PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラック・ブレッド

『ブラック・ブレッド』
 PA NEGRE/BLACK BREAD

【製作年度】2011年
【製作国】フランス
【監督】アグスティー・ビジャロンガー
【出演】フランセスク・クルメ/フランセスク・コロメール/マリナ・コマス/ノラ・ナバス/ルイザ・カステル/マルセ・アラネガ/マリナ・ガテル



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
内戦の傷跡が残る40年代のカタルーニャ地方。ある殺人事件の遺体発見者になったことを発端に、11歳の少年・アンドレは、大人たちがひた隠す惨たらしい現実を知ることになる。

【感想】  ネタバレ
2012年アカデミー外国語映画賞、2011年ゴヤ賞最多9部門受賞、ガウディ賞でも最多13部門など数々の映画賞を総なめしてきた作品。"スペインのデヴィッド・リンチ"と称される鬼才アグスティー・ビジャロンガ監督による、ダークミステリー。

純粋な子供に突きつけられる、大人の闇、汚さ、嘘という現実。たった11歳の少年アンドレは、知る必要もない、知らなければ幸せであった事実をしることで、傷つき純粋さを失っていくのである。

嘘を積み重ねていた村人たち、小学校の教師と関係を持つ指先を失った従姉、政治的に追い詰められていく家族、そして信じていた父親までも…真実は残酷でした。
ブラック・ブレッド1

アンドレの心のよりどころは、感染症を患い隔離されている青年でした。森の中を素っ裸で歩き羽ばたく鳥を真似する謎の青年です。汚い嘘を突きつけられるアンドレにとって、隔離されていようが唯一純粋で清らかな存在だったのかもしれません。
ブラック・ブレッド2

アンドレが選んだ結末は、彼のために良かったのかどうかは分かりません。彼にとっては、両親との決別。つらい決断だったのでしょう。11歳にして人生を選ぶ必要があったのです。
ブラック・ブレッド3

スペイン内戦を描いた作品では、ギレルモ・デルトロ監督の『パンズ・ラビリンス』を思い出しますが、内戦の混乱、共産主義、フランコ派の対立、政治的圧力などかつてのスペインの闇というものが赤裸々にそして暗く描かれた作品が多いですね。その中で間に挟まれる子供たち。本作もその部類の作品で、後味が悪いですねぇ。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 23:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:

子供の視点からみる社会ってのは、純粋さゆえに汚さが際立つから鑑賞の後の後味の悪さなんともいえませんねぇ。

わたしは縞模様のパジャマの少年でもう無理でした(´~`)

| いろはす | 2013/03/16 22:42 | URL |

いろはすさん

この映画を観て、まっさきに思い出したのは『縞模様のパジャマの少年』でしたね。
子供が不幸になるってのは、そのやっぱり後味悪いですね。
あえて、その純粋さを描いて、ラストに突き落とすって感じになるので・・・。

いろいろな賞とったみたいですが、私は好きにはなれませんでした。

| とら | 2013/03/17 09:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/401-a4a2752d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。