PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プラネット・テラー

『プラネット・テラー』
 PLANET TERROR

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】ロバート・ロドリゲス
【出演】ローズ・マッゴーワン/フレディ・ロドリゲス/マイケル・ビーン/ジェフ・フェイヒー/ジョシュ・ブローリン/マーリー・シェルトン/ブルース・ウィリス



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
謎の化学兵器でゾンビと化した感染者が溢れかえる田舎町を舞台に、ゾンビに片脚を奪われたセクシー・ヒロインの怒りの“片脚マシンガン”が炸裂する近未来エロティック・バイオレンス・アクション・ホラー。

【感想】
60~70年代アメリカの低予算グラインドハウス映画をイメージした作品。当時は、B級映画を2、3本まとめて上映していたそうです。クエンティン・タランティーノ作、『デス・プルーフ』と同時上映で話題になった作品。

いきなり、画質もろワルの架空映画の予告から始まります。出だしから、怪しい予感。



予感的中!?
かなりぶっとびでイカレタ作品。ぐちょねちょゾンビだは、顔や体ぐちゃっとつぶれるは、血どろどろとゲロい映像満載てんこもり~♪戦いも銃連射に注射器攻撃、車でゾンビつぶしまくるわとやりたい放題。ロバート・ロドリゲスらしいおふざけ感覚な仕上がりになっています。

そのおふざけ展開も、嫌な感じではなく楽しめちゃうのが彼の作品の面白いところ。この映画は、なぁ~んにも考えないで、ドタバタ展開を楽しむこれに尽きます。矛盾点など多々ありますが、それを言うのはタブー。

ヒロインは片足マシンガンのローズ・マッゴーワン。
プラネット・テラー1

彼女もいいのですが、やっぱりお注射攻撃のマーリー・シェルトンがよかった!綺麗でスタイルもよく、もっと前に出してもらいたかった。もうちょっと女医姿(←ここ強調)見たかったなぁ~。
プラネット・テラー2

友情出演?なのかタランティーノもぶっとびな役でおふざけ参加しております?両目ぐっさり&股間ドロドロにとろける役ですよ(汗)その、両目ぐっさりシーンですが、片目の木の破片ぐっさりは『サンゲリア』、お注射ぶっすりは『ゾンゲリア』から取っているんですね。この辺の演出がホラーファンとしてはグッと来ました!

ブルース・ウィリスもこんな役引き受けちゃったてよかったのぉ~?でしたね。容姿はカッコイイのですが、ゾンビ(なのか?)になっちゃうところなんて、ぐちょぐちょの怪物じゃぁ~ないですか!?

エッチなシーンの途中で、第1巻紛失という展開になったりと、なんともグラインドハウスをイメージしすぎた!?面白い作品でした。

【満足度】
★3つ

【関連記事】
デス・プルーフ
マチェーテ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ
関連記事

| ゾンビ | 00:20 | comments:14 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ^^、茶栗鼠です。

こっちは「プラネット・テラー」の方が好きですね。タランティーノ監督のゲスト出演も面白かったですし。あと、チェリーさんより、やっぱり女医のマリーさんが好きです。
 全体的にB級なのに話の流れはよくて、観たいシーンがてんこもいりにされてあって。退屈しないゾンビ映画でしたね。
 ちなみに私的にはレイが病院であばれるシーンが気に入ってます。

| 茶栗鼠 | 2008/09/17 22:32 | URL |

茶栗鼠さんへ

私も、どっちかといえばこちらの方が好きですね。
女医マリーは最高ですよね!

ロバートロドリゲスの味がたっぷり出た映画ですね。
やっぱり、タランティーノとのコンビは最高です!
また、この2人で組んで映画作らないかなぁ~。

| とら次郎 | 2008/09/18 23:23 | URL | ≫ EDIT

v-275この映画見たかったんですよね。
このB級アクションの匂い・・・・たまりません。
足にマシンガンっていう設定からしておかしいですもん。
コブラのサイコガンかっ!!ってツッコみたいです。
さっそくレンタル予定リストに入れます。
応援☆☆☆

| you太郎 | 2008/09/19 11:13 | URL | ≫ EDIT

you太郎さんへ

是非見てくださいな。おもしろいですよ~。
足にマシンガンなので、歩き方も特徴的で、それがまた滑稽なんです。
マシンガン刺す前は、棒を刺してるし(笑)
お馬鹿な展開に笑えますので!

| とら次郎 | 2008/09/21 01:01 | URL | ≫ EDIT

この映画気になりますね~
たまには何も考えず観ているだけで楽しめそうなこういった映画が観てみたくなります^^
今度借りてみますね!

ちなみに「ミスト」がすごく観たいんですけど、とら次郎さんのネタばれレビューがこわくて拝見できないでいます(笑)

| ゆっけ♪ | 2009/02/27 19:49 | URL |

ゆっけ♪さん

素直に面白いですよ。
バカのりです。
気楽に映画を観たいときにはお勧めです。

『ミスト』は大丈夫ですよ。
レビュー読んでしまったらなおさら衝撃度は薄れますから。
見て損はない映画かと思います。

| とら次郎 | 2009/02/27 22:25 | URL | ≫ EDIT

なんの予備知識もなく観たのですが、
正直詰まらなかったです。

B級路線でふざけるのは良しとしますが
ストーリーに芯がなく、ただ観せられた感しか
残りませんでした。

そもそもストーリーを楽しむ作品ではないのかも
知れませんが…。

とにかく万人向けでないかも知れません。
少なくとも私には理解不能な作品でした。

| no name | 2011/03/24 16:49 | URL | ≫ EDIT

ロバート・ロドリゲスの作品(特にこの作品)は、好き嫌いが分かれるでしょうから、つまらなかったという意見の方も多々いらっしゃるかと思います。

恐らく監督も、グラインドハウス映画をイメージした作品につき、ストーリーというよりアクションシーンやおふざけに力を入れていると思われますし。

それを証拠に、レビューでも書いてますが、古きB級ホラーの名作2作品の名場面を取り込んでいますので、その手のマニア向けで作っているでしょう。

タランティーノのそうですが、好きな人に認められれば良いという監督なのでしょう。

| とら | 2011/03/24 20:57 | URL | ≫ EDIT

B級好きのツボを良く分かってるw

過激なグロ描写、セクシーなチャンネー、セクシーなビッチ、濃過ぎるキャラと台詞、無理な展開過ぎるストーリー、タラの暴走、無駄に大物起用、ホラー映画へのオマージュ、そしてサビーニw 二人の相乗効果はすごいものを感じます。他のB級ホラーは『ただただフザけてる』だけですが、これは『100%本気でフザけてる』いい見本ですねw 

| りとら | 2011/05/08 02:36 | URL |

りとらさん

これぞ、ロバート・ロドリゲスの映画という感じでしょうか。
B級好きにはたまらない映像目白押しですが、そうでない人には、耐えれない内容でしょうね。

真面目に、フザケル!
これこそ、B級の鏡!

| とら | 2011/05/09 20:19 | URL | ≫ EDIT

ロドちゃんの勝ち

アメリカではタランティーノのデスプルーフとINグラインドハウスという名目で同時上映だったらしいですが、作品としてはこちらの圧勝ですね。(あくまで個人的見解です)

実はマチェーテのフェイクトレイラー目当てで、本編には全然期待してなかったのですが、これがメチャメチャ面白くて最高でした。

車に轢かれてあっさり死んじゃうファーギーにド肝を抜かれ、ブルース・ウィルスに「仕事選べよ(大爆笑)!」とツッコミ、デロデロのタラちゃんに抱腹絶倒し、XXXのフィルム消失にマジでガッカリしたりなど見所が多過ぎて書き切れません。

