PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人肉レストラン

『人肉レストラン』
 OMNIVORES

【製作年度】2013年
【製作国】スペイン
【監督】オスカル・ロホ
【主演】マリオ・デ・ラ・ロサ

  かご



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
料理評論家のマルコスは、世界の珍味の会食でエバという女性に出会う。後日、エバは人食いを行っているレストランの招待状を持ってマルコスの下を訪れ…。

【感想】
邦題がちょっと野蛮な感じで引きますし、ふれこみも『ホステル』『ムカデ人間』などを取り出してますが、意外と真面目に、そして映像が綺麗に作られており、グロシーンもほぼなし、題材の割には好印象でした。ちなみに、原題は“雑食レストラン”です。(ま、人肉のタイトルの方が、マニア心はくすぐるのは分かりますがね。。。)

冒頭が一番衝撃でした。死んだ母を食べる少年。食べ後の母の残酷な姿に、この先どうなるのかっと心配となります。が、以降はオエーな想像ができるシーンはたくさん出てきますが、直接な描写はあまりなく、最初で最後のグロどころでした。
人肉レストラン1

物語は至って簡単。料理評論家のマルコスが本を書くために、いろいろな秘密な食事会に参加しているうちに、ついに人肉を食べる会へ参加する。マルコスはあくまでも記事をかくためなのだが・・・。
人肉レストラン3

肉は新鮮が一番、はいということは死体の肉ではなく、おいしそうな?人間を誘拐しては殺し料理にするのです。食事前のおいしい部位のオークション。金持ちで若い男を従える、ばあさんが落札。展示される数々の肉には、殺された人間の顔がおかれ、なんともいえない、光景です。
人肉レストラン2

さて、どう話を終わらすのかと思いましたが、まさかのすっきりしたラストです。こういう映画ってなんだかモヤモヤするものが残るのですが、あるいみスカッともします。ただし、謎多きシェフが残り、なにやら続編も可能な終わらせ方です。

タイトル敬遠多いでしょうが、しっかり作られた映画ですし、尺が短くさらっと終わりまで飽きることなく観れました。案外めっけものの映画かもしれません。

現実世界のどこかでは、こういうのってあるのかな・・・(ありえそうですね)

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| サイコ、スリラー | 23:56 | comments:5 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

タイトル「人肉」ながらも後味爽やかーな作品でしたね
人道、モラルを捨てられなかった主人公の反撃が痛快でした
しかし、料理ってほんと残酷ですよね
昨晩甘えびがでたんですが、なんか、頭をむしって中身すすってる両親をみてると、オエッてなっちゃいました(笑)

| maki | 2014/07/01 08:57 | URL | ≫ EDIT

邦題はダメ

邦題のひどさに比べ、映像は結構スタイリッシュでしたね。
FUGUの使われ方以上に、その料理の紹介シーンが笑えました。
京劇ですね~。

| ミス・マープル | 2014/07/01 17:11 | URL |

☆makiさん
ですね、人肉ってイメージとはちょっと違う作品でした。
タイトル敬遠多そうですが、そこまでグロくないですが。
ただ、やはり想像できますね・・・。

たしかに、この映画みると人間って残酷ですよね。
食べるために色んな動物を殺しているんですもん。
その過程をみてしまうと、食べれないんでしょうね・・・。

☆ミス・マープルさん
原題も雑食レストランなので、タイトルがひどいんですが、それなりに面白くて、映像もきれいな作品でしたね。
フグ紹介シーンは、いまだに日本をこういう風にみているんだな・・・って白けました。
ま、あのシーンあってこそのラストでしたがね。

| とら | 2014/07/03 22:26 | URL | ≫ EDIT

タイトルから「人肉ラーメン」のようなじめっとした暗い雰囲気を想像してましたがぜんぜん違いましたね。
どことなくジェイソンステイサムのような主人公が
「かばんを忘れた」といって戻ったときは女性を助けに行って「ホステル」のように逃走するのかと思ったので、
犠牲にするとは意外でした。
やはり日本人なのでふぐ料理店のくだりは冷ややかに見てしまいましたが、まさかラストにつなげてくるとは思いませんでした。
想像したほどグロシーンはありませんでしたが非常に面白かったです。

| まくりゅう | 2014/09/07 00:09 | URL |

まくりゅうさん

そうなんです、タイトル負けしてしまう映画ですね。
結構物語りもしっかりしているし、なんたって意外な映像美があります。

『ホステル』のようにいかないところも、スタイリッシュな感覚でよかったと思いますね。

やはり、ふぐ料理店のシーンは気になりますよね。
いまだに、日本人ってあういうイメージなんでしょうか・・・。

| とら | 2014/09/08 23:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/479-3ea81092

TRACKBACK

人肉レストラン

JUGEMテーマ:Horror 「人肉レストラン」 原題:Omnivoros 監督:オスカル・ロホ 2013年 スペイン映画 85分 R15 キャスト:マリオ・デ・ラ・ロサ      パコ・マンザネド      フェルナンド・アルビス 料理評論家のマルコスは、「秘密のレストラン」メニュー を食し、本にしようと考えている。そんな彼に友人カルラ が「人肉レスト...

| マープルのつぶやき | 2014/07/01 17:11 |

人肉レストラン

豪華に、厳かに― 限られた招待客だけが集う、秘密のレストラン。食されるのは究極のグルメ―“人肉"。贖罪と狂気の物語からあなたは逃れられるのか!? 冒頭から、母親の死体を食べていた少年という話。OPとEDクレジットもなんか素敵、好みです。繊維にそった筋肉ですかね。さすがスペイン、センスあるー。 招待客だけが参加できる「秘密のレストラン」について調査して欲しいと頼まれた主人公が、そ...

| いやいやえん | 2014/07/01 08:55 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。