PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私が、生きる肌

『私が、生きる肌』
 THE SKIN I LIVE IN

【製作年度】2011年
【製作国】スペイン
【監督】ペドロ・アルモドバル
【出演】アントニオ・バンデラス/エレナ・アナヤ/マリサ・バレデス/ジャン・コルネット/ロベルト・アラモ/スシ・サンチェス



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
画期的な人工皮膚の開発に没頭する形成外科医のロベル。彼が夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”を創造することだった。

【感想】
※ネタばれなしで書いているつもりですが、これから観る方は予備知識なしで観ることをお勧めいたします。

アルモドバル監督による、亡き妻そっくりの美女を監禁する天才医師の狂気の愛を描いたミステリー。炎に包まれ命は助かったがその姿に絶望し、自殺を選んだ妻。夫である外科医ロベルは、究極の肌を完成させる。

さすが数々の賞を取った作品です。展開、映画の見せ方、物語の構成が非常にすばらしい!

屋敷の一室に監禁されボディ・ストッキングをまとった美女ベラの登場シーンからいきなり始まる。彼女の存在、ロベルとの関係そしてなぜ監禁されてボディ・ストッキングをまとっているのか一切分からず進んでいく物語。映画を観るものは頭が???のまま、ただただベラの美しさに見惚れるしかないのです。
私が、生きる肌1

しかし中盤から、種明かしが一気に進んでいく。その種は衝撃的かつ異常なもの。徐々に分かる美しきベラの正体、そしてゆがんだ愛、驚愕の真実を突きつけられることになります。

常識的に考えたら、ものすごく変態な狂気。しかし、さすがアルモドバル監督です。すべてのシーンに無駄がなく美しいのです。それゆえ、ロベルの異常なまでの行動が美化されてしまいます。官能シーンも何度か出てくるのですが、これまたいやらしさが感じられないのです。

比べるのもなんなのですが、同じヨーロッパ産の変態外科医映画『ムカデ人間』のハイター博士と本作のロベル外科医。冷静に考えると同じくらい変態なのに、この映画は変態のへの字すら見えてこないほどの美しさがあるのです。
私が、生きる肌2

究極の復讐と究極の愛、観せてもらいました。
観終わった後、タイトルをよく考えてみると、恐ろしいですね。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 22:25 | comments:8 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

予備知識無しのがいいってことなので、中身スルーしました。

まだ観ていないので、観たらコメントしに来ま~す^^

| シャロン | 2013/02/14 04:51 | URL | ≫ EDIT

これは全く予備知識なしでみたので、意外なんてもんじゃなく、とても驚きましたね。
主人公の人生を考えると震えましすよ~。
アルモドバル怖いわーw

| nasu | 2013/02/14 16:49 | URL |

☆シャロンさん
はい、絶対に予備知識ないほうが面白いです。
是非、みたらコメントくださいねー!

☆nasuさん
ひげをそったところで、まさか!?
って思いましたが、そのまさかをやっちゃいましたからね。
あんなベッピンさんに仕上げられて、これからどう生きていくんでしょう…。
肌は変えれても心までは変えれませんからね。

| とら | 2013/02/14 22:01 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ベラの正体には驚きましたが、それよりも
正体を知った上での…ってところがもっと驚きましたよね
やはり、妻の顔を使ったことが歪んだ心をうんだのでしょうか
自ら作り上げた完成品を愛してしまうなんて。
エレナ・アナヤさんのモニターのアップにもたえらえる肌質がまた美しかったですね

| maki | 2013/02/15 07:54 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!

「えぇ!?」って驚愕するような内容でしたね。
あの展開には全くの予想外で、「えらいこっちゃあ!」の気分で終盤は観てましたよ。
歪んだ愛ほど恐ろしいものはないですねぇ。

あ、因みに「ムカデ人間2」は観る勇気がないので今のところパスしてます^^;

| ヒロ之 | 2013/02/15 23:56 | URL |

☆makiさん
だんだん分かっていく真実の驚愕さに、徐々に驚かされ、その恐ろしさと異常さにうなりましたね~。
お母さんが言ったように、なぜ妻の顔にした…。

エレナ・アナヤさんはいやー綺麗でした。
いままで、他の映画ではそこまで感じなかったんですが、やはり綺麗に見せる技術がすばらしいなぁ。

☆ヒロ之さん
よくぞ、あそこまでの展開になったものです。
だって、娘の死んだ原因の人間ですもんねぇ。
心は男なのに完璧な美女に変えられるってのはどんな気持ちなんでしょう…。

ムカデ2は観なくてもいいと思いますよ~。
ゲンナリするだけですから。

| とら | 2013/02/16 23:52 | URL | ≫ EDIT

今、観終わりました~

とっても面白かったです!

イヤイヤ、本当に変態と言いますか異常者ですよねロベルさん。
予備知識無しでってことで、何も聞かずに観始まって意味が分らず…ベラが…え??(笑)

最後あの彼女と結ばれてたら、ああなったのも無駄じゃなかったかも。。。

| シャロン | 2013/02/17 16:41 | URL | ≫ EDIT

シャロンさん

びっくり事実でしたよね。
ほんと、ゆがんだ愛でした。

しかし、最初ぜんぜん分からない展開から、徐々にネタ晴らししていき、それがまた驚愕な展開と来ていますから、ほんと見せかたがうまいですよね。

しかし、恨んでいるのになぜ妻の顔にした・・・

| とら | 2013/02/18 22:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/397-18dc129e

TRACKBACK

私が、生きる肌

あなたは、 これを愛と呼べるか―― −感想− OH! シンジラレナーイ!! アブノーマルな世界が渦巻いてるね〜。 観ている途中までは「監禁マニア医師による変態観察」な内容だと...

| 銀幕大帝α | 2013/02/15 23:53 |

私が、生きる肌

これは衝撃的。真相には驚いたし、あまりにもアブノーマルな世界観に圧倒された。 ロベルは交通事故で妻を亡くしていた。人工皮膚の権威である彼は自ら開発した人工皮膚を使って、

| いやいやえん | 2013/02/13 10:13 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。