PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハンニバル

『ハンニバル』
 HANNIBAL

【製作年度】2001年
【製作国】アメリカ
【監督】リドリー・スコット
【出演】アンソニー・ホプキンス/ジュリアン・ムーア/ジャンカルロ・ジャンニーニ/レイ・リオッタ/フランチェスカ・ネリ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
バッファロー・ビル事件から10年。レクター博士との面談をヒントに犯人逮捕の手柄を立てたクラリスは、今やFBIのベテラン捜査官。だがある事件の失敗で内外の厳しい追及を受けていた。そのクラリスに目をつけたのが、かつてレクター博士のせいで顔を失った大富豪のヴァージャー。博士を執拗に追う彼は博士とクラリスの特殊な関係を知り、彼女を利用して博士の居所を突き止めようとするが…。

【感想】
やはり、クラリス役が『羊たちの沈黙』のジョディ・フォスターではないのに、かなり違和感がありました。そして、かなりがっかり感が。でも、観終わったときには、ジュリアン・ムーアも良かったなって印象。

この作品、個人的にはかなり好きです。
非情で冷血でそして“芸術性”あふれた天才殺人鬼レクター、ハンニバルを追い詰めるまで成長したクラリス。その二人の憎しみに含まれた奇妙な愛情がなんともいえません。

『羊たちの沈黙』に比べて、かなりグロ度はアップ。今まで直接的に描かれることがなかった、レクターの見事なまで殺戮シーンも有り、なんだか見てはいけない世界を見せ付けられた気がします。そしてあの最後の晩餐・・・。やっぱりレクターは猟奇的で異常な人間なんだと再認識させられます。

その残虐性の反面、クラリスに対する親心にもにた愛情のギャップがこの作品の見所でしょうか。成長し一人前のFBI捜査官になったクラリスがレクターを追い詰めていくのですが、その成長が一番うれしかったのはレクター本人でしょう。ラストシーンは、レクターらしい異常なまでの愛の形を見せてくれました。

見事な映像描写も注目です。フィレンツェの街並みが静かに綺麗で、その風景やレクターの残酷映像に挟まれるオペラ音楽がさらに芸術性を上げて映画にとても合っています。

で、でも、子供に脳みそ食わしちゃだめでしょぉ~(汗)

【満足度】
★5つ

【関連記事】
レッドドラゴン
羊たちの沈黙
ハンニバル・ライジング

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング .
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 00:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

v-275確かにクラリスが地味でちょっとガッカリでした。
まあ、その分その分ハンニバルに集中できたような気もします。
最後のディナーのシーンはちょっとトラウマになりそうでした・・・。
満点ですか。かなり同意ですね。
アンソニー・ホプキンスはやはりスゴイ!!と思いました。
応援ぽち3です。

| you太郎 | 2008/09/01 12:07 | URL | ≫ EDIT

ディナーのシーンは、漫画で『サイコ』ってのがあるんですが、それを思い出しました。
脳に植物を植えるんです・・・。

この作品は、かなり吸い込まれて見ましたよ。
私のつぼに入りまくりです。
コ~デルって言いながら見事に裏切られた、異常者の不気味な感じも良かった。

それだけに、ハンニバル・ライジングのつまらなさがショックでした・・・。

| とら次郎 | 2008/09/02 23:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/41-b81932de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。