PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スリザー

『スリザー』
 SLITHER

【製作年度】2006年
【製作国】アメリカ
【監督】ジェイムズ・ガン
【出演】ネイサン・フィリオン/エリザベス・バンクス/マイケル・ルーカー/グレッグ・ヘンリー/ブレンダ・ジェームズ



【イントロダクション】
アメリカ南西部の静かで平和な田舎町。ある時、森の中に隕石と一緒に謎の生命体が飛来する。やがてそれは、偶然居合わせたグラントとブレンダの体内への侵入に成功、その中で大増殖し、やがて無数のナメクジ状生命体(スリザー)となった溢れ出し、人々を次々と襲い始めるのだった…。

【感想】
ホラー映画の観たいところ全部詰め込んだような映画ですが、欲張りすぎてまとまりがない。コメディー要素も含まれているようだが、全然笑えないし・・・。やりすぎた感が否めないですね。

怪物も何でそんな形やねん!って突っ込みたくなるような奇妙な形でびちびちょ感もたっぷり。急にゾンビ化したりと、とにかくハチャメチャし過ぎ!同様のハチャメチャエイリアン映画『フィースト』を思い出しましたが、『フィースト』の方が、まだ面白かったなと。話の内容は、『遊星からの物体X』に近いかな?

ナメクジちゃん大量発生は、圧巻でしたね。口をふさげば、体内に侵略されないってのは笑えたが、みんなキャーキャー言って、口に入られる気満々だもん。容赦なく子供にも侵略して、汚染された子供の演技が怖いこと怖いこと。それに対して、ナメクジちゃんの動きはかわいいことかわいいこと(笑)

そして、娘(名前忘れた)が襲われるシーンでは、しっかり入浴シーンありまして、でかしたナメクジちゃん!と褒めてあげたいです! ←どうしょうも無いおバカ発言。どうしょうもないおバカ映画だからいいか!?

面白くなくはないですが、全体的な質が低く、私はあまり納得できない作品でしたね。
それにしても、最後のガスボンベ都合よくありすぎ!

監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』の脚本を書いた人。ドーンもかなり微妙な映画でしたが・・・。今後この監督、へんてこりんなB級映画を期待できそう。

【満足度】
★2つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| モンスター | 01:03 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんにちは^^

そっかぁ・・とら次郎さんは余りお気に召さなかったですかぁ・・><
うーん・・なんかヘンなテンションでお薦めしまくった自分がお恥ずかしいi-229

盛り込みすぎな部分もやりすぎな部分も、作り手の情熱や勢いが感じられて、私は大好きでした。
縦割りシーンも豪快でよかったですしねぇ♪

でもこうして、色んな感想が楽しめるところがブログのいいところですよねぇ。
反応がみんな一緒だと、作り手さんもつまらないでしょうしね^^
また覗かせて頂きまーす♪

| アガサ | 2008/11/11 11:34 | URL |

アガサさんへ

あ、感想正反対でした?
どれどれ、観にいきます。
そちらに返事はまとめて書きます!

| とら次郎 | 2008/11/11 22:51 | URL | ≫ EDIT

こんにちわぁ。
低予算なりに奮闘されてたと思います。
この映画なら、もうすこし銃撃が欲しかったところです。

縦割りはしっかりとできていて印象はよかったです。
お決まりのご都合主義もなかったですし。
もうちょっとコメディ要素があれば、独特の雰囲気が出せたかもしれないですねぇ。
 あ、トラバックしておきました^^

| 茶栗鼠 | 2008/11/12 16:57 | URL |

こんばんは!

あらら、スリザーだめだったみたいですね(笑;)。
これ結構ハマってしまいました。80年代の手作り感漂うSFホラーだったので楽しんでしまいました。意外やあの奥さんが潔い行動するところがストライクでしたね。
入浴シーンのナメクジに同化したい!と思ったの自分だけ??(笑)
なんともレトロ感漂う作品でした。

ガツンと応援いきますよー♪凸

| umetraman | 2008/11/13 21:48 | URL | ≫ EDIT

☆茶栗鼠さん
☆umetramanさん
アガサさんところにも書きましたが、色々見せたいがために話の展開が強引なとこが見れたんですよね。

奥さんに夜の営み断られたら、妹登場かよ!だったり、その妹のあの姿からナメクジちゃんもどうしたらそうなるの?とか、一家の娘を助けた後、その娘から『あの人のこと好きでしょ?』って、あんたさっき会ったばかりで何が分かるんじゃい!とか、最後のガスボンベなんかプールになんであるの???で、色々しらけちゃいました。

そして、モンスターものとゾンビを一緒にしたのも納得いかんのです。ゾンビ好きにとっては、軽々しくゾンビっぽくするんじゃない!ってね。ゾンビを出せばいいって思っていないか?ってね。

なんか、ハッチャケをやるにも、もうすこし理にかなってほしかったなぁって。

まぁ、でも面白くはないんですよ。なんだか納得いかないというか。

80年代風なのも確かなのですが、その時代ならでわの、繊細さかつ芸術的な手作り感はなく思えるのです。

まぁ、感想色々ですよね!

| とら次郎 | 2008/11/13 22:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/77-b636bcce

TRACKBACK

スリザー

日本ホラー小説大賞に応募して、なんか眺めやるとこもないので、何もしなかったのですが。  人間はなにかしないとだめですね。   勢力的...

| 茶栗鼠の映画評論 | 2008/11/11 22:15 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT