PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドールズ

『ドールズ』
 DOLLS

【製作年度】1986年
【製作国】アメリカ
【監督】スチュアート・ゴードン
【出演】ステファン・リー/イアン・パトリック・ウィリアムズ/キャロリン・パーディ=ゴードン/キャリー・ロレイン/ヒラリー・メイソン/スティーブン・リー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
両親と旅行中に嵐に遭遇した少女・ジュディは、人形師の老夫婦が暮らす屋敷で雨宿りをすることに。たくさんの人形に囲まれて過ごすうち、ほかの客人が次々と命を落としていき…。

【感想】 ネタバレ
あの『死霊のしたたり』の監督スチュアート・ゴードン、製作ブライアン・ユズナの変態コンビに、製作総指揮チャールズ・バンドとこれまた変態な映画をつくる3人で作られた作品。どれほどの変態作品かと思いきや、ファンタジーホラーといっても良い、正統な映画で好感が持てる作品なのでした。

古屋敷物、人形物という古典作品であり、童心の持ち主のみ助かるというなんとも心温かい物語。のちに『チャイルド・プレイ』や『パッペット・マスター』は、本作品に影響を受け作られたのは有名なお話です。

嵐で逃げれない旅行者達が一人一人と人形に残酷に消されていく様子を、主人公の少女ジュディが子供目線から恐ろしい状況を伝える状況がなんとも面白いのです。純粋が故の行動だからこそ、伝わる恐怖もあります。なんといっても、一緒につれているいわくつき?人形との相性もバッチリなのが愉快でもあります。
ドールズ1

子供目線といえども、しっかり気持ち悪い状況を逃さないのも、さすがスチュアート・ゴードンといいたい。人形に襲われ人形かしたパンクなおねいちゃんの目がぽろりと取れるシーンや、人形の中に潜む気持ち悪い姿などは、ファンからすると、待ってました的なシーンでもあります。
ドールズ2

そして、この作品で忘れてはならないのは多数の人形の存在。神がかり的なアニメーション技術はすばらしいの一言につき、今は無き映画製作会社エンパイア・ピクチャーズの特撮の神デビッド・アレンにより手がけられたもの。彼はこれを機に、色んな映画の特撮を携わることになりました。

スチュアート・ゴードンと聞いて、そんなメルヘンなホラー作る分けない!ってお思いの方も、ホラーがちょっと苦手なかたにもお勧めな作品でございます。ハッピーエンドも珍しい!(笑)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| カルト、悪霊 | 01:13 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

本作を含めたゴードン作品が、立て続けにブルーレイ化されますね。

嬉しい悲鳴です(汗)

確か冒頭付近でデカいテディベアみたいなヤツいませんでした?

ストップモーションでノソノソ動く人形が不気味な仕上がりでしたね。

| ジョージ | 2013/07/01 12:32 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

カクカク人形たちが実にいい味をだしていましたよね
人形たちが相談しているシーンの不気味な事といったら!

すらりと滑らかに動く人形よりも、
多少かくかくしているほうが、
より不気味で怖い演出だと思います

| maki | 2013/07/01 16:18 | URL | ≫ EDIT

☆ジョージさん
そうなんです、ブルーレイ化がめまぐるしい。
しかも、それなりのお値段だから、困ってます。
欲しいけど、高い!(海外物はもっと安いです)

はい、テディーベアの大きいのいました。
いきなりで意味不明かん丸出しシーンです。

☆makiさん
人形の動きはすばらしかったですね。
とても時間がかかった作業なんだと思います。

そうですね、あのカクカクだからこそ不気味なんですよね。
そして、目が人間味があり、ギロリって見るところも怖い。
CG頼りの今では、みれない技術ですね。

| とら | 2013/07/01 21:48 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

エンパイア・ピクチャーズ、長続きしなかったみたいですが、出した作品いずれも名作級でなかったですか?

ところどころしか記憶にないですが、記事にも書かれている女が人形になるところや、ラストで人形がいっせいに動き出すところは、とてもインパクトがありました。

たぶん製作費そんなにかかっていないと思うのですが、アイデア次第で十分な見せ場になる見本でありましたね。

制作は違うと思うのですが、同じ頃の「ザ・ゲート」という作品も、CGでない精巧なクレイアニメーションにビックリさせられた思い出があります。いい時代でしたね。

そういえば最近、トロマ作品がリリースされましたね。「悪魔の毒々モンスター1」と「チキン・オブ・ザ・デッド」。しょーもなさすぎるので、久々にこれで記事を書いてみようか検討中です(笑)。

ガッツリ応援いきます凸

| umetraman | 2013/07/14 19:23 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

そうなんですよね、今思うと名作ばかりのエンパイア・ピクチャーズでした。
とくに、スチュアート・ゴードンの活躍が大きいですね。

制作費が少ないほうが、名作が生まれやすいと思います。
お金ないのを食う牛手、いろいろ駆使して作り上げるわけですから、それが当たると大きいです。
ま、駄作も多いですがね。

『ザ・ゲート』は知らないですね~。探してみます。

トロマ作品で増したか。なかなかのタイトルそろいで。
レビュー期待してますね(笑)

| とら | 2013/07/15 21:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/419-4a958ee8

TRACKBACK

ドールズ

ファンタジックな音楽ではじまるオープニング…実に王道な人形ホラーものです。 これは面白い作品ですねー!CGがなく特殊技術しかない時代にこれは良く出来ています。 主人公である...

| いやいやえん | 2013/06/30 10:07 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。