PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポゼッション

『ポゼッション』
 THE POSSESSION

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ/カナダ
【監督】オーレ・ボールネダル
【主演】ジェフリー・ディーン・モーガン

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ガレージセールでアンティークの木箱を購入したクライド。彼の次女・エミリーはその箱に異常な執着を示すが、やがて狂暴な振る舞いを見せるようになり…。

【感想】  ネタバレ
実話に基づき、サム・ライミがプロデュース。ユダヤ民話に伝わる邪悪な魂を封じ込めたとされる“ディビュークの木箱"に魅了され、この作品を製作したとか。"POSSESSION"とは、所有、占有という意味。まさにその通りの映画でした。

現代版の悪魔祓い映画といったところでしょうか。怖さはそれほどないのですが、なかなか面白い展開。木箱を開けてしまった少女エミリーに憑依する悪魔と、回りで苦労する家族(特に父親)といった様相で、家族の愛なんかもテーマにあったりします。

なんといっても、悪魔に表意されたエミリーを演じるナターシャ・カリスの演技がすばらしい!悪魔に取り付かれて醜態をさらす表情と幼い少女のあどけなさの表情。悪魔祓いの映画には避けて通れない演技なのですが、どちらも見事でした!冷蔵庫で大きなお肉を口から垂らした表情なんかは恐ろしいとしか言えず、反面あどけないシーンはめちゃくちゃかわいらしいんです。
ポゼッション1
ポゼッション2

ちなみに、ベットで父親が悪魔をはらおうとしているときのエミリーの表情は、あの『エクソシスト』のリーガンが悪魔に取り付かれてた表情と重なりましたが、そう感じたのは私だけでしょうか?

これは、今から将来が期待できる子役が出てきましたね。
はい、このかわいさです。(上の写真とのギャップがすごい)
ポゼッション4

エミリーが悪魔に取り付かれたことを真っ先に気づいた、元パパのクライド。一人だけ気づいてしまったため、彼の行動が余計に回りに不信感を与え、かわいそうになって来る始末。でもパパは子供のためにがんばります!思わず、がんばれと応援したくなる、クライドの行動と子供への愛。この作品がただの悪魔祓いの映画と違ってのめりこんでしまうのは、やはり家族の愛が見え隠れするからでしょう。

案外、悪魔は弱っちいのが拍子抜けでした。神父さんのがんばりもありますが、素人の父親に負けるほどですから。ラストに見せる正体は異様なものですが、やはり弱そうな悪魔でした。そのあたり、もっと悪魔の恐怖が見えれば、もっと面白い作品になった気がします。
ポゼッション3

とにもかくにも、低予算で作られた映画だそうですが、演技と演出で見事にカバーしている作品。さすが、サム・ライミですね。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| カルト、悪霊 | 17:14 | comments:4 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

子役の子って普段はこんなにも可愛いのですね!
これはちょっとチェックしておきましょう。
中々話の展開に盛り上がり箇所が多くて面白い作品でした。
悪魔さんが実体化して出てくるってのもこの手の映画では珍しいのではないでしょうか。
確かにラストは呆気なかったですね^^;

| ヒロ之 | 2013/12/23 21:49 | URL |

ヒロ之さん

かわいいですよね。
メジャー作品なんかに主演で抜擢されたら、一気にスターの道へ行きそうな感じです。要チェックと思いますよ。

作品的には、ありきたりな悪魔祓いの話題でしたが、現代風にアレンジされ面白かったですね。
たしかに、悪魔が実体化したのは初めてかもしれません。

家族愛をテーマに入れているから、ラストはあっけなかったんですかね。悪魔さんにはもう少しがんばってもらいたかったところです。

| とら | 2013/12/25 08:28 | URL | ≫ EDIT

とらさん、こんばんは!

勿論、エクソシスト、オーメン、ヘルハウス、ローズマリーの赤ちゃん等、悪魔つきの映画は、当時大ヒット!

ポゼッションて題名、余談ですが、大好きなイザベル・アジャニー主演のグロ映画がありましたね!彼女が爬虫類と交わる!

全然内容は違う映画のようですが、エミリー役の彼女!三重丸ですよね~~!美少女です(^^♪!

有名になってほしいですね~!

オジサンの意見ですが・・・!

応援しますヽ(^o^)丿!

| トト | 2013/12/27 22:25 | URL |

トトさん

カルト系は、やはり『エクソシスト』のヒットで当時はブームでしたからね。
その分、今作るとなかなかヒットとはいきませんが。
この作品も、地味ではありますが、現代版をうまく活用した悪魔祓い映画でした。

子役の子、かわいいですね。
でも、演技も抜群でした。
悪魔に取り付かれるという、2重人格的な演技が必要ですが、切り替わりも問題なく、期待の新人ですね~。

| とら | 2013/12/29 15:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/446-e1274830

TRACKBACK

ポゼッション

怖くはないけど、個人的には満足。

| だらだら無気力ブログ! | 2014/01/05 21:50 |

ポゼッション  監督/オーレ・ボールネダル

【出演】  ジェフリー・ディーン・モーガン  キーラ・セジウィック  ナターシャ・カリス 【ストーリー】 3か月前に妻と離婚したクライドは、週末に2人の娘と過ごすのを楽しみにしていた。だがある日、ガレージセールで古めかしい木箱を買ってからというものの、次女...

| 西京極 紫の館 | 2014/01/05 16:00 |

ポゼッション

2013年6月1日(土) 18:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 悪魔憑きなんて怖くない 『ポゼッション』公式サイト 悪魔が封じ込まれた箱を開けてしまった少女に取り憑く悪魔。 eBayで話題になった実話をベースにしているとのこと。 箱の中からも人間を殺傷する能力を持つ優れものなのだが、何故だか父親と母親を始末しようとしない。...

| ダイターンクラッシュ!! | 2014/01/05 15:53 |

「ポゼッション(2012年)」

それほど怖くはないし、あっと驚く新味もないが、オーソドックスに、しっかりできていて好感をもった。

| 或る日の出来事 | 2014/01/05 10:54 |

ポゼッション

THE POSSESSION 2012年 アメリカ/カナダ 92分 ホラー 劇場公開(2013/05/25) 監督:オーレ・ボールネダル 製作:サム・ライミ 出演: ジェフリー・ディーン・モーガン:クライド キーラ・セジウィック:ステファニー ナターシャ・カリス:エミリー <ストーリ...

| 銀幕大帝α | 2013/12/23 21:46 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。