PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パラダイム

『パラダイム』
 PRINCE OF DARKNESS

【製作年度】1987年
【製作国】アメリカ
【監督】ジョン・カーペンター
【主演】ドナルド・プレザンス

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ロサンゼルスの、廃墟と化した教会。その扉を開けた一人の司教が、そこに不気味な緑の液体を発見する。悪魔の復活を予感した彼は超常現象の研究を進める教授ほか数名の研究員と共に教会に乗り込み、調査を開始する…。

【感想】
ジョン・カーペンター監督によるカルト作品。脚本はマーティン・クォータマスという名前だが、実はカーペンター監督本人です。この時代のカーペンター監督は、B級ホラーを見事に成功させ、作品としての脂が一番乗っているときではないでしょうか。グロイシーンなんてないのですが、当時は恐怖を感じたものです。

廃墟教会で見つかる、不気味な緑の液体。調査を依頼する神父に研究チームを作った教授と研究者。彼らがこの教会で不思議な体験をしていく様子を描く。まさしく、ある何かが、産まれようとしているのです。

最初はどういう風に恐怖を描くのか?と思っていたのですが、緑の液体を飲み込むと人間が凶暴化し操られ、次々と伝染していくという、軽くゾンビが入った内容。なぜか、外にいる浮浪者も何者かに操られ、教会から出ようとするものを惨殺するのです。逃げれない恐怖、産まれる何かの存在が分からない恐怖があります。夢までも、何かの存在に操られているのです。

グロシーンはなかったのですが、産まれる何か?に取り付かれた選ばれし女性(これが主人公的なメンバーじゃないところが意外)の皮膚が落ちていく姿なんかは、強烈なものがありました。後の作品の『ゼイリブ』のエイリアンの姿に通じるものなんかもあったりして。
パラダイム

今観るとチープさ漂い、つじつま合わない無理くりな設定が目立ちますが、やはり当時としては神がかり的に面白い内容でした。本作、DVD化もされず販売されたビデオすら市場にも出回らない超希少価値高い作品ですが、ついにBlu-Ray化され発売されるとのことで、うれしい限りです。

この流れで、ジョン・カーペンター作品は一気に出して欲しいですなぁ。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| カルト、悪霊 | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

カーペンターのパラダイム、懐かしいです。
中古のビデオは持っているのですが、デッキがないので見られないという(笑;)。

宗教観に謎の緑の液体、というのが実例あるのか何かの比喩なのかちょっと訳わからない思い出ですけど、科学で究明しようとする努力と不条理な存在の様子が随分とおっかない絵作りされてましたね。

主人公?が夢の中で受像機越しに謎の人物に少しずつ近づいていくイメージが凄く印象に残っています。オチにも繋がっていたような?ちょっとビデオドロームちっくな怖さも感じました。

あと、どうでもいいことなのですが、黒人男が感染して反応鈍くなったリサという女に「リサ?・・・モナ・リサ〜^^」と声をかけるシーンも何故か印象に残っています(笑)。ひょっとして私の誇大記憶かもですが。。

DVDすっ飛ばしてブルーレイ化なんですね。ビデオ版の荒れた映像しか観ていないので、どれだけ美麗になってるのか気になります〜。

カーペンターに応援ガッツリいきます凸

| umetraman | 2014/08/11 00:07 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

懐かしいですよね。
最近は、昔の名作が続々とBluRay化され、レンタルでも見れるようになり嬉しい限りです。

そうなんですよね。緑の液体が意味不明でしたが、必死で解明しようとする科学者との変なバランスが面白いです。チームに学生を入れたのもまとまりない感じで面白かったかと。

夢のラストシーンはきっと吸い込まれた女性ですよね?

あ、モナ・リサていってますよ笑

カーペンター応援ありがとうございます!

| とら | 2014/08/15 08:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/485-6ebda404

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT