PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライフ

 『ライフ』
  LIFE

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  ダニエル・エスピノーサ
 【出演】
  ジェイク・ギレンホール
  レベッカ・ファーガソン
  ライアン・レイノルズ
  真田広之
  アリヨン・バカレ
  オルガ・ディホヴィチナヤ

【イントロダクション】 
世界各国からISSに集った6人の宇宙飛行士が、地球外生命体の細胞を極秘調査することに。細胞は次第に進化と成長を遂げて高い知能を持つようになり、6人を翻弄し始める。

【感想】
宇宙船の中で地球外生命体に襲われるという、いわゆるストーリー的にはありきたりな展開。本作は火星からの生物。いまさら同類な映画を作る必要があるのか?っと思うのだが、やはりエイリアン物はみんな見たいんだなと思う。もちろん観終わって感想は、やはり『エイリアン』に追いつくわけがない。ま、でもなかなか飽きずには楽しめたが素直な気持ち。

まず、その理由は、やはり未知の生物の成長だろう。最初かわいらしいクリオネみたいな造形だが、人間を食らうことにより急激に変化していく。が、いつまでたってもウニウニした感じだけ。最終形?もちょっと顔らしきものが出てきますが、気持ち悪さはなくむしろ愛嬌があるほどだが、新種エイリアン感は感じた。
ライブ1
ライブ2

ただ、こういった所でも、『エイリアン』に出てくる地球外生命体の造形はおぞましく、素晴らしかったとこの映画を見て逆に感心してしまった。

人間関係の描写も中途半端な気がした。それぞれ人生の背景があるのだろうが、簡略化しているため、仲間が死んでいっても感情が移入できないところは残念。真田演じる日本人ショウの奥さんが出産するシーンがあったが、やっぱり中途半端にしか描かれていないため、ショウが死んでも悲しさも何も浮かばないので、あんまり出産シーンが意味を成さない。

そんな中、宇宙船や宇宙(地球)の映像は見事。CGを駆使しているのだろうが、非常に綺麗で美しい映像。恐ろしい生物に襲われ殺されていく重い展開の中でも、映像によってその重さや怖さは感じられないほど綺麗。無重力感も違和感なくとてもよく描かれている。体から出てくる血フブキもリアルである。

そして、ラストはちょっと読めましたねー。
もう別々に逃げると提案した瞬間から、読めた。ま、こういう映画はハッピーエンドとはならないよね~。

総評としては、目新しさはないもの、エイリアン物としてはちゃっちさもなく楽しめたなっと。ま俳優陣が豪華ですからね。予算たっぷりで作ったエイリアン映画といった感じ。

【満足度】


ライフ【Blu-ray】 [ ジェイク・ギレンホール ]

価格:4,966円
(2018/1/20 23:09時点)



【予告】
関連記事

| SF、エイリアン | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。(^^)/

最初はエイリアンモノとは思っていなかったのですが…非常にお金をかけたエイリアンでしたね。
どうにも無駄に死んでいった人が多くって、なんだか残念な作品でしたが、結局のところ、最後まで観てしまっていました。(^^;

私もラストはいや~な予感がしていました。(^o^)

| 白くじら | 2018/01/24 23:29 | URL | ≫ EDIT

白くじらさん

明けましておめでとございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

エイリアンものとしては、二番煎じですね。
やっぱり、『エイリアン』に勝てるわけがない。
ストーリーもエイリアンの造形も。

が、映像美はしっかりしてましたね。

ラストはやっぱりでしたね。
地球大混乱が予想されるラストでした!

| とら | 2018/01/28 23:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/538-c8b07419

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。