PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』
 Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb

【製作年度】1964年
【製作国】アメリカ
【監督】スタンリー・キューブリック
【主演】ピーター・セラーズ

  かご 

【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
空軍司令官・リッパー将軍が突然、ソ連への水爆攻撃を命令。ところがソ連の核自爆装置が問題となり…。

【感想】  ネタバレ
この映画が作られたのは、キューバ危機の2年後、米ソ冷戦真っ只中の時代。スタンリー・キューブリック監督が描くは、ブラックユーモア満載で戦争という現実を皮肉たっぷりに風刺を利かた作品。偶発的な原因で核戦争が勃発し人類滅亡にいたる様子をコミカルに描くも、当時の時代を考えると全く笑えない、恐ろしい作品。

司令官ジャック・リッパー将軍が精神に異常をきたし、ソ連への水爆攻撃を命令してしまう。しかしソ連が保有している核の自爆装置は水爆攻撃を受けると全世界を破滅させてしまうというもの。両首脳は、会議室で最悪の事態を防ぐために悪戦苦闘をするという、当時を思えばありえそうな怖い物語。

会議室での出来事も皮肉たっぷり。これを機にソ連をつぶそうと考える将軍(ソ連とアメリカの人口比で被害の大きさを測る)、大事な時期に愛人から電話がかかってくるという緊張感の無さ、こんな状況であろうともいがみあう両国の代表者、冷静と思われる大統領同士の電話でさえ、コミカルに描かれる。
博士の異常な愛情3
博士の異常な愛情4

何千万いや地球人類の命は、この緊張感が無い人間達に握られているという驚愕のシーンです。この映画の冒頭では、アメリカ空軍により、「映画はフィクションであり、現実には起こりえない」とコメントが入るのだが、この映画を観てしまってはそれさえも風刺と思えてしまうのです。

スタンリー・キューブリックのすごいところは、米ソ緊張が緩和に伴い、両国で初めてホットラインが設置されるのだが、この映画のほうが現実より先にホットラインが築かれている。それほどまでに、この映画は先を見据え、間違った世に対して訴える、すごい作品なんです。

俳優陣では、ピーター・セラーズの3役演技(大統領、マンドレイク大佐、ストレンジラヴ博士)も光ります。実は水爆と一緒に落ちていくキングコング少佐も演じる予定だったとのころですが、足を怪我してできなくなったということ。ですが、そのおかげで、ストレンジラブ博士の絶妙なキャラが出来上がったことは過言ではありません。
博士の異常な愛情1

ストレンジラブ博士による、破滅する人類の生き残り計画。選抜された男性と性的魅力のある女性を1:10の割合で地下の坑道に避難させることにより核が消える100年後まで生き延びるというもの。妄想かも分からない計画に、権力者は女性が多いという事実に喜ぶ者まで出るのでした。

その直後に淡い曲と水爆のきのこ雲の連続するシーンが映し出され、なんとも言えない気持ちで映画は終わるのでした。核戦争のはじまりと言わんばかりに・・・。

予断ですが映画のタイトルはものすごく長いのですが、邦題に関してエピソードがあります。Dr Strangeloveというタイトルは劇中で実際に登場する博士の名前なんです。邦題に直すときにstrange love(異常な愛)と間違った訳をしたため、邦題は誤訳といわれ続けました。ただ、裏を返すと意図的であったと分かっています。たしかに、ストレンジラブ博士と訳すより、博士の異常な愛情と訳した方が、適訳だったかもしれないですね。

わが国にとってこの映画はつらいものです。しかし、これだけ世に風刺を利かせ、世を動かせることができる映画は表れないでしょう。映画にも力があることを証明した作品でした。

両国の権力者の心配をよそに、命令のために意地でも水爆を落とし一緒に落ちていくキングコング少佐の姿が妙に印象的でありました・・・。
博士の異常な愛情2

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| ヒューマンドラマ | 22:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

博士がピストル持ってますけど未公開場面ですか?大昔のテレビ放送の吹き替えでは少佐はゴング少佐だったよな記憶あります。

| クリコ~ | 2014/02/16 22:43 | URL |

クリコ~さん

あれ?名前に~をつけたんですか?(笑)

ピストルは未公開でしょうね。
知ってます?ラスト、ソ連大使館がラストカメラで隠し撮りしますが、それが見つかって、パイ投げが始まるってラストも撮られていたみたいです。
水爆シーン満載の中、パイ投げ・・・。さすがにカットされたようですが。

正式には、キングコング少佐です。

| とら | 2014/02/17 22:20 | URL | ≫ EDIT

難しい…

「メタルギアソリッド3」と言うゲームに登場するキャラが劇中でこの映画を紹介してからずっと気になってた映画ですが
記事読む限りでは難しそうですね(汗)

| 黒服 | 2014/02/20 15:52 | URL | ≫ EDIT

黒服さん

秘めたる内容や風刺は難しいものですが、映画自体はそれに反してふわふわ軽いコメディ映画のようなつくりです。

世界の運命は、このアホな人達に握られているんだ・・・ってな具合です。

| とら | 2014/02/22 23:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/456-4d419c58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT