PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダリオ・アルジェントのドラキュラ

『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』
 Dalio Argento's Dracula

【製作年度】2012年
【製作国】イタリア/フランス
【監督】ダリオ・アルジェント
【主演】トーマス・クレッチマン

  かご 


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ドラキュラ伯爵邸での仕事を紹介してもらうべくパスブルクを訪れたハーカー。だが、それは彼の妻・ミナを手に入れるための伯爵の罠だった。一方、伯爵の宿敵、ヴァン・ヘルシングが現れるが…。

【感想】
良くも悪くも、タイトルどおりダリオ・アルジェント監督の作品だな~っと、思える作品でした。物語の展開しかり、美女の使い方、小道具、芸術度、音楽の使い方、そして時おり見せるグロシーン。赤すぎる血の使い方に、どころどころのチープさ。ぁあ、ドラキュラをテーマにしても彼の王道は変わらないのですね。

物語としては、いたって純粋かつ古典的なドラキュラです。ドラキュラ伯爵と怯える住民、そして伯爵に魅了されていく美女。最終的には、風貌いまいちオジサンのヴァン・ヘルシングによる退治劇へとつながり、正統派のドラキュラをアルジェント風に描いた仕上がりです。
ダリオ・アルジェントのドラキュラ1

決して面白くないわけではないのですが、このアルジェント風ってところが、本作に限ってはなんか違和感あるんですよね。古典的すぎというか、チープすぎというか。それでもって、時おりみせるドラキュラによる村人の惨殺シーン。なんだか違和感ありです。

そして、とどめをさしてしまっているのが、カマキリ!!!
ダリオ・アルジェントのドラキュラ3
正直、なぜここで・・・、っと目が点に。ちょっと、アルジェント監督マジですか!?お笑いですか???うーん、不思議でたまりません。カマキリだけでなく、ヴァンパイアが燃え上がるシーンなんかのCGもあまりにもチープすぎて、ちょっと萎えます。

ちなみに、登場する女性みな美女なんですが、個人的にはダントツでミリアム・ジョヴァネッリ演じるタニアが良かったです。ただ、最初から登場する割には伯爵からの扱いが酷いような気が・・・。
ダリオ・アルジェントのドラキュラ2

おそらく、ダリオ・アルジェントファンしか楽しめない作品ではないんでしょうか?
ただし、ファンなら必見でしょう。あまりにも監督色が強いですからね。

【満足度】




※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| ゴシック | 22:56 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

雰囲気とかエロさとかはアルジェントらしいものを感じたのですが、話が単純過ぎて正直余り面白くなかったです。
もう少しグロさも欲しかったかも。
とりあえずカマキリが出てきた時は、驚きの後に苦笑しました。
何故にカマキリ??って(笑)

| ヒロ之 | 2014/07/31 22:29 | URL |

ヒロ之さん

ですよね。
これは、アルジェント監督だから、なんとなく最後まで期待感もって見ましたが、正直作品としては普通でした。タイトルもそういった意味で、監督の名前をつけたのかなっと思いますね。

とはいっても、ところどころに、監督らしいシーンではにやりとさせられるところも。

いやー、ほんとなぜカマキリでしょう。。。
冗談なのか、真面目なのか、天才がやることは我々に派理解できませんね(笑)

| とら | 2014/08/02 23:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/483-49ff5092

TRACKBACK

ダリオ・アルジェントのドラキュラ

DRACULA 3D 2012年 イタリア/フランス/スペイン 110分 ホラー R18+ 劇場公開(2014/03/08) 監督: ダリオ・アルジェント 『サスペリア・テルザ 最後の魔女』 脚本: ダリオ・アルジェント 出演: トーマス・クレッチマン:ドラキュラ伯爵 ルトガー・ハウア...

| 銀幕大帝α | 2014/07/31 22:32 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。