PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラキュラZERO

『ドラキュラZERO』
 Dracula Untold

【製作年度】2014年
【製作国】アメリカ
【監督】ゲイリー・ショア
【出演】ルーク・エバンス/クサラ・ガドン/ドミニク・クーパー



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
トランシルバニアを治める君主ヴラドは、ある日、オスマン帝国の皇帝メフメト2世から、息子を含む1000人の子どもを徴兵するよう通達される。しかし、ヴラドはこれを拒否し、オスマン帝国と敵対することを決意するが・・・。

【感想】 ネタバレ
1000円Dayにつき、さらっとさくっと観にいきました。(ほんと上映間際時間ギリに思い立ってな感じ)

邦題が示すとおり、ドラキュラ伯爵の誕生秘話といったところでしょうか。

う~む、なんだかすべてにおいて物足りないといった感想。物語も恐怖度合いも戦いシーンも、そんでもってせっかく映画館で観たってのに迫力も。面白くないわけではないが、なんとなく工夫が見られないからなんでしょうか?自国を大帝国から守るため、ヴァンパイアに命を売ったというお話ですが、もうこれでなんとなくすべてが見える感じ。

命を売るときは、あんなに苦しむって忠告されたのに、その様子もほとんど無く、すんなりヴァンパイアの力を使いこなしちゃっているのが、なんだかな~って。
ドラキュラZERO1

アクションシーンなんてのも、大群VSドラキュラ伯爵1人ってかなり無理がありましたね。そのため、無理やりで都合が良い戦いといった印象なためイマイチ乗り切れず。この手の戦の作品でワクワク感が出ないってのは致命的です。やたらコウモリばっかりってのも印象悪いです。

全体的に、家族愛、親子愛がものすごくテーマ。そのためか、危機的状況なのですが案外ほわっとした中進んで行きます。テーマがテーマだけに、もう少しどっしり重く、悲しい感じに作りあげたほうが良かった気がしますね。奥さん死んでしまっても、悲しみすら伝わってきませんでした。

そういった意味で、本作は完全に娯楽作品で、エンターテイメントのみに絞った映画ですね。まぁ、ルーク・エバンスがあまりにもかっこよいので、彼の魅力を堪能する作品とも言えるでしょうか。
ドラキュラZERO2

で、最終的な感想として1000円くらいで、期待せずにサクッと観る分にはよかったでしょうか。でも、数日後には内容忘れてしまいそうです・・・。続編、、、あるでしょうか?次はレンタルかな~。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| ゴシック | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/499-27fcb7d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT