PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恋の罪

『恋の罪』

【製作年度】2011年
【製作国】日本
【監督】園子温
【出演】水野美紀/冨樫真/神楽坂恵/児嶋一哉/二階堂智/小林竜樹/五辻真吾/深水元基



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ラブホテル街の古アパートで女性の死体が発見される。事件を追う女性刑事・和子は、小説家の妻・いずみとエリート大学助教授・美津子という人物に行き当たり…。

【感想】
90年代日本を騒然とさせた、渋谷区丸山町ラブホテル街で実際に起こった殺人事件を元に作られた作品。といっても、事件とは全く異なる展開を見せています。

園ワールド爆裂です。ほぼ全編、女性の性を表現した作品。
というか、監督は女性をどう見ているのだろうか?と疑問に思ってしまった。

遺体は切り刻まれ、2体のマネキンと接合、現場には城という文字が残され、不可解な事件が始まっていく。そして、3人の女性を中心にその事件の謎は解明されていくのだ。
恋の罪1

幸せな家庭を持つのに不倫に走る刑事和子(水野美紀)、エリート大学教授だが夜な夜な体を売り歩く美津子(富樫真)、そして有名作家で何一つ不自由ないはずだが何か物足りない日々を送る貞淑な妻いずみ(神楽坂恵)の落ちていく姿を描く。

「セックスは愛がなければお金を取れ!」「だけどもお金の大小は関係ない!」「言葉は体を伴って初めて意味を持つ!」と持論をもつ美津子。彼女は夜な夜な渋谷の円山町に出向き、安価で自分の体を売り続ける。たとえ、それが自分の教え子であろうが。

ひょんなことから騙されアダルトビデオに出演し、平凡な生活から性を知ってしまったいずみ。彼女は美津子に会ってしまった瞬間から、運命そして平和が崩れ始める。美津子にひかれるいずみは、言われるがままに体を見知らぬ男に捧げていく・・・。「ここまで堕ちてこい!」と美津子がいずみに言うのだ。
恋の罪2

重く、暗い世界がそこにはある。人間の本能と欲望をそこに見た。そして、残酷さも。
降りしきる雨の中、体を売るための廃墟で事件が起こる・・・。

うーん、この映画は何を描きたかったんだろう。後味の悪さだけが残りました。今までの園監督の作品とは少しかけ離れた感があり。私には分からなかった。女性は、この作品を観てどういう感想なんだろうか???

 言葉なんか覚えるんじゃなかった
 日本語と ほんの少しの外国語をおぼえたおかげで
 ぼくはあなたの涙の中に立ち止まる
 ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる 

妙に、この詩だけが心に残ったのでした。

P.S
水野美紀のヌードが話題にもなったこの作品
・・・・・ なんじゃいそれだけか!!!(怒)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 22:11 | comments:6 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

圧倒される世界観でしたね
とくに、美津子の母親の存在感が強烈でした。
3人の物語のようでいて、それでいて実は4人の女性の物語だったのかもしれないです。
言葉は体をともなうと言う台詞から、いずみの「言葉なんか覚えるんじゃなかった」が虚しく響きますね…

この作品は、同性からみても、異質な作品に思えました
ただ、女性は一度堕ちたらどこまでいくかはわからないですね。

| maki | 2012/09/15 19:42 | URL | ≫ EDIT

makiさん

そうですね、美津子とその母親のやりとりは、この作品の中でも、異常なまでのやりとりでした。
よほど、美津子と父がにくかったんでしょうね。

女性の感想と、男性の感想は分かれそうな映画ですね。
そして、観る人を選びそうです。

| とら | 2012/09/17 21:22 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

水野さんはほんとあれだけでしたね。
逆に神楽坂恵さんがバンバン脱いでくれてましたし、変態っぷりが実に潔くて印象に残っております。
女優陣の頑張りが作品を盛り上げていたように思います。
これもある意味衝撃的な作品なんでしょうけど、どうにも自分的にはエロい作品という印象の方が強いかなぁって今ふと思いました。

| ヒロ之 | 2012/09/23 02:03 | URL |

ヒロ之さん

女性俳優陣の体を張った演技には、ほんと脱帽でしたね。
水野ヌードは、完全に話題づくりだったきがしますが、彼女もかなり体当たりで今までとイメージ転換した、役でしたね。

この映画、園監督だから正式な映画としてなりたってますが、監督無名なら、完全ポルノ映画ですよね・・・。

| とら | 2012/09/23 22:41 | URL | ≫ EDIT

なんと言ったらよいか

3ヶ月くらい前にレンタルしました。
当時の事件に興味があったので観たのですが…
正直すでに内容あんまり覚えていません
(^。^;)

女性はどう観るのだろうか…
印象としては「サスペリア」のような真赤感とエッチな映画のコラボって感じてすかね
こんなコメントですみません(*_*)

| キム | 2012/10/05 23:16 | URL |

キムさん

からり異質な作品でしたね。
はっきりいって、園監督でなければ、ただのポルノ映画っていっても過言じゃないかも。

真っ赤を感じました?
私は、雨の真っ青で暗さを感じましたね。

私もすでに、内容は忘れつつ。。。

| とら | 2012/10/08 02:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/371-5a6c9c19

TRACKBACK

恋の罪

11年/日本/144分/エロティック・ミステリー・サスペンス/R18+/劇場公開(2011/11/12) −監督− 園子温 過去監督作:『冷たい熱帯魚』 −脚本− 園子温 −出演− *水野美紀…

| 銀幕大帝α | 2012/09/23 01:57 |

恋の罪

園子温監督作品。これは女性の性、欲望を描いた作品でした。 男とは違って女には期限がある。「女」として見られる期限だ。心と体の乾きを感じている女性たち。堕ちていく女の恍惚

| いやいやえん | 2012/09/15 19:44 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT