| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FOUND ファウンド

 『FOUND ファウンド』
  FOUND

 【製作年度】
  2012年
 【製作国】
  カナダ
 【監督】
  スコット・シャーマー
 【出演】
  ギャビン・ブラウン
  イーサン・フィルベック
  フィリス・マンロー
  ルーイー・ローレス
  アレックス・コギン
  シェーン・ビーズリー

【イントロダクション】 
学校ではいじめられ、不仲な両親の下で暮らす少年・マーティの楽しみは、家族の秘密を覗き見すること。ある日、兄がクローゼットに生首を隠していることを知り…。

【感想】
世界各国で40もの賞を獲得し、50部門ノミネートされた映画。が、決して普通に観れる作品ではない。グロさもしかりなのだが、闇があまりにも激しい作品で、単純なホラー映画好きでは耐えれない、だいぶマニアな領域のホラーなのでした。

常に11歳の少年マーティ目線の作品。ホラーが好きで内気でいじめられっ子。両親とは特段うまくいっていないわけではなさそうだが、やはりこの両親にも問題有りなのだ。両親から厄介者扱いされている兄。両親は兄に対しての愛はマーティに比べかなり薄いのだろう。

そんな中、マーティは子供の好奇心で家族の秘密を探る。父母はどこにでもあるような秘密だが、ただ兄は異なった・・・。クローゼットに生首が・・・。

が、マーティは恐れることなく、生首を好奇心で何度も覗くのだ。まるで生首に引き付けられ楽しんでいるかのように。何か兄に通じるものがあるのではと言わんばかりに兄の部屋の物にも興味を示す。いじめっこを遠巻きに兄に殺させたとしか思えない話ぶりもそうだ。ついに、マーティはいじめっこをも暴力で撃退し、強い存在と変身していくのだ。まるで兄に洗脳されたかのように。
ファウンド1

兄は弟を絶対に傷つけない。両親の愛を受けられず、兄にとっては唯一の心のよりどころで守るものだったのかもしれない。自分の秘密を知られたと分かった時もマーティには寛大だ。たあ、最終的に見せた弟への歪んた愛情は、どういう感情であったのか、私には分かりかねるものがあった。
ファウンド2

「史上最も美しいラスト」などのうたい文句の映画だが、どこがだ!って叫びたくなるほど、残酷で気持ち悪くトラウマになるラストだ。ホラー好きのマーティが、自分の人生がホラーになってしまったと言わせるほど(いやそんなこと言っている場合って突っ込みたくなるが) 兄の本当の狂気を見たマーティは、心許した自分をどれほど後悔したのだろうか。

今までにありそうでなかった、一般家庭に潜む恐怖を描いた作品で、新感覚のホラー(ヒューマンドラマ)でした。賛否両論な本作ですが、私個人としては、可もなく不可もなく。。。面白くなくはなかったです。意味も見失うこともなかったですし。ただ、衝撃の内容という割には映画終わった後は案外冷静。もっと心にえぐく印象を残してくれるのかと思いきや、そうでもない。こういう衝撃的な作品に慣れてきたのだろうかと思ったが、マーティ主体で描きラストも冷静に語る彼の姿があまりにも自然な気がした為だろう。

でも映画中に出てくる、『HEADLESS』という映画を割と長々と見させられるが、こちらはかなり気持ち悪いグロとイカレ具合でこっちの方が印象残ってしまった・・・。おっぱいちょん切りかぶりつき、目ん玉えぐり食らう(白い液体が口からプシュ)、極めつけは生首でマスターベーション。兄に影響を与えた映画ということでしょうが、ここまで見せなくても・・・。
ファウンド3

【満足度】


FOUND ファウンド [ ギャビン・ブラウン ]



【予告】
関連記事

| ヒューマンドラマ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/539-b1fc1da6

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。