PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゼロ・グラビティ

『ゼロ・グラビティ』
 Gravity

【製作年度】2013年
【製作国】アメリカ/カナダ
【監督】アルフォンソ・キュアロン
【主演】サンドラ・ブロックジョージ・クルーニー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
地表から60万メートル上空。すべてが完璧な世界。そこで誰もが予測しなかった突発事故が発生。スペースシャトルは大破し、船外でミッション遂行中のストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マットのふたりは、無重力空間に放り出されてしまう。

【感想】  ネタバレ
生きる!
どんな過酷な状況下でも、どんなに絶望的でも、生命への執着心をみせてくれたすばらしい作品でした。

そこいらの危機とは違うこと、無重力の宇宙空間に放り出されてしまうこと。仲間の死、無線も効かず、酸素不足、さらには孤独との戦い。まさに絶体絶命なのです。サンドラブロック演ずる、宇宙飛行はまだ初心者のストーン博士がどうやって地球へ生還していくか、まさにそれだけの物語なのですが、一瞬たりとも息が抜けません。
ゼロ・グラビティ1

無重力状態がこんなにも恐怖とは思いもしませんした。動こうにも融通が利かない、一度放り出されて回転してしまうと、簡単には止まらない自分の体。重力があることがどれほど大事なことか、普段では絶対に思わないことですね。まさにゼロ・グラビティという恐怖です。

彼女が地球へたどり着いたときの重力の重みは、まさに生命の重み。邦題はゼロ・グラビティですが、原題はグラビティ、原題の意味はラストで実感できるのでした。(うーん、奥が深いです)

そして、なんといってもすばらしい世界観はまさに圧巻。宇宙という幻想的な映像です。まさに大迫力なのですが、そこには何もノイズが無いのです。まさに“静”。でも、この迫力はいったい何なのでしょうか?宇宙船が破壊されていく様子も、ゆっくり時間が動いているようです。さらには起こるすべての出来事の背景は地球なのです。圧倒的な映像美は、まさに芸術です。
ゼロ・グラビティ2

IMAXで3Dで観ました。もちろん普通に観るより値段が高めなのですが、十二分に堪能させてもらいました。実は私は3Dは否定派なのですが、初めて違和感無く3Dを楽しめたのかもしれません。改めて映画館で観るということのすばらしさを発見させてもらいました。

生きるっていいな、地球っていいなと思える映画です。
いい体験をさせてもらいました!

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| サバイバルパニック | 22:23 | comments:10 | trackbacks:10 | TOP↑

COMMENT

こんばんは、とらさん

昔、OS劇場のシネラマで「宇宙からの脱出」って、映画を小学2年生位に、父と兄のお付き合いで観ました。

G・ペック氏、出演でしたか???

当時としては、名作だったと思います。

ただ、小2には無理!

怪獣映画が観たかったです(笑)!

何時も無理やりの父、兄でした!

「ヨーロッパの解放」、「空軍大戦略」etc...!

今では、楽しめますが、当時は無理!!!

映画の感想でなくて、ごめんなさい<(_ _)>!

でも、この作品のとらさんのコメントを見て、ふと当時の愉快な思い出を、思い出しました(^◇^)!

| トト | 2014/01/08 23:45 | URL |

とらさんこんばんは。おひさしぶりですね。
コメントありがとうです。
ゼログラビティ、3Dで観たかったけど試写だったので
2Dでした〜これみるなら劇場ですよね。
ってことで大画面で次は3Dで観たいなー
ことしも宜しくです☆

| mig | 2014/01/09 00:40 | URL | ≫ EDIT

初コメいたします。
これは3D鑑賞しました。見ごたえがありましたね!
IMAXならもっと良かったと思います。
ラストはヒロインの再生を意味している気がして何気に感動。
それにしてもサンドラ・ブロックが概ね一人で演技をした映画
であり、かつ彼女の演技力に感服しました。
TBさせてくださいね。

| ミス・マープル | 2014/01/09 16:51 | URL |

☆トトさん
私の映画好きも子供の頃に、よく父親に連れて行ってもらったのですが、うちの親父は結構趣味あったもの連れて行ってくれましたね。
やはりホラーなんかも連れて行かれ、子供ながらにこわがりながら観た記憶があります。

そういう記憶を思い出しながら、現代映画の技術の大成といえるこの映画もみるのはおすすめですよ!

☆migさん
やはりみなさんの感想みていたら、これはお金かけてでも大画面3Dだなっておもって、お正月に観にいきました。
やはりすごかったですね。
3Dでもう一度みたなら、3D版感想を観たいです!(記事メンてでもおねがいします笑)

☆ミス・マープルさん
コメントありがとうございます!

IMAXの大画面での3Dなのでやはりすごかったです。
サンドラ・ブロック一人芝居、よかったですね。
一人芝居は結構難しいんでしょうが、さすがベテラン女優といったところでしょうか。

なるほど、ラストは再生ですね!
立つ瞬間なんかは、良かったですよね。
1人しか残れなかったですが、HappyEndの終わり方にしたのも評価できると思ってます。

| とら | 2014/01/10 08:23 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

圧巻の映像にまず驚きました~
これは確かにIMAX3Dだなと。
当然私はふつーのDVDの2Dだったわけですが、
それでも凄いと感じるのですから
どれだけ凄いのか想像できるってもんです
ストーリーも単純ながら、生きるというただそれだけの
難しいことを、選択し、決意するそのシーンに感動してしまいました

| maki | 2014/04/24 10:31 | URL | ≫ EDIT

makiさん

IMAXはすばらしかったですよー。

ほんと、圧巻の映像でした。
宇宙物ってあんまり好きではなかったですし、どういう展開にするんだろうって不安なところありましたが、映像美もそうですが、話の展開も良かったですね。

もう一度観ると、また違った形で見れそうなきがします。

| とら | 2014/04/27 22:26 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

良く出来た映画でしたね。
観ている私も宇宙に放り出された感覚に襲われました。
展開に緊張感を強めに入れる事で、かなりのハラハラした気持ちで観れましたが、それがあったことでラストで味わう心地よさは半端なかったです。
ストーリーの素晴らしさと、映像の深みに感動させられた作品でした。

| ヒロ之 | 2014/05/07 13:28 | URL |

ヒロ之さん

いままでなかった宇宙を題材にした映画でしたよね。
実際に無重力ってのは体験したこともないのですが、なぜか無重力感を感じることができるような映像と演技でした。

ラストの重力を感じ、生きている実感を確かめた姿は気持ちよかったですね!

| とら | 2014/05/07 22:22 | URL | ≫ EDIT

すごいすごい!

公開当時は眠くなりそうな映画という印象で、余り気に止めてなかったのですが、知り合いからDVDを借りて今更観ました!

眠くなるどころか、この先一分一秒どうなるのか、どうやって帰還するのか気になり、まんまと釘付けでした!

映像美は勿論の事、ストーン博士が宇宙服を脱いで安堵するシーンは美しく神秘的!
博士が最後立ち上がった瞬間もBGMが良い仕事でした!

映画を見て久々におぉ!とか危ねぇ!とか声をあげながら観ましたww

| 黒服 | 2014/09/29 02:38 | URL | ≫ EDIT

黒服さん

映画館で観ましたが、見る前は同じく、どうなんだろう?っと思ってましたが、やはりその映像美やスケールに一気にのめりこみましたね。

そして、今までにここまではっきりと題材にされたことないという、無重力の世界の怖さがとても伝わってきました。

さすがっという作品でしたね。

| とら | 2014/09/29 08:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/450-4dcaa6b0

TRACKBACK

ゼロ・グラビティ

GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...

| 銀幕大帝α | 2014/05/07 13:30 |

ゼロ・グラビティ

君は生きて帰れ。“必ず生還する&quot;と誓うんだ―。 無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。 まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がりやクルクル回る様にまるで自分がそこに…?という妙な気持ちを抱かされましたよ、これをIMAXシアターで観てた人は、そりゃ〜半端ない一...

| いやいやえん | 2014/04/24 10:07 |

映画『ゼロ・グラビティ』3D吹替版観てきたよ〜(*´∀`*)

久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった〜〜〜ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的なものはほとんどないです。 ただひたすら、宇宙空間に放り出されたライアン博士が 孤独と不安と絶望感に打ち勝って生還す...

| よくばりアンテナ | 2014/01/12 20:14 |

ゼロ・グラビテイ

試写会で観せていただきました。(3D 字幕)ロシアが爆発させた衛星の残骸が原因で、宇宙ゴミが大発生。アメリカのスペースシャトルを襲い大破させ、船外で作業中だったストーン博士とマット飛行士が宇宙空間に放り出され、無事帰還出来るかというシンプルなお話です。予告...

| はるみのひとり言 | 2014/01/09 21:36 |

ゼロ・グラビティ /GRAVITY

無重力、 真空状態 衝突によって大破した機器が宇宙空間に拡散してく、緊張感 観てる方も苦しくなってくるこの臨場感 重力=グラビティ で原題。 監督は、「大いなる遺産」や、ガエルとディエゴの「天国の口、終わりの楽園。」 「トゥモロー・ワールド」...

| 我想一個人映画美的女人blog | 2014/01/09 00:22 |

ゼロ・グラビティ(3D字幕) / Gravity

今年(2013年)最後の映画鑑賞。一本目め。実は今日は、二本鑑賞する予定です。 画面への出演が、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけという、非常に斬新な作品。先週末公開だったが、時間の都合で、一周遅れで鑑賞してきました。 なるほど、そうきますか。最...

| 勝手に映画評 | 2014/01/07 22:36 |

ゼロ・グラビティ

【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 【公開日】2013年 12月13日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 地表から60万メートル上空のすべてが完璧な世界。そこで誰もが予測しなかった突発事故が発生。スペースシャトルは大破し、船外でミッション遂行中のメディカル・エンジニアのストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マットの二人は無重力...

| シネマをぶった斬りっ!! | 2014/01/07 21:06 |

『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力

 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外していくにつれ、手や脚が露わになり、やがて美しいジェーン・フォンダが姿を現す。この意表を突いたオープニングに、どれだけの人がノッ...

| 映画のブログ | 2014/01/07 13:13 |

『ゼロ・グラビティ』

□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■劇場 ...

| 京の昼寝〜♪ | 2014/01/07 08:22 |

ゼロ・グラビティー  GRAVITY

非常に評価の高い本作。 早速、3Dで鑑賞しました。映像が非常に美しいです。 自分が望む映像を作りだすために、コンピューターグラフィックなどの技術が開発されるのを 待ったために、製作に4年半かかったという監督こだわりの映像です。 やはり大スクリーンで、3Dで...

| 映画の話でコーヒーブレイク | 2014/01/07 00:09 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT