PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スプライス

『スプライス』
 SPLICE

【製作年度】2008年
【製作国】カナダ/フランス
【監督】ヴィンチェンゾ・ナタリ
【主演】サラ・ポーリーエイドリアン・ブロディ

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
科学者の夫婦、クライヴとエルサは人間と動物のDNAを配合して“新生命体”を創り出すことに成功。ふたりは“新生命体”を秘密裏に育てるが…。

【感想】 ネタバレ
『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品は、法を無視した禁断の人間による新生命体創造。人間と様々な動物のDNAを掛け合わせた、神秘的かつ異様な姿の生命の誕生でした。現代版、『フランケンシュタイン』とでもいいましょうか。しかし、悲しみなどはなく、この物語はただただ気持ち悪く感じます。

会社の儲けため実験中止を余儀なくされた、科学者夫婦のクライヴとエルサは、諦めきれず極秘で新生命誕生の実験を行う。が、それは神への冒涜といえる、やはり禁じられた実験。しかも夫婦の実験という名目のなか、真の目的に隠された意図がどんどん狂った方向へと導くのでした。
スプライス1

女(エルサ)は、どうしても人間のDNAで新生命体をつくりたい。しかもそれは自分のDNA。彼女は、過去の自分の境遇から子供を暴力でしか育てられない性質。実験という名のもと新生命体をわが子のように育てる彼女。しかし、彼女の性質は変えれず、新生命体への虐待という結果をもたらす・・・。
スプライス2

男(クライヴ)は、ずっとこの実験を反対していた。しかし妻におされっぱなしで、結局は協力視してしまう。なんどか殺そうと試みるが、それができない。やがて妻のDNAが入った新生命体は美しき?女子の姿へと成長。彼はついにその欲望に耐え切れずに、新生命体と禁断の交わりをみせる・・・。
スプライス3

完全に、人間のエゴですなぁ。科学者の欲のために創り上げられた、生命体。自分勝手極まりなく、完全にペット状態ですね。

そのつけは、やがて新生命体による反逆という波乱を呼び起こします。男に生まれ変わった凶暴な新生命体。手に負えなくなった夫婦は、殺そうとする・・・。夫婦はなぜ、作ったのか。不要になったら手に負えなくなったら殺してしまうという、あるまじき行為。興味本位でつくられた新生命体はたとえ凶暴化しようが被害者でした。

常時、性ということもテーマに入ったこの作品。結末もやはり新生命体に植えつけられた、妻のおなかにうごめく得たいの知れない子供の存在でした。この子供も金儲けのため、科学者の自分勝手な興味のため、また利用され要らなくなったら捨てられていくのでしょう・・・。

作品としてはおもしろいのですが。なんだか嫌な気持ちになる作品でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| モンスター | 23:56 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

可愛いとは思えない。

新生命体が全然可愛いと思えなかったんですよ。
おまけにそれと交わっちゃうって!
見終わっても気分がよくなかったです。

| ミス・マープル | 2014/09/17 17:17 | URL |

ミス・マープルさん

新生命体は妙な形でしたよね。
顔も、人間らしさはあるが、やはり微妙。
それが、気持ち悪さや何か秘めたる恐怖につながりましたね。

同じく、ちょっと嫌な気分が残る、作品でした。
テーマは良かったんですがね・・・。

| とら | 2014/09/18 22:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/490-263b4d70

TRACKBACK

スプライス

ダークキャッスル作品。エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリーさん主演。 DNA配列をいじり生命体を作ることは神の倫理に反するが、同時にその生物から新薬開発に欠かせないタンパク質が抜きだせるのです。そのためクライヴとエルザの夫婦はいくつかの生命体をつくることに成功。ただそこに道徳的な問題が入る。人のDNAを試用していいものかと。クローンの問題でもありましたが、やはりそれは禁忌なんでしょうね。...

| いやいやえん | 2014/09/26 10:00 |

スプライス

JUGEMテーマ:SF映画 一般「スプライス」原題:suplice監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ2008年   カナダ=フランス映画  104分キャスト:エイドリアン・ブロディ     サラ・ポーリー     デルフィーヌ・シャネアック     ブランドン・マクギボン製薬会社の研究員、エルサとクライヴは遺伝子疾患を治療する薬を開発するため新生物を作り出していた。しかし彼らは、研究の成果を早く得...

| マープルのつぶやき | 2014/09/17 17:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT