PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歓びの毒牙

『歓びの毒牙』
 L'UCCELLO DALLE PLUME DI CRISTALLO

【製作年度】1969年
【製作国】イタリア/西ドイツ
【監督】ダリオ・アルジェント
【出演】トニー・ムサンテ/スージー・ケンドール/エンリコ・マリア・サレルノ/マリオ・アドルフ/エヴァ・レンツィ/ウンベルト・ラオ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
イタリアで多発していた、ブロンド女性ばかりを狙う連続殺人事件。ローマに滞在中の米国人作家・サムが自主捜査に乗り出し、不気味な鳥の鳴き声と事件との関わりに気付くが…。

【感想】
ダリオ・アルジェント監督のデビュー作品でございます。イタリアのヒッチコックといわれた頃の作品ですね。

影に隠れては居ますが、アルジェント監督の全盛期時代を思わせるシーン満載で、ファンにはニヤリな作品です。黒帽子、黒コート、黒手袋はデビュー作から健在でした。
喜びのきば2

そして冒頭の事件シーンに重要な鍵を持ってくるやり方も『サスペリア2』に重なります。グロさはかなり控えめになっておりますが、残酷なことは変わりありませんし、赤い先決を印象づけるのは監督の得意とするところですね。
喜びのきば1

監督のサスペンスは、なんとなく犯人が分かりそう。上記で述べたように重要人物ははじめにでてきます。ただ、その突拍子も無い謎解きが面白いのです。常人では考え付かないような、展開には毎度おどろかせられます。

アルジェントといえば音楽も必需品ですね。デビュー作はゴブリンの激しいロックを使ってはいませんが、なんとも印象的な音楽の使い方をします。ララララララっと女性が不気味に歌う音楽は見事に作品に融合しています。

作品としては古いですし、今見ると少し物足りなさがありますが、やはりアルジェント監督のデビュー作としてファンなら押えておきた作品ですね!

しかしスージー・ケンドール、美しい。
喜びのきば3

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まだ未鑑賞です。

ゴブリンの音楽以外のその「ラララ…♪」って言うの聞いてみたいす(笑)

| シャロン | 2013/03/29 06:25 | URL | ≫ EDIT

シャロンさん

アルジェント監督なら的な映画ですかね。
ストーリー自体は、まだサスペリアのときにくらべると、まだまだって感じですが、片鱗がみえるのを楽しむ感じでしょうか。

ゴブリンではなくても、音楽の使い方はアルジェント監督だなーって感じが出ています。

| とら | 2013/03/31 10:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/403-13140c3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。