PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダークナイト ライジング

『ダークナイト ライジング』
 THE DARK KNIGHT RISES

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】クリスチャン・ベール/アン・ハサウェイ/トム・ハーディ/マリアン・コティアーヌ/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン/モーガン・フリーマン



【イントロダクション】
ジョーカーとの死闘から8年後。ゴッサムシティは法改正によって作られた『デント法』の下、平穏な日々が続いていた。一方、バットマンは、隠遁生活を送っていた。そんな折、ゴッサムに新たな脅威が現れる。

【感想】  ネタバレ
前作『ダークナイト』でのジョーカーとの壮絶な戦いから8年後を描く。偽りの正義デント法により、ゴッサムは平和の街へと変貌していた。それと共に、生きがいをなくしたのごとく、デントの罪をかぶったルース・ウェインは引きこもり肉体的にも精神的にもボロボロな生活を送っていた。

ウェイン自身、平和が退屈なようで。バットマンを引退しきれない姿がありました。悪があってこそ、善が生まれると言わんばかりに。

しかし、べインという凶悪な存在が登場です。前作ジョーカーほどの存在感は無いものの、驚異的なパワーと見掛けに似合わない知性、そして顔をすっぽり覆ったマスクから発する声が異様に不気味で印象的。クリストファー・ノーラン監督は、悪役を描くのは見事だなと痛感させられるのでした。
ダークナイト ライジング1

悪が産まれた時、同じくバットマンも息を吹しゴッサムを舞台に死闘が始まる。
ダークナイト ライジング2

前半は少しおとなしめな展開でしたが、ここからは息つくところ無く一気に進みます。1つとして無駄が無いシーンの数々は、過去3部作通して、話がつながってくるのです。歴史的な超名作となった前作に恥じない物語は見事でした。165分という長丁場も苦にはならず、のめりこんでしまいました。

そして今回うれしいのは、新キャラの存在。アン・ハサウェイ演ずる、キャットウーマンはセクシーで強く可憐。単に花を添えるだけではなく、彼女の存在は重要でしたね。
ダークナイト ライジング3

そして、バットマンシリーズを知っていれば早めに気づいたかもですが、ロビンも登場しました!ちょっとうれしくなるロビンと分かる瞬間でしたね。

ラストは、闇のヒーローバットマンが光のヒーローとなって終焉です。そして、いつもは救いようが無い終わりでしたが、今回ばかりは幸せな結末。なんだか、良かったなぁっと感じる瞬間でした。

さて、3部作終焉ということですが、続けようと思えば可能な終わり方ですが、本当に終わってしまうのでしょうか?

【満足度】


【関連記事】
ダークナイト

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| こわくない映画 | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今日ダークナイト2回目観てきました。
前作のジョーカーが凄すぎでしたが、3部作に相応しい
終わりだったと思います。
大満足でした。

私はジョセフ君のファンでして、思ったより大活躍
だったのがさらに興奮で・笑
次作があるのなら是非お願いしますって感じです!

| のりこ | 2012/08/14 15:19 | URL |

のりこさん

2回行きましたか!
でも、その価値ありますよね~。
前作にも劣らない出来栄えでした。
前作がよすぎたので、プレッシャーあって作品を作ったんでしょうが、見事です。

次作一応作れそうな終わり方ですね。
しかし、クリストファー・ノーラン監督の中では完結という感じですね。

私は、BDでも発売されたら買うことにします!

| とら | 2012/08/15 09:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/366-6030e31f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT