PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パンズ・ラビリンス

『パンズ・ラビリンス』
 PAN'S LABYRINTH

【製作年度】2006年
【製作国】スペイン/メキシコ/アメリカ
【監督】ギレルモ・デル・トロ
【出演】セルジ・ロペス/イバナ・バケロ/アリアドナ・ヒル/マリベル・ヴェルドゥ/ダグ・ジョーンズ/マリベル・ベルドゥ



【イントロダクション】
再婚した母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮をとる冷酷な義父のもとへとやって来た空想好きの少女は、やがて残酷な現実世界から逃避し森の中の不思議な迷宮へと迷い込んでいくが…。

【感想】
ジャンルはファンタジーです。ジャケット写真のかわいらしいこと。妖精まで飛んでます。
でも、子供には絶対観せてはいけません。この映画ダークです。残酷でグロイんです。

さすが、“アカデミー賞3部門受賞”しただけはあります。
人間の世界に迷い込んだ、お姫様が自分の世界に戻るための3つの試練を乗り越えるファンタジー要素と、スペイン内戦の残酷な現実とを見事に融合し、観る者を深く入り込ませます。戦争をテーマにした映画は色々ありますが、ファンタジーな世界観を通し少女の目線から捕らえたこの作品は、今までになかった新しい形ですね。

巨大蛙、手のひら目玉怪人、人間めいた奇妙な根菜と登場するキャラクターがまた気持ち悪いこと。特に、手のひら目玉怪人あれ何???お皿に乗った目玉をてっきり、顔のくぼみに入れると思ったら、なんで手なの!?その容姿、歩き方が気持ち悪いこと。あんなんに追いかけられたら、生きた心地しないですよね。

少女オフィリアに試練を与える、パンですが、これまた怖い。てっきり私はオフィリアは悪い悪魔にだまされていると思い続けていました。どうみても、あの顔は悪者側でしょ?

ただ、一番怖いのは人間でした。どんな気持ち悪い怪人達より、大尉らによる残虐描写は生々しいほどに現実的で、目を覆いたくなります。拷問ってホント嫌ですね・・・。やっぱり人間が一番残酷で怖い存在なんですよね。

オフィリアの母親は義父にいい姿を見せるために必死で、彼女の気持ちなんか考えてくれず、義父からも嫌われ、そして、課せられた3つの課題も無理難題を極めるもの。でも彼女は幼いのにもかかわらず立ち向かって行きます。お姫様になるという夢のために!

少女の目線から見た世界が現実なのか空想の世界なのか、最後の終わり方がハッピーエンドなのかバットエンドなのか観る人の感性に委ねられます。

他の人のレビューを見ても、色々な意見がありますね。それほど、この映画が考えされられるものがあったのでしょう。

ダークファンタジーあなたにはどう見えますか!?

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング .
関連記事

| SF、エイリアン | 22:44 | comments:7 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

v-275ダークファンタジー。
意外と面白いですよね。
スノーホワイトとかブラザーズグリムとか。
(どちらも内容はイマイチだけど役者が良かっただけという気もしますが・・・)
そういえば一時、「本当は怖いグリム童話」とかの本も流行りました。
ただ、こういう子供が主人公のものだと、バッドエンドだった場合かなりヘコむので観るのを躊躇してしまいます。
最近「ミスト」を見て、途中まですごく楽しんでいたのに、そのオチにはかなりブルーになったので・・・。
応援☆☆☆

| you太郎 | 2008/11/06 10:55 | URL | ≫ EDIT

こんにちわです。
いやぁ、茶栗鼠はこの映画が好きですね。戦争要素のあるファンタジーっていうのが斬新でたまりません。
オフェリア役の子も演技力があって、ストーリー展開も衣服を汚すぐらいしか予想できなくて。
最後のあれは、ずるい逃げ方でありながらも、哀しい終り方でありあながらも、大好きですね。

アカデミー賞の視覚部門でしたよね。確か。
製作サイドはファミリーものと思って観た親子連れが嫌がっても、両手を上げて喜んだでしょうネェ(スペイン映画にしては稼いでいたみたいでしたし)
 トラバしておきますね^^

| 茶栗鼠 | 2008/11/06 22:47 | URL |

☆you太郎さん
ありましたねぇ、本当は怖いグリム童話。一時はやりました。
ファンタジーだからこそあらわせる怖さってのもありますよね。
あ、ミストまだ見ていないんです!皆さん最後は・・・な発言していますね。ちかじか見ますので、これ以上言わないでぇ~!!!

☆茶栗鼠さん
面白かったですよね。
ファンタジーと、内戦の様子がうまく融合して、表現されています。
子役も見事な演技で、引き込まれますね。
最後は、どっちつかずで悩ませる終わり方。

ファンタジーは苦手ですが、こういうファンタジーなら、もっと見てみたいですね。

| とら次郎 | 2008/11/08 21:38 | URL | ≫ EDIT

私が観てない映画が多いので、ココに...。

私は『子供にも観せてみろ』つーレビューを書いてしまいました、たはは(汗)
私が子供だった頃、結構、残酷な物語が好きだったから...(汗)
悲しいハッピーエンドだった、と思います。
この映画、凄く好き!
この監督で、今度『ヘルボーイ』をやりますね。
同じテイストのモンスターが出そうで、わくわくデス。

TB、させてください。応援ぽちv-237
あ、めちゃカッコいいテンプレートですね!


| あん | 2008/11/18 22:47 | URL |

あんさん

はは、小さい子供がこれみたらなんて思うでしょうかね。
ファンタジー要素の方が大丈夫ですが、大尉の方はちょっとまずいかも。
顔を棒でつぶれるまでぶったたいたり、ひどい拷問ですからねぇ。

へぇ~、『ヘルボーイ』やるんですか!
それは楽しみです!

あ、明日レッドクリフ観にいきます。
ただ、このBLOG怖い専門にしちゃったから、レビュー書くかどうか迷い中。

テンプレートは、この人のデザインが好きで、ちょくちょくテンプレ変えていますが、今までの全部同じ人が作ったテンプレです。
でも、もう共有におかれていないので、もう取れないみたいです。最近消しちゃったみたいです。
もっと作って欲しかった。残念。

| とら次郎 | 2008/11/18 23:48 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
見ました。やっと今頃(笑)
綺麗でグロくて面白かったですねぇ。

ただ、自分の子供達と同年代の子が出演していると、幸せな映画はより幸せに、悲しい映画はより悲しくなってしまいますね。
そんな意味ではラスト無性に切なくなりましたが、それでも「これはハッピーエンドなんだな」と思えるような見事な映画だったと思います。

今年最後の書き込みになると思います。
この1年間も色々なレビューありがとうございました。
また来年も参考にさせて頂きます。
良いお年を。

| しもうま | 2014/12/26 13:18 | URL |

しもうまさん

観ていなかったんですね~。

グロイファンタジーという、新ジャンルを切り開いた作品で、ギレルモ・デル・トロ監督を有名にした映画ですね。
展開が読めなくてなんだか、ドキドキしながら見た記憶が。

子供がメインなので、ハラハラドキドキもしますね。
私も同年代の子供が居ますので、熱が入ってみましたよ。
観るものに考えさせるラストも良かったですね。

あ、こちらこそありがとうございます。
また来年も色々ホラー話をしましょう!
良いお年を!

| とら | 2014/12/28 22:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/75-36ff80bf

TRACKBACK

パンズ・ラビリンス

いい歳をして、まだそんな本を読んでいるオトナや、トラウマになろうとも、やっぱりコドモにも観てほしいエグいファンタジー。 少女オフェリ...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/11/18 22:49 |

蒼き賞 『パンズ・ラビリンス』

   以下、愚痴です。    聞きたくないなら、下の記事をどうぞ。      はぁ~~~~~凹  てかさ、絶対にケータイ小説的なもの...

| 茶栗鼠の映画評論 | 2008/11/06 22:47 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT