PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マニアック

『マニアック』
 MANIAC

【製作年度】2012年
【製作国】フランス
【監督】フランク・カルフン
【主演】イライジャ・ウッド

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
マネキンの修復師をしているフランクには、誰にも言えない秘密があった。淫乱で残忍な母親に育てられたトラウマを抱える彼は、マネキンしか愛することができない。やがて、フランクの歪んだ欲望は、渇いた都会の夜をさまよい、暴走していく・・・。

【感想】  ネタバレ
1980年製作の同名タイトルのリメイクは、製作・脚本にホラー映画の巨匠アレクサンドル・アジャ、主演はあの『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッドという組み合わせ。脱正義そして脱好印象を見事に果たしたイライジャの殺人鬼ぶりや幼少のトラウマに悩まされる姿は、まさにクレイジーでありました。
マニアック3

本作、犯罪者視点のPOVでの製作されています。全くブレがなく作られており細かい動作まで実現されているため、自分が現場にいるかのような感覚になります。まさに、犯罪者であるかのように・・・。

僕はママを心から愛していたのに・・・。
淫乱な母親は、幼少のフランクの目の前で狂ったSEXを繰り返す。フランクの目にはその光景はどのように映っていたんでしょう。フラッシュバックのように繰り返し幻覚のように見るそのトラウマは、フランクの心を深く傷つけているんです。

僕はマネキンしか愛せない・・・。
本物の女性を目の前にしてもトラウマにより性的不能になってしまったフランク。しかし歪んだ心により女性に対する執着心は強すぎてしまい、夜な夜な街を徘徊しては女性達の頭皮の皮をそぎ落とし、マネキンに取り付けて自宅で暮らすという異常っぷり。
マニアック1
マニアック2

僕は君には触れなかったのに・・・。
フランクの前に現れてしまった、本気で愛してしまう女性。マネキンという共通の趣味の中、彼女とのデートはフランクにとっては初めて心を開放できる場所だったのでしょう。

でも・・・

この女ひどいよね・・・。彼氏がいるのに平気でフランクに気があるような言いよう。部屋に言っては別の男性が居たり(一応オカマの設定ではありましたが)と、本物の恋に臆病なフランクには耐えられない状況ですね。殺すつもりは無いのに、殺人鬼と知られてしまい恐れられ泣き叫び逃げる彼女の前で、必死で「そうじゃないんだ!説明させてくれ!」と叫ぶフランクの姿が悲しくも痛ましく感じます。しかもPOVのためその状況におかれているのが自分のように。
マニアック4

フランクの最後の希望、それは彼女のマネキンとの二人きりの生活。しかし、これまで殺してきた先住者(マネキン)がそれを許さなかった・・・。

いやー、なんだかすごい世界を見せられた気持ちです。殺人者の気持ちが手に取るように感じ取れ、彼の悲しみも一緒に体感できてしまいます。映像や内容はドギツイものなんですが、どこか芸術的な要素も感じ取れてしまう作品で、見ごたえある作品でした。

異常者の気分を味わいたい方は是非観てください!
許すことはできない殺人なのになぜか切なく感じられます。
個人的にはこういう強烈な映画大好きですね~(変態発言!)

予断にはなりますが最後に語るべきは映画自体ではなく日本での公開時の事。肝心な皮剥ぎシーンなどにモザイクがかかったりとグロシーンを見せないようになっています。これに関しては、ファンからはクレームの嵐でせっかくのストーリーの重みがなくなってしまうと揉めたことがありました。こういう映画は、どうせ少ない映画館でグロ耐性があるような人しか観ないんですから、しっかりと映像をみせてもらいたいものです。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| サイコ、スリラー | 00:01 | comments:9 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

物語の動きをフランクの視点で映し出すってのは面白い試みでしたよね。
その為に、観ている私もフランクの気持ちを体感させられたような気分を味わって、なんか嫌な気持ちにはなりました。
頭皮剥ぎ取りシーン、なんでボカシが入っているんでしょう。
あそこが本作のメインなのに。
いらないものを入れられたおかげで、かなり萎えました。

| ヒロ之 | 2014/02/06 21:22 | URL |

ヒロ之さん

POVの新しい使い方だったかもしれませんね。
大体今までは、カメラ視点でしたが、犯人視点とは考えました。

それがゆえに、自分が犯罪を犯している気分、そして自分が厳格を見ている気分が味わえて、いやーな気持ちになりましたね。

ボカシは、かなり批判受けたみたいです。
レンタルはボカシありますが、BDやDVDを購入すればボカシなしみたいですね。

| とら | 2014/02/06 21:38 | URL | ≫ EDIT

こんにちはー

面白かったですねー(私も変態クラブに入れてください^^)
サイコな男の異常な日々を追っていますが、何なんでしょう、このもの悲しさは。フランクに哀れみを感じてしまいます。
ぼかしが無ければもっと残忍な感じが出て、ここまで同情しなかったようにも思いますが、どちらがよかったんでしょう。

**TB打たせてもらいます(^^

| momorex | 2014/02/07 17:23 | URL |

こんばんは、とらさん!

出ました!、リメイク版の五つ星!!!
旧作は、VHSで観ました!特殊メイクは、トム・サビーニ御大でしたね!
メジャーな俳優さんの挑戦が、良いですね~~!
機会があれば、一見したいです(^◇^)!

| トト | 2014/02/07 22:06 | URL |

☆momorexさん
よかったですよね~!
変態愛好家(笑)には絶妙な物語に、殺人鬼視点と、タイトルのごとく、マニア度をはるかに越えた作品です。

私も、犯人への悲しみが勝ってしまった映画でした。
これも、やはりPOVにより殺人鬼の気持ちを植えつけられたからでしょうか?母親の淫乱な姿をみるのは耐えがたかったですね。

なるほど、ボカシはそういう見方もあるのですね!
TB了解ですー!

☆トトさん
ほんとうは、4つ星と迷ったんですが、やはりよくできた作品だったと思います。
完全に観る人を選びますが、犯人の精神世界に入り込んだ感覚を味わえたので、今までにこんな感覚の作品はなかったですね。

イライジャは、ホラーマニアみたいですから、演じるのも適してました。
期待しすぎるとアララになりますので、期待半分程度に見ていただければと思います!

| とら | 2014/02/09 23:02 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

これはレンタルリストに入れてあるので、ちょっと楽しみになりました。
ツタヤのレビューの星が何気に少なかったけれど、きっとわたしにとってもおもしろいはず。あの星はあまりあてにならないな。

| ミス・マープル | 2014/02/11 11:54 | URL |

ミス・マープルさん

好きな人を選ぶ映画だと思います。
やっぱり、この面白さを分かる人は、ホラーなどに精通していないと駄目かもですね。

ツタヤのレビューの点数が良いから借りるときありますが、大体いまいちなものが多いですね。
というか、私の趣味が他と外れているってのもありますが(爆)

| とら | 2014/02/11 22:28 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

POVでどうしようかと思ったのですが、
これが巧い使い方で、犯人の心理に同化するような気持ちでみていられるのが面白かったですね
ただ、ハアハアいってるのは気持ち悪かったですけど(女性からすれば)
幼少期の母性の大切さを改めて感じさせられた作品でもあります

| maki | 2014/03/09 12:50 | URL | ≫ EDIT

makiさん

POVをうまく使っていましたね。
それがゆえに、自分が犯人の気分でした。。。

なるほど、女性からみるとまた違って見えるんですね。
確かに、女性と男性での感想も変わってきそうな映画です。

はい、幼少期の体験はいつまでも覚えていますからね。
子を持つ親の責任ですね~。

| とら | 2014/03/09 16:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/457-e3a6ddd8

TRACKBACK

マニアック

出たよ変なぼやけ…この配慮はいまさら誰得なの? 若い女の頭の皮を剥いで持ち去るという、残忍な連続殺人を繰り返す、マネキンしか愛せない男。 イライジャ・ウッド主演&製作、アレクサンドル・アジャ脚本という作品ですが、ゾンビやオカルトなどのP.O.Vとはまた違った、全編主観映像視点という試みは目新しく、興味を引いた。興奮する息遣いなどが身近に感じられて、面白いようなキモイような。 トラウマか...

| いやいやえん | 2014/03/09 12:48 |

マニアック

JUGEMテーマ:Horror「マニアック」原題:Maniac監督:フランク・カルフン2012年 フランス映画 89分 R15+製作:トマ・ラングマン   アレクサンドル・アジャ   ウィリアム・ラスティグキャスト:イライジャ・ウッド     ノア・アルネゼデール     ジュヌビエーヴ・アレクサンドラマネキン修復師ののフランクは幼い頃のトラウマから、マネキンしか愛せなくなっている。そんな時...

| マープルのつぶやき | 2014/02/17 15:43 |

『マニアック』(2012) - Maniac -

ようやく観ることが。イライジャ・ウッドが悪人に扮するのは『シン・シティ』で驚き済みだったが、こちらもなかなかの出来映え。この映画は殺人鬼目線のシーンが多くて(POV風)彼の息づかいや独り言がまるで自分のもののように錯覚する作り。でも決してショッキング映像の羅列ではなく、どうして彼がこうなったのかという所も描く殺人鬼物語です。 ■マニアック - Maniac -■  2012年/フ...

| momoな毎日 | 2014/02/07 17:24 |

マニアック

MANIAC 2012年 フランス/アメリカ 89分 ホラー/サスペンス R15+ 劇場公開(2013/06/01) 監督: フランク・カルフン 『P2』 製作: アレクサンドル・アジャ 脚本: アレクサンドル・アジャ 出演: イライジャ・ウッド:フランク ノラ・アルネゼデール:アン...

| 銀幕大帝α | 2014/02/06 21:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT