PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラブド・ワンズ

『ラブド・ワンズ』
 THE LOVED ONES

【製作年度】2009年
【製作国】オーストラリア
【監督】ショーン・バーン
【主演】ゼイヴィア・サミュエル

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
自身が運転する車で事故を起こし、父を亡くした高校生・ブレントは後悔と葛藤を繰り返す日々を送っていた。そんなある日、彼は内気な同級生・ローラからダンスに誘われるが…。

【感想】  ネタバレ
オーストラリア発の作品は、女子高生の歪んだ愛情(わがまま?)からくる拷問殺戮系の作品。監督は長編初ということですが、ホラーファン必見の面白さです。

自ら犯した自動車事故により父親を殺してしまい、まだその傷が癒えていないイケメン高校生ブレンド。プロムの日、内気なローラからダンスを誘われるが断わる。これが事の始まりでした・・・。ローラの家にとらわれの身となったブレンドはあまりにも耐え難い拷問を受けるのでした。

いや~、ローラのイカレっぷりが強烈。さらには父親も娘への歪んだ愛情で輪をかけてのイカレっぷりでございました。二人そろって苦しんでいるブレンドを前に、「聞こえないよ~、きゃはははは」です。このムカつく顔で。
ラブド・ワンズ1

拷問はどこかで見たことあるような、テーブルを囲んでの晩餐会(擬似プロム)から始まります。
ラブド・ワンズ2

ブレンドは椅子に縛られ、まずは声を出さないようにのどに何かのお注射から。コップにおしっこをさせたりと精神的い滅入る責めから入り徐々にエスカレート。逃げないように足をナイフでぶっさし、お腹になにやら奇妙なマークをフォークで描き・・・
ラブド・ワンズ3

極めつけは頭蓋骨にドリルで穴!この攻撃は、最終的には熱湯を注ぎ脳にダメージを与え思考能力をなくすというもの。映画では要所要所に被害者が出てくるのですが、こめかみに穴の跡の意味が最初は不明でした。しかし、ここで理由が分かります。思考能力をなくした人間は、獣と化し何でも食べる人間へと変貌するのです。されに、このイカレ父娘は豹変した被害者を何人も飼っているのです。(道端に落ちている動物の死骸を餌に・・・)

拷問がですよ、プライドを傷つけるような被害者にとって癇に障るようなものばかりなので、観ているこちらとしては自然とブレンドの反撃を期待するようになります。こんな父娘こてんぱんにやっつけて欲しい!ってね。

絶体絶命からの抜け出し方法が同じだったりするのはもう少し変化つけて欲しいと思ったり、冒頭の自動車事故(そのときに出会った血だらけの少年)が物語にあんまり影響してなかったりと、ストーリーに全く絡まない友人の苦い恋のお話など、ちょっと残念なところはありました。期待したブレンドの反撃も、ここまでやられたんだから、も~っと残酷にしてすっきりしてもらいたかったですかね。

反撃より、ローラの執念がただただ印象に残りました。恐ろしい・・・。
ラブド・ワンズ4

あまり知られていない作品ですが、拷問系ホラー好きは楽しめると思います。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| バイオレンス | 16:40 | comments:5 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

これは大好きです。

何が好きって、パパと娘のイカレっぷりがもう半端じゃないんですよ。プロムに誘ったところで絶対に断られるルックスですよね。
でもパパは娘が大好き!
ラストのほふく前進ローラは怖い。もう執念ですね。
個人的にこの類は好きなんですよ(^_^.)

| ミス・マープル | 2014/03/09 21:16 | URL |

ミス・マープルさん

面白かったですよね。
ほんと、父娘のイカレっぷりが見事というか、観ていてイライラしましたね~。
パパの親バカっぷりも見事だし。

晩餐会のときに座っていたおばさんは、本当のママなんですかね?それとも、彼女もパパのお気に入りでつれてこられた被害者?

っていったところが、いまいちすっきりしないところもありましたがね。。。

| とら | 2014/03/10 22:38 | URL | ≫ EDIT

こんちは!

父子のイカレっぷりが可笑しかったですよね。
ラストでの執念だけで動いているシーンもビックリ通り越して笑いが出てしまいました。
そんなに怖くも無くグロくもなくでしたけれど、ストーリーが良かったのもありますし、テンポ良く見せてくれたお陰で、期待以上に楽しめた作品でした。

| ヒロ之 | 2014/03/12 17:05 | URL |

とらさん、こんばんは。

≫あまり知られていない作品ですが、拷問系ホラー好きは楽しめると思います。
はい、好きです(笑)

これ見たいんですよーーーーー!
茶栗鼠はTSUTAYAでレンタルしていないんで、あきらめてたんですが、Amazonにあるんですね。
買います!
もうずっと気になってるのに、見れないので就職活動が終わったらもう買おう、と思ってます。
評価も高いですし、楽しみです。

| 茶栗鼠 | 2014/03/13 21:53 | URL |

☆ヒロ之さん
この父あってこの娘ってな感じでしたね。
記事に載せている1枚目の画像なんか、二人して憎たらしいったらありゃしない!
テンポもよく、時間も短くさくっと終わったのが良かったのでしょう。
ラストの執念シーンでは、是非ゴリって顔がもげるくらいのシーンをしても良かったかもですね~!

☆茶栗鼠さん
おひさしぶりです~!
拷問好きにはたまりませんよ~。
しかも肉体的だけでなく、精神的にもくるダブル攻撃です!

あ、購入しちゃいますか!
楽しめると思いますよ~。
気になって就職活動集中できないのでは!?(ってそれはいいすぎですか笑)

| とら | 2014/03/13 22:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/462-bc702e36

TRACKBACK

ラブド・ワンズ

THE LOVED ONES/09年/濠/84分/監禁・拷問ホラー/劇場公開(2012/06/09) −監督− ショーン・バーン −脚本− ショーン・バーン −出演− *ゼイヴィア・サミュエル『エクリプス/トワイライト・サーガ』・・・ブレント *ロビン・マクリーヴィー・・・ローラ(プリン...

| 銀幕大帝α | 2014/03/12 17:01 |

ラブド・ワンズ

再見です。キチガイ父娘が青年を拉致監禁拷問します。 プロムの日「私と一緒にダンスに行かない?」そう聞いてきたもっさり少女ローラをあっさり断るブレント、彼には恋人ホリーがいた。また物語冒頭の車の事故でブレントが運転していた車で父親が死んだこともわかる。そのためどこか空虚な気持ちで過ごしていて、そうして1人でいるところを拉致されてしまうんですね。 気がつくと食卓の椅子に縛られていた。ローラは...

| いやいやえん | 2014/03/11 09:00 |

ラブド・ワンズ

JUGEMテーマ:Horror「ラブド・ワンズ」原題:the loved ones監督:ショーン・バイエル2009年   オーストラリア映画   84分キャスト:ロビン・マクレビー     ブザビエル・サミュエル     ビクトリア・タアイン     ジェシカ・マクナミー父を自らが運転する車の事故で亡くしたブレントは、失意のまま母と暮らしている。そんな彼がプロムを迎え、ローラという女性の誘い...

| マープルのつぶやき | 2014/03/09 21:17 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。