PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドクターズ・ハイ

『ドクターズ・ハイ』
 PATHOLOGY

【製作年度】2008年
【製作国】アメリカ
【監督】マーク・ショーラーマン
【出演】マイロ・ヴィンティミリア
    マイケル・ウェストン


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
医学部を首席で卒業し、インターンとして病理学研究センターに赴任したテッド。やがて彼はそこで出会った仲間と、自ら殺人を犯し死因を当て合う“ゲーム”を始めるが、グループ内の人間関係がもつれ…。

【感想】
医者の卵たちが、自分たちの快楽のゲームのために、人間を殺し、お互いの殺し方を当てていくという、こりゃまた極悪な趣味の映画でございました。死体どっさりの解剖どっさりの、グログロな展開の映画ですし、エロシーンなんかも織り交ぜて、なかなかのぶっ飛び度合な映画でした。
ドクターズハイ2

将来も約束され、腕もたつデッド。なんでそんな悪友にはまってくのーっと言わんばかりに、見事にゲームの世界にいざなわれ・・・。1人目の殺したら最後、もう罪悪感もなく、悪の世界に突入です。

人間を人間と思わない、こやつらは、自分を選ばれた人間と言わんばかりに、非情にも罪なき人間をゲームのために殺していきます。また殺し方の極悪非道っぷりは、胸糞が悪くなります。もぅ、死体横でパーティー状態ですからね。
ドクターズハイ1

こっちが、仕事中の死体解体シーンですが、もうこんな奴らに、解剖される人がかわいそうになってきます・・・
ドクターズハイ3

もちろん、エリート君のテッドが、このまま悪い道にいるわけにもいかず、美人彼女が来てから、一転「俺抜ける~」って、いまさら都合いいだろってな具合で、やはり争い勃発で、ここからは殺し合いにエスカレート。彼女を見事に殺されてしまったテッド君ですが、彼女の死因はというゲームの続きのような面白い展開になりました。(しかし、何も罪もない彼女かわいそうだ…。)

ラストは、生きたままお返し手術で、ジ・エンド。
ドクターズハイ4

う~ん、ラストはサスペンスっぽくてよかったんですが、やっぱりモラルのかけらもない彼らの行動にはちょっと白けてしまう映画でした。しかし、死体解剖の仕事ってよくできましょね。ほら、きれいな死体ばかりじゃないでしょ?そういった仕事についている人にご苦労様ですと言いたくなる映画でもありました(爆)

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/522-18e2db63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT