PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンダーワールド

『アンダーワールド』
 UNDERWORLD

【製作年度】2003年
【製作国】アメリカ
【監督】レン・ワイズマン
【出演】ケイト・ベッキンセール/スコット・スピードマン/シェーン・ブローリー/マイケル・シーン/ビル・ナイ/ソフィア・マイルズ



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
夜と闇が交錯するアンダーワールドで、ヴァンパイア・セリーンが宿敵である狼男族との死闘に身を投じる。ある夜、彼女はマイケルという青年医師に会うが…。

【感想】
ヴァンパイアと狼男(ライカン)の決闘を描いた作品。古き時代のゴシックの世界観を出すため、色調をブルーに統一し、主要キャストをあえてイギリス人俳優のみでキャスティングしたという背景もあります。

ホラーというジャンルではあるみたいですが、怖さはなく、爽快なアクションや銃撃戦を楽しめる映画です。人間の姿で戦っておきながら、いざというときに怖い姿に変身する展開が、さらに面白さを出しています。アクションシーンは、特撮とワイヤーアクションを多様し、狼男はCGではなく着ぐるみでの撮影ということで、よりリアルさを求めたこだわりようで、それが功を奏したのではないでしょうか?

ヒロインのセリーン(ケイト・ベッキンセイル)の冷酷な性格でありながらのほのかな恋なんかも、よい味を出していますね。なんか煮え切らない恋みたいな。悪に立ち向かう強い美形のヒロインなんてのは、『バイオハザード』シリーズにも言えますが、こういったゴシック系の作品ではヒットする条件みたいなものでしょうね。
アンダーワールド1

もちろんヒロイン以外の登場キャラも個性的で、ヴァンパイア側、狼男側ともにキャラ構成でも楽しめます。日光に弱いヴァンパイアは変わらずで、満月でなくても変身できる狼男ってのも弱点に不公平感ありますがね~。
アンダーワールド2
アンダーワールド3

結局のところ、悪は誰なのか?というどんでん返しもありながら、ヴァンパイアと狼男の両方噛まれてしまった新種登場など、単純に誰もが楽しめる映画でしょう。続編もシリーズ化されどれもが面白い作品なので、未見の方は一気に観るのも良いかと思います。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ
関連記事

| ゴシック | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/423-e61d23a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT