PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高慢と偏見とゾンビ

 『高慢と偏見とゾンビ』
  Pride and Prejudice and Zombies

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  バー・スティアーズ
 【出演】
  リリー・ジェームズ
  サム・ライリー
  ジャック・ヒューストン
  ベラ・ヒースコート
  ダグラス・ブース
  マット・スミス

【イントロダクション】 
ゾンビウイルスが蔓延する18世紀のイギリス。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら、得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていたが…。

【感想】
ジェーン・オースティンによる恋愛小説の名著「高慢と偏見」にゾンビの要素を加え、ゾンビアクションに改編したベストセラー小説の映画化。絶対にありえないと思える組み合わせが話題となった。

世間的には高評価のこの作品。が、私はダメだった。「高慢と偏見」部分も手抜きなくしっかり描かれ、「ゾンビ」部分も手抜きなくしっかり描かれていると来たのだが、なぜか退屈なのである。文学的なのにゾンビが居る(邪魔だ)、ゾンビが居るのに中世の名作恋愛映画である(邪魔だ)、とありえない組み合わせは結局ありえないままなのである。そして、ゾンビと就いたからにはこの文学的な恋愛を見せられるのがつまらなく感じるのである。

でも、ゾンビしっかり描いているなら退屈しないのでは?と言いたい。が、この作品のゾンビは、ゾンビではないのである。ゾンビがしゃべるし普通に人間に紛れて生活している。さらには豚の脳を与えることにより、共存ができるときた・・・。じゃぁゾンビ達に意味を持たせてあげてと思うのだが、意味ありげなゾンビ(話しかけてくるゾンビや赤ん坊を抱えたゾンビなど)も要所要所に出てくるのだが、結局意味をなしで終わっていくのだ。
高慢と偏見とゾンビ2
高慢と偏見とゾンビ3

じゃぁ、「高慢と偏見」部分も手抜きしていないならそちらを評価できるのでは?と言いたいのだが、これまた『プライドと偏見』という素晴らしい作品が存在しているので、見劣りしてしまうし、わざわざゾンビを観るような人が楽しめるのかという疑問も感じる。

ありえない組み合わせに、期待ばかり高まった。そして思ったよりしっかりと作られていた。
が、、、故に退屈に感じてしまったという結論に達した。これが、B級チックに案外適当にグダグダに作られ思いっきりパロディとしてくれた方が、面白かったのではと思ってしまう、心がゆがんでいる管理人の性格である。

また、少し白けさせたのが、姉妹がめちゃくちゃ強い。
ゾンビキラーなのであるが、中国で武術をならったが故とのこと。お金持ちは日本で習うそうなのだが、日本だと中国に比べ強くなれないらしい。日本はお金持ち専用なのである。なぜ姉妹がこんなに強くなければいけないのか、その割にはアクションシーンは物足りない。なぜ中国武術なのか。。。この辺がちょっと納得いかずじまいで最後まで鑑賞したのである。
高慢と偏見とゾンビ1

どの評価サイトを見ても高得点な映画である。見る人によっては面白いのであろうか?
ただ、やっぱり別々で見た方が良かった(組み合わせとしては失敗)と思うのは、私だけだろうか・・・。
恐らく小説で読むとまた違った面白さがあるのであろう。読む気にはならないが。

【満足度】


高慢と偏見とゾンビ [ リリー・ジェームズ ]

価格:3,740円
(2017/11/26 21:54時点)
感想(0件)



【予告】
関連記事

| ゾンビ | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/535-a3b24655

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。