PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マッドマックス

『マッドマックス』
 MAD MAX

【製作年度】1979年
【製作国】オーストラリア
【監督】ジョージ・ミラー
【出演】メル・ギブソン(マックス役)
    ジョアン・サミュエル(ジェシー役)
    ヒュー・キース・バーン(トーカッター役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
凶悪な暴走族の暴行殺人が多発する数年後の近未来。相棒の死をきっかけに警察を引退したマックスは家族と休養の旅に出る。ところが旅先でトッカーター率いる暴走族グループに、最愛の妻子を殺されてしまい…。

【感想】
ついに、30年ぶりに続編『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が上映ということで、心躍りますね~♪ 子供のころ、TVで何度も興奮しながら観た作品。続編を観る前に、BluRay購入し3作一気にみちゃいました。いや~、今見ても面白い!!!

北斗の拳は、この映画に影響受けたというのは有名ですが、まさにそのまんまの世界観というのがわかりやすい説明でしょう。荒廃した世界、我が物顔で徘徊し横暴を繰り返す、暴走族達。その容姿はまさに北斗の拳そのものですもんね。
マッドマックス3

この作品シリーズの特徴としては、直接的な暴力シーンはほとんどないのですが、その異様な雰囲気には、まさにバイオレンス一色のイメージしか残らないです。これには、ストーリー性の他に、映像効果を駆使した技術もあいまっており、例えば瞬間的に映る目が飛び出した映像や焼死した同僚をマックスが見るシーンの映像の揺れなど、要所要所に映像効果が出ています。
マッドマックス1

バイオレンスに満ちた作品ですが、さらに面白くしているのは、カーアクションシーンです。スタントマンの死亡説まで出ているリアルアクションは、迫力満点。まさにCGなしですべて本物という身をはったアクションは、見所十分!
MADMAX4

V8インターセプターのエンジンの爆音も相乗効果で、家族を殺されたマックスが復讐の鬼として、悪役達を追い詰めていく様子が、痛快でたまらないのです。
マッドマックス2

メルギブソンの出世作としても有名な作品でもあるのですが、なんとオーディション前日に喧嘩をしボロボロの服装で現れたようで、監督が一瞬にして気に入ったという話なんかがあります。なんとも、この映画に似つかわしいエピソードなんでしょう!

この世界観、このバイオレンス、そしてカーアクション、どれをとっても名作ですな。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も楽しみ!映画館直行決定!!!

【満足度】
★5つ

【関連動画】
Trailer


【関連記事】
マッドマックス 怒りのデス・ロード

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析
関連記事

| バイオレンス | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/511-f489b334

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。