有り得ない展開をしっかりまとめてしまうロドちゃんの才能と、深いB級愛に酔いしれられる至高の一本でした。

ただし観る人を激しく選ぶ作品でもあるので、万人向けではないですけどね。(笑)

個人的には超大好物ですが。

マチェーテとセットで観れば、面白さ大幅増量なのでお勧めします。
ニセの予告編なんて現時点ではこれしか知りません。

| モッさん | 2011/12/15 22:15 | URL |

モッさんさん

私も、こちらの作品の方が圧倒的に好きですね。
『デスプルーフ』は、見所までがだらけすぎて、少し退屈しました。

こちらは、B級ファンのツボを抑えまくりで、面白さ満点でしたね。
おいおい!って思わず突っ込みたくなるシーン目白押しですし。

この作品が合ってこそ、『マチェーテ』の面白さも生きていると思います。

こういう作品は、もっと作って欲しいですね~。

| とら | 2011/12/16 22:28 | URL | ≫ EDIT

ロドちゃんジュニア

中古で特典ディスク付き2枚組が売ってたので、迷わずゲットして2回目の鑑賞となりました。
 
マチェーテの偽予告編も含めやはり面白いですね(見所は前回のモッさん時のコメと同じ、あとファーギーが死んだのは車に轢かれたのではなくて、ゾンビに喰われたんですね。一体何をどう間違ったんだ?)そして特典ディスクのメイキングを観て目を疑いました。

メインキャスト
チェリー・ダーリン/ローズ・マッゴーワン(岡本麻弥)
エル・レイ/フレディ・ロドリゲス(中井和哉)
ダコタ・マックグロウ・ブロック/マーリー・シェルトン(玉川紗己子)
トニー・ブロック(ダコタの息子)/レベル・ロドリゲス(吹替表記なし)

トニーを演じたレベル・ロドリゲス(当時6才)はロバート・ロドリゲス監督の実の息子だったのです、これには物凄く驚きましたし、レベルの演技のレベルの高さ(ダジャレかよ!)にさすがロドちゃんの子だ!と深く感心しました。
フレディ・ロドリゲスは親戚なんですかね?ちなみに彼は本作が初のアクション作品だそうで、格闘、銃の扱いなど相当なトレーニングをして撮影に臨んだそうです。
病院でのゾンビ切り裂きまくりシーンは、全てフレディ本人がスタントをしてます。
元々ダンサーだったので、あれだけ激しく動けたと本人が語ってましたよ。

ロドちゃんジュニアは本格的に俳優の道を歩むのでしょうか?
今後に注目しましょう。

あとマーリー・シェルトンに注射されたいと、心底思うオレは変態でしょうか?
変態でもいい、黄色と青と赤の3つをセクシーに打ってくれ!(バカ)

| マローダー | 2012/02/28 20:17 | URL |

マローダーさん

ロドちゃんジュニアはどうなんでしょうね~。
他、何かでてるでしょうか?

お注射されたいなら、『ゾンゲリア』いっときましょー!

| とら | 2012/02/29 22:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/57-60bd67b5

TRACKBACK

プラネット・テラー イン グラインドハウス Planet Terror (2007年)

「デス・プルーフ」と来たら・・・ やっぱり次は「プラネット・テラー」でしょうw ご飯が出たら味噌汁が出るが如く、 ハンバーガーにポテトが付いてくるが如く、 神田うのに美川憲一が付いてくるが如く、...

| RETRAの奇妙な映画館 | 2011/05/08 02:27 |

プラネット・テラーinグラインドハウス

【Robert Rodriguez's Planet Terror】R-152007/09/22公開(09/22鑑賞)製作国:アメリカ監督・製作・脚本・撮影・編集・音楽:ロバート・ロドリゲス出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン、マーリー・シェルトン、

| 映画鑑賞★日記・・・ | 2010/11/24 10:58 |

プラネット・テラー in グラインドハウス

先日見た2本立て「グライドハウス U.S.Aバージョン」の、単独上映版。

| I am invincible ! | 2010/11/23 09:03 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT