PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新感染 ファイナル・エクスプレス

 『新感染 ファイナル・エクスプレス』
  Train to Busan

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  韓国
 【監督】
  ヨン・サンホ
 【出演】
  コン・ユ
  キム・スアン
  チョン・ユミ
  マ・ドンソク
  チェ・ウシク

【イントロダクション】 
感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが高速鉄道の車両内にまん延する中、乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げる。

【感想】
上映終わりそうとのことで、飛び込みでようやく見てきた韓国発のゾンビ映画。
時速300kmで走る列車の中でゾンビに遭遇という、なんとも面白いシチュエーションがこの作品が成功に至る結果になったでしょう。横長という場所で大量にゾンビに襲われる、でもって密室という絶望的な場所。
新感染 ファイナル・エクスプレス1

本作の見どころは2つではないだろうか。
1つは、単純に素早い(スピードも感染力も)ゾンビとの闘い、2つは様々な人間の愛という形のドラマ。

まず、1つ目のゾンビに関しては、『28日後...』を思い出させるスピード、常に素早いゾンビに襲われているという緊迫感。あまりに早すぎて、狭い電車内の中ではあふれんばかりな状態に(汗)
新感染 ファイナル・エクスプレス2

そんな中、暗闇になるとゾンビたちは音にしか反応できなくなるという特徴があるのだが、その特徴が電車というシチュエーションに見事に合っていた。トンネルという暗闇で、その短時間だけゾンビたちは無力になる。その隙を狙って別車両に移動するという緊迫するシーンも見せてくれました。

次に、2つ目人間の愛というドラマ。
親子の愛、夫婦の愛、恋人の愛、友情の愛、姉妹の愛。ゾンビ映画でどれだけの愛を見せるんだと思わず突っ込みたくなるくらい見せます。ちょっぴりやりすぎ感あるのだが、最終的には涙すら流せる程の感動が見られます。まさかゾンビ映画見ていて、映画館内に涙をすする声が至る所から聞こえる日が来るなんて思いもよらなかった。

愛は力になります。男三人それぞれゾンビと戦い車両を移動するのだが、これがありえないほど強い!見事に噛まれない!
新感染 ファイナル・エクスプレス3

対するは、やはりゾンビ映画では定番となった、怖いのは人間の方だという悪役キャラも出ます。またそれが、ゾンビ映画史上1番といっていいほど、ひどい悪具合。完全に自己主義なおじさんが登場し、最後の最後まで自分勝手で犠牲者を出していく。いやー、こいつは人間のクズです。終始腹立ちましたが、やはり人間の悪役居てこそのゾンビ映画の素晴らしさという感じでしょう。

さて、一体無事に生き残り電車お降りることができるのは誰なのか!?
新感染 ファイナル・エクスプレス4

新たな韓国映画の力を見せてもらえました。面白かった。
しかしながら、邦題がひどくないか?新感染(新幹線)はダジャレじゃないか。普通ならだれも見ないようなタイトルなのに、作品の力でここまで人気が出たのは見事。実際に映画館は、老若男女来ており、上映終わりかけのホラーと思えない人数でした。

【満足度】


【予告】
関連記事

| ゾンビ | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

“猟奇殺人・ホラー・戦争”のジャンルは 日本映画より韓国映画の方が上手に撮ると 個人的に感じています。

“ゾンビ作品”は好みではありませんが この作品に出演している女優の“チョン・ユミ”さんは好みです(笑)

| こうちゃん | 2017/10/29 09:32 | URL |

こうちゃんさん

私も同感ですね。
特にホラーの差は大きい。
ひと昔前ジャパニーズホラーと話題になりましたが、以降大量生産される陳腐なホラーに嫌気さしてます。

チョン・ユミ綺麗ですね。
この映画で初めて知りました。

| とら | 2017/10/29 17:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/531-f8a3e571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。