PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

22年目の告白-私が殺人犯です-

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  日本
 【監督】
  入江悠
 【出演】
  藤原竜也
  伊藤英明
  夏帆
  仲村トオル
  野村周平

【イントロダクション】 
5人が殺害され、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。事件から22年後、犯人の曾根崎が突然名乗り出る。告白本を出版し、マスコミを連れて被害者遺族に謝罪、警察を挑発する曾根崎に人々は熱狂するが…。

【感想】
韓国映画『殺人の告白』のリメイクとなりますが、ラストの展開も異なるし、藤原竜也、伊藤英明の熱演が、また全然違った映画と思わせるような出来栄え。ネタバレ禁止な映画ですが、原作の面白さ部分はそのままでいい意味で、変えてきた部分も面白い。

相変わらずの藤原竜也の熱演っぷりがこの映画でも見えます。
22年目の告白1

この作品では、クールかつ秘めた熱い思いがあるキャラかつイケメンという設定ですが、イケメンは韓国版に軍配といえども、22年ぶりに犯人として出てきた、小憎らしさ憎たらしさは断トツで藤原竜也に軍配が上がります。
22年目の告白3

もう、被害者の方々が可哀そうで可哀そうで。それぞれの被害者がそれぞれ苦しんできた22年間。それを踏みにじるように、思い出させるように出てきて一躍スターになった犯人。もうどんだけ被害者を苦しめるんだと。。夏帆演ずる少女が犯人の本の顔を刃物でえぐるシーンは非常に観ていて辛い。
22年目の告白2

と、前半の展開と後半の展開は一気に変わります。
まさしく、犯人の真実は!?がテーマ。この先書いてネタバレしまうと、観るときの面白さ半減ですので書きませんが、後半は韓国版と変えてきてますが、ちょっと強引かつ割と読めてしまう展開ではありますが、それはそれで案外面白かった。日本版の方が結構陰湿で根深い悪だし。

時効というのがテーマな映画でしたが、殺人時効廃止制度が制定された時期をうまく利用したところは見事でした。被害者側の遺族の気持ちもうまく利用したストーリー、よくできています。

【満足度】


22年目の告白ー私が殺人犯ですー【Blu-ray】 [ 藤原竜也 ]

価格:3,231円
(2017/10/1 23:12時点)
感想(0件)



【予告】
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 23:57 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

これは私も割りと楽しめました。
ただオリジナルである韓国版の方がコミカルなシーンとシリアスなシーンが組み合わさっていて面白さ的には軍配が上がるのですが、日本に舞台に移した事で時効とか東京タワーとか、その辺の事を上手く内容に取り込んでいたようには思えました。

| ヒロ之 | 2017/10/17 20:28 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/17 20:35 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/527-c285b9ef

TRACKBACK

22年目の告白-私が殺人犯です-

2017年 日本 117分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2017/06/10) 監督: 入江悠 『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』 脚本: 入江悠 主題歌: 感覚ピエロ『疑問疑答』 出演: 藤原竜也:曾根崎雅人 伊藤英明:牧村航 夏帆:岸美...

| 銀幕大帝α | 2017/10/17 20:25 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT