PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MAMA

『MAMA』

【製作年度】2013年
【製作国】スペイン/カナダ
【監督】アンディ・ムスキエティ
【主演】ジェシカ・チャスティン

  かご 



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
妻を殺害したジェフリーは、森に佇む小屋でふたりの娘も殺そうとするが、そこに潜む何者かによって彼自身が消されてしまう。5年後、ジェフリーの弟は娘たちを発見するが…。

【感想】
ギレルモ・デル・トロ製作総指揮で『永遠の子供たち』を思える母の愛とホラーの融合なこわくて切ないストーリー。

妻を殺害し二人の子供を連れて失踪した父親。その父親は子供を殺害しようとしたときに、何者かに惨殺され子供達は救われる。5年後、野生児と化した二人を人間の温かい世界で保護し、叔父と恋人アナベルとの4人生活が始まります。ただし、子供二人の謎の5件間には、MAMAという存在が居るのでした。
MAMA1

という内容なんですが、これがなかなか面白いです。とても母親とは180度違うようなアナベルが、不器用ながらも子供達に真剣に接し、徐々に子供達(特に長女)が、アナベルに心を開いていく様子は、ほほえましくも思えます。
MAMA3

しかし、それを許さない存在・・・。
MAMA2

前半ほとんど姿をみせないMAMAですが、中盤から後半にかけてそのおぞましい風貌が表れてきます。MAMAの存在と子供達の関係が深い。人間からすると、恐怖な存在。しかし子供達からすると、れっきとした母親なんですよね。MAMAなしでは生きれなかった5年間。MAMAが子供に執着する過去が明らかに謎も徐々に解けていきます。
MAMA4

ラストは、なかなか感慨深いものがあります。
人間であろうが、霊であろうが、母性愛は変わり有りません。二人の子供達が選んだ道もこれまた深い。悲しいですが、すっきりもします。ハッピーエンドともいえますし、バッドエンドともいえます。まさにギレルモ・デル・トロが描く世界という感じでした。

怖いシーンもありまあすが(何よりMAMAの姿が怖い)、色々な意味でとても印象に残る作品です。子供達の見事な演技も光ります。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| 幽霊、怨念 | 01:49 | comments:10 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

あんまり怖くなかったけれど

こんにちはー。
6月のお楽しみにしていたこのホラー映画なんですけど、怖さはそれほどでは無かったです。
あ、そうですね!『永遠の子供たち』チックで、デル・トロさんらしい作品ですね。私はMAMAのお姿からなのか「赤い蝋燭と人魚」を思い出しました。

それでも映画が終わる頃には、なんですか、涙が出そうになっていまして、ホラー映画でいたく感動させてもらいました。
それにしても男性は役にたちませんねぇ^^

| momorex | 2014/06/06 14:32 | URL |

momorexさん

期待半分で見ましたが、予想外に面白かったです。
やはり、後半からの親子というテーマが強く表れだしてから、ひきこまれました。

ラストは深いですねー。
単純に、MAMAを退治すると思いきや、それぞれの道をあゆんでいきましたからね。子供の二人の異なる決断も考えさせられました。

あ、そもそも男はいざというとき役に立ちません(笑)

| とら | 2014/06/07 00:55 | URL | ≫ EDIT

評価けっこう高いですね。
MAMA?もグロい感じでいいです。
早見てみないと!

とは言え、たまってた未鑑賞作品がたまっていて、なかなか時間がとれないでいます。

| シャロン | 2014/06/07 15:35 | URL | ≫ EDIT

デルトロさん

聞いたことある位で、知らずにヘルボーイとか見てたんですが
いいよと教えられて「パンズラビリンス」見てハマりました。

その後「永遠の子供たち」見て

「ダーク・フェアリー」…は個人的にはイマイチだったのですが

「パシフィック・リム」は劇場行きました。

ヨーロッパ映画によくある、宙ぶらりんな終わり方は余り好きではないのですが、デルトロ氏の映画は何故かハマります。

あ、マーターズみたいな宙ぶらりんは好きでした(笑)

| ムズ | 2014/06/08 14:48 | URL |

☆シャロンさん
良かったです。
とくに、子供を持つ母視点なんかで見ると、とても良い映画だと思います。

そうなんです。
観たい映画いっぱいあるんですが、時間がない・・・。

☆ムズさん
私も、パンズから入って見事はまりました。

この作品は、やはりデルトロらしいラストでした。
個人的には、『永遠の子供たち』より好きかもです。

宙ぶらりんもやり方によっては、印象深く心にのこるので(いろんな意味で)、そこはやはり監督や脚本の力が出やすいでしょうね。

| とら | 2014/06/09 20:36 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

怖さと切なさを融合した、
デルトロさんらしい作品でしたね

MAMAの様相の怖さももちろんですが、
人間だった時の写真のイーディスも怖さ抜群でした(笑)

| maki | 2014/06/09 20:59 | URL | ≫ EDIT

makiさん

ですね、ラストは完全にデルトロ監督らしい終わり方でした。
悲しきハッピーエンドといった感じでしょうか。

写真怖かったですね。
MAMAは這いかたといいちょっと貞子を思い出しましたよ。

| とら | 2014/06/10 22:10 | URL | ≫ EDIT

切なかったですね

ドキドキ感はわかっていても感じてしまいました。
汚いものを映さないところがギレルモさんらしい映画です。
5年もあんな山小屋にいたら、もっと歯や髪の毛が汚いだろうに
なあと思うのは大きなお世話ですね。
ストーリーは子を思う母の気持ちがとても切なかったです。
リリーが「ママ」と言って笑って去って行くのは、1歳から
一緒にいたことも考えたら仕方ないのかな。

| ミス・マープル | 2014/06/13 21:23 | URL |

こんばんは!

欧米ゴーストホラーものには手厳しい私ですが、今回はえらく怖かったです。
というのも、あのゴーストの体の形を変な方向に曲げながら追いかけてくるシーン!
「それは反則やろ!!」てかなりビビッてしまいました。
けど、気に入ってしまったのが、巻き戻して何回も見直してしまいましたけど(笑)
作品としても怖さと感動さが融合していてとても好みなものでした。

| ヒロ之 | 2014/06/14 21:48 | URL |

☆ミス・マープルさん
意外と、その5年間、MAMAが食事以外も面倒みていたとか!?

切なかったですね。
最後、子供が別々の道を選ぶとは思わなかったです。
下の子は、アナベルに一瞬ですが心を開いたときに、MAMAを捨てると思ってました。
やはり、深いラストでしたね。

☆ヒロ之さん
MAMAの動きは、怖かったですね!
這うシーンは、強烈でした。
貞子チックですが、すばやいのがまた気持ち悪い。

しっかり怖さも有り、感動もありで、さすがデルトロって感じる作品ですね。

| とら | 2014/06/15 22:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/476-2ca10290

TRACKBACK

MAMA

MAMA 2013年 カナダ/スペイン 100分 ホラー PG12 劇場公開(2014/05/17) 監督: アンディ・ムスキエティ 製作総指揮: ギレルモ・デル・トロ 原案: アンディ・ムスキエティ 脚本: アンディ・ムスキエティ 出演: ジェシカ・チャステイン:アナベル ニコラ...

| 銀幕大帝α | 2014/06/14 21:44 |

MAMA

JUGEMテーマ:Horror 「MAMA」 原題:Mama 監督:アンディ・ムスキエティ 製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ 2013年 スペイン=カナダ映画 100分 キャスト:ジェシカ・チャスティン      ニコライ・コスター=ワルドー      メーガン・シャルパンティエ 共同経営者と妻を射殺し、娘2人と山中へ逃亡した ジェフリーは、1軒の古い山小...

| マープルのつぶやき | 2014/06/13 21:23 |

MAMA

ギレルモ・デル・トロ製作総指揮ってことで期待していた本作。ジェシカ・チャステイン主演。 共同経営者と妻を殺害し、二人の子供まで殺害しようとした時に何者かに消される父親。5年後、野生児と化した二人を保護した叔父と恋人アナベルとの4人生活が始まる。しかし2人の子供らの謎の5年間には、MAMAという謎の存在が居るのだった…。 母性ホラー、怖くて物悲しいストーリー。これは好きです! ジェシ...

| いやいやえん | 2014/06/09 15:22 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。