PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
  IT

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  アンドレス・ムシェッティ
 【出演】
  ジェイデン・リーベラー
  ビル・スカルスガルド
  フィン・ウルフハード
  ソフィア・リリス
  ニコラス・ハミルトン

【イントロダクション】 
とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが……。

【感想】
スティーブン・キングの代表作で、1990年にテレビドラマ化された『IT』を、新鋭アンドレス・ムシェッティにより映画化リメイク。個人的には、子供のころ見てピエロトラウマになった作品で、非常に懐かしい思い。が、なぜか映画館は学生らしき若い人がめちゃくちゃ多い?それも満員御礼。なぜだ、なぜ学生に注目されているんだ???不思議でたまらない。そして、全米ではホラー映画の金字塔『エクソシスト』を超え、史上No.1に。R指定ホラー映画史上最高の記録をたたき出しているときた。

まずは、1章子供時代。オープニングから、予告でもおなじみの排水溝からピエロのペニーワイズ登場からの、がぶりシーンで盛り上げます。といいますか、このシーンが一番衝撃だったのかもしれない。一気に手を食いちぎってしまう衝撃度です。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。1

それを皮切りに、子供たちに襲い掛かる恐怖の出来事。1人1人に自分のトラウマを見せられるがごとく、襲い掛かってくるペニーワイズ。大人は見えず子供だけしか見えないという恐ろしさが、この作品を子供心に見た時のトラウマになり、ずーっと印象に残っているんですよ。。。

そして語らずにいられないこの作品が単なるホラーではないところは、ホラーなのに『スタンドバイミー』ばりの子供達の友情といじめっ子に対抗していく強さを見れる映画。そういった意味で、学生が興味を持ち映画館に足を運ばせているのかもしれない。女の子1人と黒人1人ってところもにくい演出である。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。3
ただし、私個人的には、1990年のTV版の方が仲間感も強く好きだったなと思う次第。(でもうる覚え・・・)

恐怖度もTV版の方が上か。本作はちょっと音とか突然感でビックリさせる驚かし方に徹している。この作品は、もっとジワジワ精神的に来る恐怖というものが出てほしいのでそこは少し残念ではある。

この作品で一番注目しないといけないのは、もちろんピエロのペニーワイズ。子どもの恐怖を熟知し、子どもたちをむさぼる悪役。本作はTV版に劣らずの怖さありで良かった。顔の表情が何とも怖い。演ずるは、ビル・スカルスガルドで、父親、兄2人も映画俳優で妹はモデルという芸能一家。ビル自身も『シンプル・シモン』でスウェーデンの映画賞ゴールデン・ビートルにて主演男優賞にノミネートされ、今注目の191cmと長身な俳優である。さすがに長身なペニーワイズは怖いよね。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2

個人的総評としては、CGなんかも多彩に使ったりと現代感あふれるリメイクであったが、がっかりするほどでもなく、普通に楽しめたので、可もなく不可もなくではありつつ合格点な出来栄えではないかと。ただし、述べたように恐怖度が物足りないため、そこは第2章に期待したいところ。

【満足度】


【予告】


【関連記事】
IT
関連記事

| モンスター | 14:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

以前TV版(NHKだったかな?)
を観たとき、エ!正体これ?って
思った覚えがありますが
映画版はどうなんでしょうねぇ
DVDで確認してみたいです

| キム | 2018/01/01 18:35 | URL |

キムさん

はい、TV版の正体は拍子抜けしましたね。
前半はとっても面白かったですが、後半ががっかりしたのを覚えてます。

映画版は期待したいですね。
後編はいつ上映するか分かりませんが、観たいです。

| とら | 2018/01/07 01:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/534-cfc3ba3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。