PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウィッチ

 『ウィッチ』
  THE WITCH

 【製作年度】
  2015年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ロバート・エガース
 【出演】
  アニヤ・テイラー=ジョイ
  ケイト・ディッキー
  ハーヴィー・スクリムショウ
  エリー・グレインジャー
  ルーカス・ドーソン
  ラルフ・アイネソン

【イントロダクション】 
1630年のニューイングランド州、ウィリアム一家の赤子が何者かに連れ去られた。森の魔女の仕業だと嘆く家族だったが、ウィリアムは愛娘・トマシンこそ犯人であり魔女なのではないかと疑い始める。

【感想】
サンダンス映画祭の監督賞をはじめ、数々の映画賞を受賞したダークファンタジー作品。

この映画は、終始重苦しく、薄暗く、そして不快感を感じる。それは映像からも、音声からも、演者たちの不気味な様子からも。この映画には、楽しさや笑いは無縁であるのだ。

村人たちから異端と見なされ追放された一家。(理由は描かれていない)なぜか、不気味な森の近くに一家は住みついたのだ。
直ぐに事件は起こる。長女トマシンが、いないいないばぁをやって目を覆った瞬間赤子が何者かにさらわれたのだ。その後、何かをすりつぶし体にそれを塗りつぶす魔女?の映像が。おそらくするつぶしたものは赤子なんだろう。

この時点では、魔女と一家の戦いなんかを描くのかと思ってしまった次第だが、監督はそんな簡単な発想ではなかった。この後は、終始一家が宗教にとらわれ狂っていく姿が延々と描かれるのである。1つの事件から完全に一家は心が闇に落ち、家族同士ののしり、犯人と決めつけ、醜く破滅していく姿が描かれるのだ。
ウィッチ3

そのタイミングで見事に破滅の一手を繰り出す魔女(?)
長女トマシンの一番の理解者であった、長男ケイレブをターゲットとし彼を滅びの道へと導くのだ。この事件後、一家は完全に破滅に向かっていく。熱烈な信者だが一番おかしかったのかもと思える父、子供たちが次々と犠牲になり悲しみと疑心暗鬼にとらわれ続ける母、人形のように不気味でふざけ声が非常に耳障りな双子。次々とお互いを恨み、悪魔に身を売ったと疑いあい、全員が最悪の結末を迎えるのだ。
ウィッチ4

そして、一番まともで有っただろう、長女トマシン。
母をこの手で殺めてしまった瞬間、彼女の何かが弾けてしまった・・・。
ウィッチ1

ここに、魔女が誕生したのだ・・・。
ラストは、狂ったように笑い宙に浮くトマシン。このラストは、今までに見たこともないような何とも言えない不気味なシーンで有った。観終わった後は、重く暗いどんよりした感情しか思い浮かべれない。そんな映画であった。

さて、映画のヒロイン役であるアニヤ・テイラー=ジョイに関しても少しふれておこう。
彼女は、この映画をかわれナイト・シャマラン監督のスリラー『スプリット』に主演している。その続編にも出演予定だ。さらには、「X-MEN」シリーズのスピンオフに起用されるなど、一躍注目が出た。ロバート・エガース監督は彼女との古典ホラー再タッグを熱望しているとの情報も。

『スプリット』でも書いたが、彼女は最初は綺麗とも何とも思わず少し目が離れた女優さんだなと思うのくらいなのだが、映画を見ていくと不思議と彼女は徐々に魅力を発揮してくるのである。映画の最後には、彼女のファンになってしまうほどの不思議な力がある。まさにミステリー映画のヒロインにふさわしいといえる。今後も注目したい女優さんである。
ウィッチ2

【満足度】


ウィッチ【Blu-ray】 [ アニヤ・テイラー=ジョイ ]

価格:3,888円
(2017/12/17 19:13時点)



【予告】
関連記事

| カルト、悪霊 | 19:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

アニヤ・テイラー=ジョイさんがとても良かったです。
彼女の演技に魅せられた作品でした。
『スプリット』の時は私もイマイチ的なビジュアルに関しての事を書いてしまいましたが、この作品では確かな演技力を見せられた気持ちになりましたねぇ。
今後も彼女の活躍を見守ろうと思います。

gooブロブがTB廃止になったので、一応URL欄に私の記事の該当URLを入れさせて頂きました。

| ヒロ之 | 2017/12/17 19:57 | URL |

ヒロ之さん

アニヤ・テイラー=ジョイよかったですね。
不思議な魅力がある女優さんだなーって思います。
これからも、ホラー系女優で活躍してもらいたいなっとも思う次第です。

TB廃止になったんですね・・・。
URLの件了解です!!!

| とら | 2017/12/23 23:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/537-982d376d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。