PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LOFT

『LOFT』

【製作年度】2006年
【製作国】日本
【監督】黒沢清
【出演】中谷美紀/豊川悦司/西島秀俊/安達祐実/鈴木砂羽/加藤晴彦



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
将来を嘱望されている女性作家・春名礼子はスランプに陥り、担当編集者・木島の勧めで、東京郊外の緑に囲まれた洋館に引っ越しをする。やがて彼女は、大学教授の吉岡が向かいの建物にミイラ化した1000年前の女性を極秘に保管していることを知るのだったが…。

【感想】
出演者がいいので、観たというところですが、率直な意見としては、内容が難しい。

いまいち、“ミイラ”と安達祐実演じる幽霊との関連性が分らないんですよね。結局この2つの霊の関連性はなかったのでしょうか?

それに、妙に納得できないことも多い。なぜ中谷美紀は泥を吐いたの?この件全然解明されてないし、よくあんなところに女性一人で住もうと思ったのかも不可解。なんといっても平気でミイラを預かる気がしれません。しかも置き場所は仕事場兼寝室のメインな部屋。せめて、押入れとかに置かない!?そして、LOFTという題名は何とつながっているの???

ドキドキする場面はありましたが、怖さとしてはいまいちでしたね。全体的に暗いイメージとDVDに録音された音声が聞きにくいので、内容把握に一生懸命で、怖い感情が飛んでしまいました。ミイラが動くシーンや最後の死体引き上げシーンなんかも、なんだかつくりものっぽい感じが興ざめでしたし。

ただ、安達裕実の幽霊がふと後ろにたたずんでいるところなんかは、日本独特の幽霊の見せ方の怖さですね。驚かすわけでもなく、ただ居るだけ。まさしく背筋が凍る!

結局、この映画は出演者に救われたんじゃぁないでしょうか?中谷美紀が主演じゃなければ見なかったですし。いまいち理解できていないですが、ちょっともう一回は見たくないなぁっと思う作品ですね。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング .
関連記事

| 幽霊、怨念 | 01:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
黒沢監督の作品は、意味ありげでよくわからないアイテムが点在していますし、どこか幻想的に撮ってたりもするので、観ていてちょっと混乱しますよね。でもこれが結構恐怖にガッチリ結び付いたりするので止められないという(笑)。
特に幽霊ネタの演出はズバ抜けていると思います。
ただ最近観た「叫」では、ちょっと鼻に付くようになってしまいました。何が悪かったのかなあ。「LOFT」はこの前になるのですね。うーん、とら次郎様の言ってることがわかってきましたよ・・・(笑;)。

ガツンと応援いきます♪凸

| umetraman | 2008/10/07 00:18 | URL | ≫ EDIT

v-275確かに出演者は豪華ですよね。
ただあまり内容に納得いかない点があったんですね。
映画は、伏線がつながったり謎が解決したりするとスッキリしますが、謎が謎のままおわったりあまりにも矛盾があったりするとストレスたまります。
やはりどうせ見るならストレス解消させて欲しいですね。
応援☆☆☆

| you太郎 | 2008/10/07 11:04 | URL | ≫ EDIT

☆umetramanさん
黒澤監督作品は、あんまり好きじゃないんですよねぇ。
奥深いようで、理解するのがいまいち難しかったりするんで。
「叫」はまだ観ていないですね。鼻につくってどんな感じなんだろ?興味がありますね。でも、いまいちって事ですかね?

☆you太郎さん
あまりどころか、かなり内容には納得いっていないです。
しかも最初に持っていた映画のイメージと全然違ったりしました。ミイラでもっと押すのかなと。でも、結局幽霊だし。
安達祐実ががんばってましたよ~!意外と幽霊役もいけそうです。それなりに怖かったですし。

| とら次郎 | 2008/10/08 00:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/64-6e8499f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。