PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャンゴ 繋がれざる者

『ジャンゴ 繋がれざる者』
 DJANGO

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】クエンティン・タランティーノ
【出演】ジェイミー・フォックス/レオナルド・ディカプリオ/クリストフ・ヴァルツ/ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
解放奴隷のジャンゴがドイツ系賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツと共に、サディスティックでフランスかぶれの農場主カルヴィン・キャンディに立ち向かい、奪われた妻のブルームヒルダを救おうとする。

【感想】 
第85回アカデミー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、クリストフ・ワルツが助演男優賞と脚本賞を受賞。西部劇映画にかつての黒人奴隷問題を明確かつ大胆に描いた作品。「二ガー」という差別用語が多発し、歴史として証拠が無い奴隷達を戦わせ見世物にしたシーンに様々な論争が起こった作品でもある。

正直、180分は長かった。もちろんつまらない訳ではないのですが、ちょっとだらけました。ストーリーは単純なので、下手すれば90分でも描ける作品ではないか?西部劇好きにはたまらない仕上がりかもしれないが、銃撃戦こそ多少グロ目に描きタランティーノらしさはありますが、個人的には期待した仕上がりではない。

おそらく黒人主役の西部劇は今まで無かったのだろう。ジャンゴは奴隷から自由の身へなり、売られていった妻を取り戻すため、早腕のガンマンとしてよみがえる。もちろんその姿に最初は違和感を覚えるのだが、不思議なことにしぶいガンマンに見えてくるのですね。
ジャンゴ1

ディカプリオが悪役として登場するのでも話題になってますが、なかなかの迫力の演技でさすがといったところでしょうか。割れたグラスの破片が手に刺さり血だらけになるシーンなんてのは本当の血とか。痛みに熱がこもったのか、このシーンはかなり熱がこもっていました。といっても、最後はあっけなーでした。
ジャンゴ2

長い長い前置きがあって銃撃戦。タランティーノ節ともいっていいような血しぶき飛び散り頭は吹っ飛ぶ!ここにきてようやくか~という見所でした。

うーん、レンタルでよかったかも…。
あ、何度もいいますが面白くないわけじゃないんですよ!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| こわくない映画 | 22:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

180分~~~~!!

ホラーばっかりしか観ないので、長い時間は耐えられそうにありません…(笑)

ディカプリオって童顔だから、悪役向いてないと思ってたんですが、なかなか良いみたいですね。

| シャロン | 2013/03/20 22:44 | URL | ≫ EDIT

シャロンさん

ホラーは、さくっと終わったほうがいいですからね~。
といっても、この映画もそこまで長くする必要なかった気がします。

ディカプリオもさすがにそれなりの年齢になりましたから、悪役も合うようになりました。
っていっても、そこまでのワルではないんです。

| とら | 2013/03/21 22:25 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/04/02 10:55 | |

はじめまして!
自分はホラー映画ファンであると同時に西部劇ファンでもあり、このジャンゴのレビューを書いてるブログを探していたらここにたどり着きました。

自分の世代だと中々西部劇を劇場で見れる機会がなくて、これが公開されると知ったときはすっごい嬉しかったんです!しかもタランティーノ!

西部劇って長い作品が大半で180分という時間は割と普通なんですが、そんな中でも中々ダレるシーンも少なく、テーマも今までにないもので大変良くできた作品だと思います。
ここまで血の出る西部劇もないですしね・・・

| 緑男 | 2013/07/15 09:11 | URL |

緑男さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

タランティーノが西部劇ということで最初は驚きましたが、なるほど彼らしいつくりでしたね。
黒人が主役ってところも、奇抜なアイデアでした。
現代風西部劇といいましょうか。

血は、やはりタランティーノですね。。。
銃撃シーンも見事でした。
そして、ディカプリオの悪役っぷりも見事な作品でしたね。

| とら | 2013/07/15 21:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/405-5b5673f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。