PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エミリー・ローズ

『エミリー・ローズ』
 THE EXORCISM OF EMLIY ROSE

【製作年度】2005年
【製作国】アメリカ
【監督】スコット・デリクソン
【出演】ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/ジェニファー・カーペンター/キャンベル・スコット/コーム・フィオール/コルム・フィオール



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
ある日、神父ムーアが19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護にあたるのは野心的な女性弁護士エリン。エミリーは精神病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張する検事側に対し、エリンはムーアの真摯な主張をもとに悪魔の存在を証明していく…。

【感想】
オカルト半分、法廷半分というなんだか難しい映画。当時、私はこの映画試写会が当たり、どういう映画か知らずに見てました。怖いのやら、考えさせられるのやらで頭ぐらんぐらん。

エミリーの死は、神父の過失で悪魔祓いのせいなのか?
いや本当に悪魔に取り付かれていたのか?


信仰心、宗教などは、当事者でないと絶対に理解できないもの。それを、白黒つけないといけない裁判で論議しないといけないとは。第三者に、分る訳ないのですから。

エミリーが神父を信じて付いていったのであれば、神父には罪はなかったんでは?万が一精神病だったとしても、現にエミリーは悪霊の幻覚を見ていたわけで、神父さんにすがることで、その辛さから少しでも開放されているのであれば、第三者が、とやかく言う権利はない気がします。病気として治療しても治った保証ないですし、現に薬も効いていなかったですから。

この映画、裁判でいかに“悪魔の存在を証明”するのかという点が面白いところ。一番お堅いような場所で、悪魔の存在を証明なんて無謀なことですが、女弁護士の手腕で、悪魔存在説に次第に引かれていきます。さてはて、裁判の結果は?

結局、この判決を下すのは陪審制なので選ばれた人次第。その人達がいかに宗教やカルトを信仰しているか次第なんですよね。理解できない人にとっては、妄想だとしか思えないでしょう。

どう判決が下ろうが、死んでしまったエミリーが可愛そうなことに変わりありません。最初は、とっても幸せで希望満ちあふれていたのに。なんで・・・。“実話”ってところが、信じられません。そして、考えさせられる映画です。

ホラーとしてみると怖くなくつまらないですが、法廷ものとしてみると、かなり変わった議題なので楽しめます。

ま、唯一怖かったといえばエミリーの顔かしら?
基本的に女優さん顔長ですし。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング .
関連記事

| カルト、悪霊 | 02:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

v-275顔長に笑いました。
予告編みた時、顔ながっ!!って思ったんですよ。そこが怖いなぁと・・・。
ホラーなのか法廷物なのかどっち・・・?って思ってたんですが、やはり半分半分な感じなんですね。
それが中途半端感をかもし出しているのでしょうか。
何よりも実話だということが衝撃です。
悪魔がいるのかいないのか?そこを争点にされる裁判。それにはちょっと興味あります。
応援☆☆☆

| you太郎 | 2008/08/29 11:36 | URL | ≫ EDIT

ちょうど半分って感じでしたね。
私は、ホラー一色と思ってみてしまったので、がっかり感がありましたが、異色の法廷映画という観点でみれば面白いと思いますよ~。

顔長で、悪魔に取り付かれた演技しますから、こわいこわい(笑)

| とら次郎 | 2008/08/30 23:45 | URL | ≫ EDIT

やっぱりこの映画の怖さは女優さんの顔ですよね^^
私も今日エミリーローズのレビューを書いたのですが、女優の顔が怖い!と書いたので、トラ次郎さんのレビューみてやっぱそうだよねwwって笑ってしまいました。 でも内容はたいして怖くないのに大勢の人に怖いと思わせるような演技ができるなんてすごいですよね^^

| マーチャン | 2009/11/10 04:06 | URL |

マーチャンさん

顔怖いですよね・・・。
RECのリメイクも、この女優さんときいて、観る気がうせました(爆)
演技というよりも・・・。(←いいすぎ!)

でも、この作品はある意味考えさせられますよね。
ホラーとは言い切れなく、法廷物ってほうが正しいかもしれませんね。

| とら次郎 | 2009/11/10 22:14 | URL | ≫ EDIT

存在するのか否か?

オレは無神論者なので神の存在は信じません、なので信仰心もありません、エリンの最初と同じですね。

神を信じない事は、悪魔の存在も信じない事になります、それはエリンも同じでしょう。

しかしエクソシストやオーメンの様な反キリスト作品を観ると、その考えが大きく揺らぎます。
この作品でも去年の3月11日並みに揺れまくりました、法廷でのやり取りではもう何が何だかわからなくて、脳内ハチャメチャになりましたよ。

ぶっちゃけ法廷で神と悪魔の存在を、いくら論議しても結論は出ないでしょう。
エリンが言う様に「明確な事実」がないのですから。

しかし「可能性」は確かにあるとオレも思います、なので今は「基本的には信じないが(神と悪魔が存在する)可能性は否定しない」というスタンスですね。

さらにこの話が実話を元に製作されたのも大きいですね、ノンフィクションなら信じなくても否定は出来ませんから。

とても深く考えさせられた良作でした、皆さんはどう思いますか?

最後に一番怖かったのがエミリーを演じた、ジェニファー・カーペンターの顔面というのは強く同意します。
あれはエクソシストのリーガンを越えちゃってます、元々面長なのもありますがそれでも怖すぎですよ。

| マローダー | 2012/02/17 00:47 | URL |

マローダーさん

悪魔と法廷という、面白いストーリーでしたね。
ホラーといえない、考えさせられる映画でした。

ジェニファー・カーペンターの顔面が恐ろしかったです~。
『REC』のリメイクも、彼女だから観ていません(爆)

| とら | 2012/02/18 20:30 | URL | ≫ EDIT

やっぱりこっちの方が怖い

DVDを持ってるのでエクソシストのD・カット版を観返しましたが、やはりリーガンよりもジェニファーの顔芸(じゃねえよ!)の方が数段怖いですね。
ガクガクブルブル・・・・・・・・・・・・・・

「REC」のリメイク版ではジェニファーがリポーター役ですか?
元々観る気はありませんでしたが、これで絶対観ないに変わりましたよ。(失礼だぞ)
あれはあのキャピキャピしたカワイイお姉ちゃんが、恐怖のどん底に叩き込まれるからいいのであって、ジェニファーの様な顔ではあのキャピキャピ感は出せないでしょう。(失礼すぎるぞ!)

ただ演技力はジェニファーの方が数段上なので、以外といけるのかも知れません。
観ないけど。(オイ)

観た方がいたらどんな感じか教えて下さい。

| マローダー | 2012/02/19 00:18 | URL |

マローダーさん

そうです、リメイクの『レック/ザ・クアランティン』は彼女が主演です。
なんで、未だみてないですー。

| とら | 2012/02/21 23:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/52-4a0ff00d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT