PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

呪怨

『呪怨』

【製作年度】2000年
【製作国】日本
【監督】清水崇
【出演】奥菜恵(仁科理佳役)
    伊東美咲(徳永仁美役)
    上原美佐(遠山いづみ役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
かつて恐るべき殺人事件があった家。その場に足を踏み入れた者が次々と呪われていくという物語。

【感想】
ひかりTVで上映していたので、久々の鑑賞。懐かしいが、全く怖くないのね・・・。当時の怖かった印象はどこへやら。

呪怨シリーズは、本作の劇場版の前にビデオ版が2作出ておりますが、全く売れなかったとのこと。ただ、本作がハリウッドに受け入れられ、サム・ライミ総指揮でリメイクが数作作られた。その後、日本でも呪怨シリーズとして長く受け入れられてきたのは、今全く活気がないジャパニーズホラーとしては、見事な実績を残した作品でしょう。

とにかくここに絶対に幽霊がいたら怖い!
をコンセプトに、これでもかというほど、幽霊を出したということですが、確かに怖い場面での登場ですが、肝心の幽霊は白塗り人間。何度も白塗りが登場するので、思わず笑っちゃうほどですね。監督としも、それも狙いであったとのことですが。

目を見開く女が這って襲ってくるシーンはちょっと怖いかも
呪怨1

TVのキャスターの顔がゆがむシーンも不気味
呪怨2

ただ、ここまで行くとちょっと笑っちゃいます(笑)
呪怨3

メイクにこだわりすぎず、いわゆる昔の日本の古典ホラーを印象させ、湿っぽさを主体に作ったのがハリウッドに受けたのでしょうか?さらには、精神的に来るような効果音が要所要所に鳴り響く演出は印象的でした。

ストーリーは、ある呪われた家を中心に、様々な物語を短編的につなげていくオムニバス形式。時代の流れが前後するので、少し混乱はしそうですが、そこは1つ1つをうまくつなげているので、違和感がなく入り込めます。主役と思われた、奥菜恵が早々と死んでしまうという、いったい誰が主役なのか?と思わせる展開です。

全体的に、飽きさせず面白い作品でしたが、ラストは、ありきたりな自分オチが面白くなく残念。途中で、結末が分かってしまいましたので、本来は驚きの展開も台無しでした。

今みると物足りなさを感じますが、『リング』とともに、ジャパニーズホラーという言葉を世に示した作品としては評価してあげたい作品です。

【満足度】


【関連動画】
Trailer


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| 幽霊、怨念 | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/516-3c385256

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。