PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少年は残酷な弓を射る

『少年は残酷な弓を射る』
 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

【製作年度】2011年
【製作国】イギリス
【監督】リン・ラムジー
【出演】ティルダ・スウィントン/ジョン・C・ライリー/エズラ・ミラー/ジャスパー・ニューウェル/ロック・ドゥアー/アシュリー・ガーラシモヴィッチ



【イントロダクション】 
作家のエヴァが授かった息子・ケヴィンは、なぜか幼い頃から母親であるエヴァにだけ反抗を繰り返し心を開こうとしなかった。やがてケヴィンは美しく賢い完璧な息子へと成長し…。

【感想】
原作は英国女性作家文学賞最高峰のオレンジ賞を受賞した、ライオネル・シュライバーのベストセラ―小説。「映画化は困難」と言われ続けてきた問題作であります。

産まれたときから母を恨み続けるケヴィン。彼はなぜそこまで母を恨む必要があったのか?そこには歪んだ究極の愛そして憎悪がありました。どんなに愛情を注いでも決してなつくことがない子に、母はいったい何をしてあげればよかったのか…。

「なぜ?」
「わかっていたつもりでいた。でも今はわからない…」

理由はないまま、母を憎むという意思だけで最悪な結末まで来てしまったのです。

しかし、母は子から離れることはしなかった。どんなことがあろうがケヴィンを見捨てていない。これこそが、母の最大の愛なのではないでしょうか?

作品は、エヴァが衰弱しきり周囲からけなされ生きていくのも必死な場面から始まっていく。現実と過去のシーンを幾度とも繰り返しながら、彼女が陥った境遇が明らかになるのです。観るものは徐々に分かっていく内容に驚愕し重い親子の関係に心苦しく感じながら観続けないといけないのです。

母を演じるは、アカデミー女優賞も獲得したことがあるティルダ・スウィントン。毅然と振舞う姿はすばらしいの一言に尽きます。
少年は残酷な弓を射る2

そしてケヴィンを演じるエズラ・ミラーの美しさに秘められた残酷な目が恐ろしい。ケヴィンの幼少時代を演じる子役の演技もすばらしすぎます。
少年は残酷な弓を射る1

子は親を選べない。そして親もまた子を選べない。
お互いに憎しみながらも、2年後の出所のため部屋を整える母と唯一心が通じた「ロビン・フッド」の本が印象的でした。

子を持つ親(特に母)が観ると非常に考えさせられる映画ですね。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| ヒューマンドラマ | 21:49 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

とらさん、こんばんはヽ(^o^)丿!

絶対、観ないですが、母親役のティルダ・スウィントンさんが、キャリーのシシー・スペイセクさんに似てるな~って、思ってしまいました!

怖い映画でした!

10代に、観たと思います!

あんまり、トラウマになる、映画は、こりごりです!

でも、とらさんのブログは、そんな、怖いけど、懐かしいブログとして、御拝見して、いきたいです<(_ _)>!

| トト | 2013/03/04 01:35 | URL |

トトさん

そうですね。確かに似ているかも。

トラウマになる映画って、いつまでも記憶に残っているものですよね。
そういった意味では、考えさせられるって部分もありますよね。
なので、結構観てしまいます。

ありがとうございます。
いろんな見方で当ブログをつかっていただければ、うれしいです!

| とら | 2013/03/04 22:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/399-d7009ae7

TRACKBACK

少年は残酷な弓を射る

WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN/11年/英/112分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開(2012/06/30) −監督− リン・ラムジー −製作総指揮− リン・ラムジー −原作− ライオネ

| 銀幕大帝α | 2013/03/03 14:42 |

少年は残酷な弓を射る

タイトルの「残酷な弓を射る」という表現がいいですね(でも直接的表現だとは思わなかった)。母親への異常な悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑う母親の関係を綴ったサスペンス作...

| いやいやえん | 2013/03/03 11:22 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。