PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホビット 思いがけない冒険

『ホビット 思いがけない冒険』
 Hobbit

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ピーター・ジャクソン
【出演】マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/イアン・マッケラン/アンディ・サーキス/ケイト・ブランシェット/イライジャ・ウッド



【イントロダクション】 
ドラゴンに支配されたエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、旅へ出ることになったビルボは、戦士トーリン・オーケンシールドら13人のドワーフとともに、ゴブリン、オーク、巨大なクモなど危険が待ち受ける荒野を進む。

【感想】 
映画館で観たとき限定の、こわくない映画レビューでございます~。はい、正月はこれ見なさいって言われている気がして、観ちゃいましたよ。

『ロード・オブ・ザ・リング』の世界より60年前の中つ国(ミドル・アース)を舞台とした今回も3部作の物語。J・R・R・トールキンが1937年に発表した小説『ホビットの冒険』が原作。監督はもちろん、ピーター・ジャクソンで、おなじみのキャストも再登場しています。

いやー、この世界観。ピーター・ジャクソン監督だからこそ出せるでしょうね。相変わらずすばらしく、映像美もさることながら、登場人物の描写がすばらしいですね。それもそのはず、撮影まで入るのに構想5年という根気の入れようです。

ホビット&ドワーフ&魔法使いの冒険。なかなか個性派ぞろいでございます。
ホビット2
ホビット4

美しく気高き一族エルフ
ホビット5

そしてオーク、ゴブリン、トロールなどの悪役一族。
ホビット3

次々と伝説のキャラクターが本物と思える動きで楽しませてくれるんです!

おぉーっと、忘れてはならない「いとしいしと」のゴラムも不気味さパワーアップで登場。もちろん指輪と一緒にね!
ホビット

3時間という長丁場、さすがに3部作の1作目というだけあり、前置きが長くて前半多少だれるとこもありますが、中盤から後半にかけては、多彩なCGに実写も交えた格闘シーンの数々に見ごたえ十分になります。やはり最後のオーク一味との戦いは圧巻でした。

勇気と友情と誇り、そして愛嬌がたっぷりなファンタジーの世界。映画館で観てこそな映画なので、公開中に是非足を運むべしです。ただし、続編ありきの作品なので終わった後、続き見たい!ってなストレスがたまりますが、次作の公開が1年後というのがね…。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| こわくない映画 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/389-64fedaa5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT