエルに惹かれることが信ぴょう性なかったですが、ダニエルなら納得ですね(笑)ま、凸凹コンビというより、スタイリッシュでお似合いコンビってイメージになってしまいましたが。

対する、リスベットはハリウッド版も非常によかった。期待の新星ルーニー・マーラの体当たり演技もすばらしかった。しかし、妙に乙女なんですよね…。リスベットは、クールで凶暴で考え方がつかめないキャラのはず。ラストなんか特にミカエルに恋心そして失恋みたいな様子は、リスベットのキャラと合わないんです。その点で、スウェーデン版は、徹底してクールで謎めいた存在を貫いたところが評価できます。肝心なドラゴンタトゥーもスウェーデン版の方がごっついですしね。
ドラゴン・タトゥーの女1

さて、肝心のストーリーですが、ほぼ原作に近い展開であります。謎解き感もあり非常に面白いです。内容はすでに知っていて観ましたが、それでも十分に楽しめました。財閥一族の闇の歴史を、ミカエル&リスベットの凸凹コンビがおたがいの才能を融合して行く展開が見事です。ラストの驚愕の事実を知る頃には、完全に映画を見入って時間の長さも忘れてしまっているでしょう。

もちろん、シリーズは続いていき、今後はリスベット中心に話が動いていくので、続きが楽しみな作品であります。二人の恋のゆくえも、デビット・フィンチャーがどう描くか見もの。(特に、今回のラストがあまりにも乙女ちっくに終わらしてっしまったので…。)

原作が非常に面白いので、このハリウッド版でもスウェーデン版でもどちらでも楽しめる作品と思います。どちらから入っても、問題ないですね。むしろ両方比較すると2倍面白いと思います。

最後に、映画ではなくレンタル版配給会社に文句!
ベッドシーンのでかでかモザイクはなんじゃ!?アダルトじゃないんだから!雰囲気も何もあったもんじゃない!(怒)

【満足度】


【関連記事】
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
ミレニアム2 火と戯れる女
ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 21:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/362-4fdd6af3

TRACKBACK

ドラゴン・タトゥーの女

THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10) −監督− デヴィッド・フィンチャー 過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』

| 銀幕大帝α | 2012/07/24 02:19 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。