PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ディスコード

『ディスコード』
 THE PACT

【製作年度】2012年
【製作国】アメリカ
【監督】ニコラス・マッカーシー
【出演】ケイティ・ロッツ/キャスリーン・ローズ・パーキンス/サム・ボール



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
異常なまでに神経質な母の下で育ったアニーは、ひとり立ちできる年齢になると静かに家を飛び出した。数年後、アニーは突然の母の死を機に再び故郷の土を踏むことに…。

【感想】 ネタバレ
あまり評判は良くない作品ですが、思ったよりは楽しめた。監督の長編デビュー作ということを、見事にひねりでカバーしていたかと。おそらく、評判悪い意見は誇大広告が原因でしょう。新感覚ホーンテッドハウスホラーなんて期待させておきながらの、オチがそこまで言うほどか?とい感じなので、悪い要因になってしまい、逆効果であっただろうと考えられますね。

前半は完全に幽霊屋敷ホラーです。後から分かるのですが、この前半には後半につながるヒントも要所要所に散りばめられているんですね。低予算ということで、豪華な屋敷ではなく、一般民家ということで、身近な感覚に覚え、それがまた怖さの雰囲気を出している。

幽霊の悪さは、出し惜しみ無くどんどん繰り広げられるのですが、やはり霊というだけの違和感がここで覚えます。しかし、その正体は前半部分では全く気づくことができないため、得体の知れない恐怖を感じさせられます。
ディスコード1

中盤からは、霊の正体や謎を解くためのミステリー映画に変わっていきます。刑事と謎を追いかけますが、最終的には霊感の強い少女を家に連れてきて一気に話が進みましたね。この霊感少女は、作品の中ではちょっと唐突気味でしたが、なかなかキャラ的には、いい味出してましたね。
ディスコード2

そして、後半からはサスペンス要素へ変わっていきます。霊がしきりに主人公に訴えたかった事実は?そして、前半の謎の多い出来事は、ここでつながっていくのです。といっても、どひゃ~~~~って驚くほどのものではないんですな・・・。確かにびっくりはしますが、中盤くらいから多少想像もつけることもできるので。

時間も90分弱とサクッと観れるのも手伝ってか、荒削りな部分も有りましたが、個人的には評判ほど悪くはなかったかなと。古き良きホラー映画を意識しつつ、現代版で作った映画という感じでした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| 幽霊、怨念 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/501-d7eade7e

TRACKBACK

ディスコード

母の葬儀がきっかけで故郷の家に戻った主人公。姉の失踪を探るうちに彼女の育った家の秘密が…というストーリーですが、怪奇現象+αな作品。 そうですね、確かに一捻り効いていると思います。後半思いっきり急反転するのですが、一応丁寧に作られていて、幽霊の映像表現もなかなか上手かったと思います。 言ってしまうと幽霊もの+キラーものなのですが、幽霊が何かを訴えてくる…それはノーパソや携帯や地図サイトな...

| いやいやえん | 2014/12/13 18:54 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT