PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リング

『リング』

【製作年度】1998年
【製作国】日本
【監督】中田秀夫
【出演】松嶋菜々子/真田広之/中谷美紀/竹内結子/佐藤仁美/雅子/沼田曜一



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
テレビレポーターの浅川玲子は、見たら一週間後に死ぬというビデオテープの噂を耳にする。にわかには信じられない玲子だったが、姪の死をきっかけにビデオについて調べ始める。やがて、偶然手に入れた問題のビデオを確認のため見た玲子は、その内容に、噂が本当であることを確信する。が、それは7日後の自分の死を意味した…。

【感想】
日本のホラーを世界に知らしめた、代表作的作品。

ジャパニーズホラーって、怖さが独特なんですよね。湿っぽく暗い雰囲気に不気味な幽霊の存在・・・。外国のホラーと怖さの質が違います。外国ホラーは、ガツンと驚かせグロいシーン満載。それに対して日本ホラーは、ジワジワ精神をつついてきます。ゾンビで育んだ歴史と四谷怪談で育んだ歴史の違いですかね?

この作品は、映画を見る前に原作を読んでいました。TVドラマも見ていました。で、でも予習なんか関係なく、ほっっんと怖かった 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。 しばらく、夜一人で消したTVを見ると、ゾゾッとしました。私が観た日本のホラーでダントツ怖い作品です。

当時、“ビデオテープ”というどこの家庭でもある物から恐怖が始まりますから、親近感がありすぎて、それがまた怖いのです。呪いのビデオの意味不明で不気味な映像、こんな映像見てしまったら、どんな人でも気持ち悪く不安になるでしょう。

ビデオを見ると1週間後に死ぬっていう展開も凄い発想です。嫌がおうにも、死にたくなければ謎(のろい)を解くしかないんです。必死で、のろいを解くために主人公達が駆けずり回るんですが、だんだん謎が解けていくにつれ、さらに恐怖も同時に増していきます。もう怖いから観たくないって思っても、ついつい先が知りたくなるそんな映画。

松嶋奈々子演ずる役は、原作では男性なので少し違和感がありましたが、子供を必死で守ろうとする姿が現れており、映画としては正解だったと思います。子供に勝るものがない(怖さなんか子供のためなら)という親心が痛いほど感じられました。

そして、ラストシーン・・・・・・・・。
言いたいことが分かりますよね・・・・・・・・・。

ギィャーーーーーーーーーー (||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

日本ホラーの歴史に残る名シーンでしょう。
日本国民、いや世界の人々にぬぐいきれない恐怖を与えたシーンです。
もうこのシーンは絶対見たくない!




















貞子

【満足度】
★5つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| 幽霊、怨念 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

v-275ラストシーン。映画史上に残る名シーンと言っても過言ではないですよね。
原作では松嶋奈々子の役は男性なんですか。初耳でした。
外国でもジャパニーズホラーが注目されるようになりましたが、日本のホラーってホントに不気味さがありますね。リメイクされたハリウッド版もみましたが、なんか怖くないんですよね。なんとなく空気が違う感じと言うか。
応援凸3です。


| you太郎 | 2008/07/23 11:21 | URL | ≫ EDIT

いや~、あの眼は怖かったですよねぇ!
TVから不気味に出てきて、あの眼で見られたら、確かにショック死してしまうかも・・・。

そうです原作は、男性です。
本読んでいるときも、ゾゾッて背筋が凍りながら呼んでいました。
本であんなに怖い思いしたのも始めてかもです。

とにもかくにも、リングは日本が誇るホラーの名作です。

全国の貞子さんがいじめられるきっかけになった映画ってのも確かです。お気の毒に。

| とら次郎 | 2008/07/24 23:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/37-3b778989

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT