PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキャナーズ

『スキャナーズ』
 SCANNERS

【製作年度】1981年
【製作国】アメリカ
【監督】デビッド・クローネンバーグ
【出演】ステファン・ラック/ ジェニファー・オニール/マイケル・アイアンサイド



【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
超能力者(スキャナー)を使って警護を行う警備会社に勤めるベイル。科学者によってさらに能力を開発された彼は、裏のスキャナー・レボックの追跡を命じられる。

【感想】 ネタバレ
今年最後のレビューは、クローネンバーグの出世作ともいえる作品といきましょう。相手の神経系統と結合し行動や身体機能をコントロールすることが可能な人間スキャナーが善玉と悪玉に別れて戦う様子を描く。

低予算で仕上げたためその戦いに派手さは無いのだが、特殊メイクは賞賛を受ける。とくに序盤シーンの、頭部破裂という残酷なシーンは驚かされるものがあり、後の映画にも多方面に影響を与えた。日本では、『AKIRA』が人体内部からの破壊という同様な設定を入れているのはあまりにも有名。
スキャナーズ1

中盤~後半でも、派手さは無いですがスキャナー同士の戦いでは、クローネンバーグの片鱗をうかがわせるような血肉ほとばしるシーンは印象的です。単なる超能力と違い、他人の行動や自律神経のコントロールし、感覚を奪い幻影までも見せることができるという設定自体、まさに監督の後の作品にもつながるようです。

ラストのレボックVSベイルのスキャン対決は壮絶でした。ジャケット写真にも使われている、血管ほとばしり白め姿で片や目玉爆発といったすさまじい間接的攻撃スキャンの戦い。結局どちらの勝利なのか?観るものによって変わってくる結末はまたにくい演出でした。
スキャナーズ2
スキャナーズ3

そして、この作品忘れてはならないのが、カナダのジャック・ニコルソンといわれたマイケル・アイアンサイドの狂気あふれる演技でした。いやー、彼の悪役振りが怖いのなんのって!見事でした。

DVDがプレミアついていたこの作品も、これまたレンタルやBlu-Rayで購入できるようになりました。今年は名作ラッシュが続き、なかなか再見できなかった映画が簡単に手に入るようになった良い流れができた年でした。まだまだ観たいのに手に取れない作品があるので、来年も引き続き名作の再販お願いしたいですな。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| SF、エイリアン | 23:26 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
久々にお邪魔します。

スキャナーズはインパクトありましたよね。
これでクローネンバーグ監督が一躍有名になって、その後の追っかけが大変でした(笑)。
凄く思い出深いです。

カナダ映画ってお国柄なのか、どこか内向的な印象を受けます。発散しない分、心身共に歪んでしまってるような。
(スピーシーズXというバカホラーは別物ですが笑)

スキャナーズって終始、空がどんよりしてませんか。晴れ間が一切なかったようだし、寒々しいのもお国柄なんでしょうかね。

頭部破裂の単にスプラッタで括れない気持ち悪さってのもクローネンバーグの怨念あってこそでしょうか。ビデオでは何度もコマ送りして見てました。

劇中、ある芸術家が登場しますけど、展示された作品がどれも気持ち悪かったです。至るところにクローネンバーグの病んだ感性が出てましたよね。

決してハデではないけども、内なるパワーには圧倒されてしまいます。
後年は生々しいバイオレンスに傾倒されてるようですが、またスキャナーズみたいな変態で気持ち悪い作品を出して欲しいですね。

来年もまたちょくちょく覗かせて頂きますのでよろしくお願いしますね。

今年最後の応援ガッツリ凸♪

| umetraman | 2014/12/31 00:15 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

お返事遅くなりました。
あけましておめでとうございます。

ですね、クローネンバーグの若かりし頃作品ですが、十二分に彼の要素がちりばめられていますよね。体内破壊と異様な雰囲気はまさにそれでした。

なるほど、確かに曇り空でした。言われて気づきましたが、天気は気づかないにしろ内面的名雰囲気としては、ひしひしと感じられましたよ。

マニアにしかわからないでしょうが、やはりクローネンバーグの世界観は好きですね。これからもこういう、理解ができないけど魅力的な作品が出てきて欲しいものです。

| とら | 2015/01/04 15:44 | URL | ≫ EDIT

あちゃちゃ・・

今年もよろしくお願いします。
この映画もインパクト有りすぎて印象に残っています。特にラストのこれでもか、という位の血しぶき沢山は観てるだけであちゃちゃ・・な気持ちになりました。それと俳優のマイケル アイアンサイドをジャックニコルソンと間違えていて「あのジャックニコルソンもこういう映画に出るのか・・」と妙に感心した覚えがあります。当時のクラス担任が洋画に詳しくて「別人だよ」と教えてくれました。いろんな意味で印象深い映画です。今年もぞくぞくわくわくする作品をたくさん紹介して下さいね。楽しみにしてます。

| えっちゃん | 2015/01/04 21:27 | URL |

こんばんは!

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い致します^^

頭ドーンが有名な映画ですよね。
これ観たことがないんですよ。
最近、DVDレンタルで借りられるようなのですが、残念な事に近所のゲオには入荷無し。
なので、宅配レンタルにてリスト登録しておきました。
早く観たいです。

今年も素敵な映画に出会えますように(特にホラー)。
因みに私の年初め一発目は「ヘルレイザー」シリーズ6作目。
やっぱり自分は相当にホラー好きなんだなと(笑)

| ヒロ之 | 2015/01/04 22:02 | URL |

えっちゃんさん

今年もよろしくお願いします!

この映画は、視覚的印象がものすごいですよね。
内部破裂なんて、当時びっくりして頭からなかなか離れませんでしたよ。

あ、私もアイアンサイドのことを最初はジャックニコルソンと思ってみていましたよ。演技も容姿も似すぎですよね。特にこの映画は。

今年も、昔の名作も取り入れながら、のんびり更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

| とら | 2015/01/04 22:58 | URL | ≫ EDIT

ヒロ之さん

こちらこそ、今年もホラー話中心によろしくお願いします。

ぜひ、観てください。
内部破壊の産みの親?的な作品ですから、きっと楽しめるかと!
静かに物語がすすみ、戦いではドバンっといった感じですよ(笑)

今年の私の初めの作品は、『プレデター』でした。
年末にBlu-Ray買ったので。大好きなんですよね~。

お互いマニア道?を突き進みつつ、今年もがんばりましょうか!

| とら | 2015/01/04 23:02 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します

これ、頭ドーンだけじゃなくて
目からビシャーもあったんだ!
私も実はみたことないんですよ
いや、観たことあるかもなんですが、記憶にない…
頭ドーンは知ってるのですが…なんか面白そうですね?
私も借りてみよう♪

今年も良作ホラーにお互いあえますように★

| maki | 2015/01/06 09:31 | URL | ≫ EDIT

makiさん

今年もよろしくお願いします!

頭ドーンが目立ってますが、それ以外にも印象的なシーンが結構有りますよ。ラストのスキャナー同士の戦いなんてのは、名物です(笑)

この作品は、世に出回ってなく、DVDがプレミアついていたくらいですから、観れない作品でしたが、急に再販されるようになったので、すぐ手に取れるようになりました。是非、観てください!

今年も、良いホラーみたいですね!

| とら | 2015/01/09 00:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/504-42185a5a

TRACKBACK

スキャナーズ

【概略】 超能力者(スキャナー)として警備会社に勤めるベイル。科学者に能力を開発された彼は、裏のスキャナー・レボックの追跡を命じられる。 SF スキャナーズといえば頭ボーンってくらい有名ですから当然今まで見た事、…な…なかった…。観る前から軽く敗北感。 相手の神経系統を操れるという能力者(スキャナー)が、善悪に分かれて戦う様を描いたクローネンバーグ監督の怪作です。 ...

| いやいやえん | 2015/01/26 10:42 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。