PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レッドクリフ Part1

『レッドクリフ Part1』
 RED CLIFF Part1

【製作年度】2008年
【製作国】中国/香港/日本
【監督】ジョン・ウー
【出演】トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー



【イントロダクション】
はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明と周瑜はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだった…。

【感想】 
感激ィ~!!!

私は、三国志大好き人間。
横山光輝の漫画に初め、NHK人形劇、小説、DVD、ゲームと三国志に関係するものは一通り見てきました。なんたって、男のロマンじゃぁ~ないですか!

今まで、いつかこういう本格的なの三国志映画を作ってくれないかなぁって思っていたのですが、現実に!それも予想以上の超大作じゃぁないですか。“制作費100億”でしょ?

ストーリーは歴史上のものなので説明する必要性ないと思いますので、映画での登場人物の感想を書きたいと思います!

[劉備]
結構間抜けに描かれてるのね。でもこの人を慕って集まった仲間がどれほど居たか。人徳にじみ出てましたが、もう少しオーラを出してあげてもよかったんじゃ・・・。

[孔明]
金城武でしたが、意外にも適役でした。この人はどんな役でもこなしちゃうんですね。冷静かつ、ニヤって笑ったりするところがニクイ!Part2では、大活躍するはずですから引き続き演技に期待です。

[趙雲]
きゃ~、いきなり阿斗救出劇かっちょえぇ~。でも結構美男子を予想してましたが、少し期待はずれではありました。その分マイナスにしてもシブイ!しかし、この時助けた阿斗が蜀を滅ぼすとは夢にも思わなかったでしょう・・・。なんでも阿斗から阿呆ができたという噂も。

[関羽]
豪傑ここにあり!自慢のお髭も抱えて、イメージどおりだったなぁ。強いのなんのって。冒頭の長坂の戦いで、曹操軍に1人取り残されたが、劉備軍の旗を奪い去っていくシーンは見事!しかし、自分の刀投げすぎじゃない?

[張飛]
ちゃんと、お笑いキャラとしても確立されていました!でも強い。武器を持たずに突進はやりすぎじゃない?ボテボテ走ってましたね。大酒飲みってところが描かれても良かったかな。

[孫権]
偉大なる父兄の存在の重圧、蜀につくか魏につくかの決断の苦悩が痛いほど伝わりましたね。でも、教えてあげたい、孫家3君主のなかであなたが一番偉大だったんですよ!って。

[周瑜]
トニー・レオンが演じていましたが、はっきりいって最初見たとき、合わないって感じました。もっと美男子だろ!ってね。でも映画を見ていくと彼の演技にどんどん引き込まれ、最後には彼だからこそ演じきれたっと思えるくらい。

[小喬]
いやぁ~、色っぽい!綺麗な人使いましたね。こりゃ~お姉さんの大喬も見てみたい。出てこないかな?

[尚香]
ヴィッキー・チャオ結構ファンなんですよ。なので出てきてとてもうれしかった。役柄も強い女でしたがとっても合っていましたね。この映画で、尚香の株が上がっちゃっいました。Part2では、劉備との恋がどう描かれるかが見もの。

[甘興]
誰だ!?甘寧なのか?って思いながらみましたが、後でネットで調べるとやはり架空人物みたいですね。モデルは甘寧。架空人物を入れたということは、Part2では死にキャラ?やっぱりお涙頂戴的な部分も必要ですから。つか、なんで中村獅童じゃい!

[曹操]
一番イメージ違った。もっとかっちょえぇ~はずでしょ!あれじゃぁただの悪役エロオヤジじゃないか。これは曹操に対して失礼だなぁ。Part2ではもうちょっとかっちょいいところを見せてください!

[甄姫]
私の中では、とっても綺麗なイメージだったのですが映画では小喬の圧勝。曹操から小喬の代役にさせられているところがかわいそうですね。この人も映画では架空ですね。たしか、曹操じゃなくて曹否の奥さんだもんね。

以上、登場人物の感想ですが、一言!
魏の武将がしょぼすぎる。夏侯惇、張遼、許チョ(←漢字が出ない)とかはどうしたの?映画的にも、趙雲や関羽と互角に戦える武将が居ないとつまらないでしょうに。曹操の扱いといい、魏が好きな私としてはそこだけが不満かな。

でも、三国志が映像化されただけで私にとっては大満足なのです!間違いなく満点!
赤壁の戦いだけじゃなく、曹操主役で官渡の戦い、赤壁では味方同士だった蜀VS呉の夷陵の戦い、孔明VS司馬懿の知略合戦の五丈原の戦いなんてのも映画化されたらサイコーなのになぁ。

【満足度】
★5つ

【関連記事】
レッドクリフ Part2

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| こわくない映画 | 00:23 | comments:9 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

男のロマンでしょうね~。三国志の小説を読むと、男臭いですもの。
『天下制覇』のために戦う英雄たち、男の夢ですよね。

映像で英雄たちを見ると、テンションあがりますよね。
趙雲と周瑜は、できれば美男を使ってほしかったけど(笑)
トニーレオンの演技力は、必要だったなぁ~と思います。
イメージは違うけど。
趙雲の役の俳優さん、美味しい役でしたね~。

魏の武将にも気を使ってなかったけど、劉備も地味~でした。
関羽や張飛や趙雲や孔明が、彼を慕って集まってきた、というオーラが感じられなかったですね(苦笑)

赤壁の戦いが見られる『Part2』が待ち遠しいです。

| あん | 2008/11/22 21:51 | URL |

あんさん

三国志好きな男はおおいでしょうねぇ~。
また、ゲーム会社のコーエーが拍車を掛けてますね。

いや~、みんなすごいできで興奮しました。
趙雲、周瑜はかっこよすぎですよね。
トニーレオンは、ほんと演技派でしたね。最初あんなに合わないとおもっていたのに、最後はトニーレオンだからあの周瑜が演じれたと思えました。

劉備はPart2では、尚香との恋愛があるので少しは見せ場があるのでしょうか?

Part2は来年4月くらいでしたっけ?
公開したら、そっこうで観にいきます!!!

| とら次郎 | 2008/11/23 22:12 | URL | ≫ EDIT

カッコイイでしたね。

小喬の人、きれいでしたね~。スーパーモデルだそうです。でもいつも口が半開きで、下唇の内側が渇きそうだなぁって思いながら観てました。いや、いいんですけど。

あと、中村さんは勿論、トニー・レオンと金城さんも中国語声優さんの吹替えとのこと。金城さんは日本語だといつも棒読みなのが謎でしたが、中国語のときはいつも声優が吹替えてるのかーとちょっと納得した次第。

| P | 2008/11/27 00:23 | URL |

v-275満足度☆5!!!
相当ハマッたんでしょうね。
そもそもホラーじゃないのにここで紹介されていると言う事に気合を感じます。
続編が楽しみですね!
三国志といえば横山光輝先生の漫画を友人から借りて読んだことがあります。
(キャラの顔が同じなので登場人物がわからなくなって、何度も前に戻って確認しながら・・・)
まさに一大ロマン大作。三国志ファンが多いのはうなずけます。
映画で、しかも今回のような大作となると迫力も桁違いでしょうね!
是非劇場で見てみたいものです。
応援☆☆☆

| you太郎 | 2008/11/27 12:50 | URL | ≫ EDIT

☆Pさん
へぇ~、スパーモデルなんですか。見た事ない人だとは思っていましたが。口半開きでした?(笑)

ぇえ!吹き替えだったんですか?まったく気にならなかったです。今の吹き替え技術はすごいなぁ。さすがに、中村獅童はなんであんなに中国語がうまいの?って思っていました。

☆you太郎さん
はっきりいいます。この★5つは、ストーリーとか関係ありません。三国志が映像化されただけで、私にはもう大満足なんです。完全に個人趣味の採点です(笑)

私は先にゲームから入って、横山光輝の漫画をみたんで、すでに武将のイメージが頭に入っていたので、大丈夫でしたね。確かに思えば同じ顔だ。

是非映画館で観てください。Videoだと迫力が伝わらないと思いますよ。

ちなみに、この映画のレビューかくために、こわくない映画というカテゴリー作ってしまった・・・。

| とら次郎 | 2008/11/27 22:54 | URL | ≫ EDIT

うまくできてました。

はじめまして。
私も感激でした。
小説(吉川版)と漫画(横山版)だけしか読んでませんけど。
正直、これほど面白い映画と思ってませんでした。
劉備軍の豪傑の出番、作ってくれてるところが、
ジョン・ウー監督、よくわかってるって思いました。
ストーリーに陸上戦を入れてくれてるし。
ただ、関羽と曹操の関係の部分は、周瑜と小喬をもっと削って、
もう少し入れて欲しいところです。
世界中で大ヒットしたら、再び新三国志が作られるかもしれませんね。

| kino | 2008/12/08 22:57 | URL |

kinoさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!

ホント良く出来ていましたよね。
戦いなどは、万人受けするように、面白く迫力ある作りでよかったですね。
出だしいきなり、大迫力の劉備武将の活躍でしたから、もぅすぐに心をわしづかみされました。

関羽と曹操の関係は私も思いました。
冒頭で、関羽が取り残されたときに、もうちょっと深入りしてくれるかと思ったのですが、あっけなく関羽が去っていきましたもんね。

ひとまず、Part2が楽しみですね。
いよいよ、赤壁の戦い本番ですから!

| とら次郎 | 2008/12/09 22:42 | URL | ≫ EDIT

見ました

三国志好きの私には超嬉しい作品。
感想はとら次郎さんとほぼ同じです。でも関羽や張飛はもっと馬に乗っていそうなイメージなのですが、演技との関係でしょうか?「甘興?誰それ??」と思っていたけど、やはり甘寧モデルの次回死に役なのですね・・。
いずれにしてもPart2が楽しみですね。
金がかかっているだけにヘタなホラーより迫力があり、戦争映画としてはピカ一でした。

| Kazu | 2009/03/29 08:09 | URL |

Kazuさん

三国志ファンには、たまらない作品でしたね。
私は映画館で観たので、大迫力でした。
続編もはやく上映しないかと楽しみに待っています。

甘興が死ぬかどうかは不明ですよ。
単なる私の予想です。
でも、戦いの中死んでいくお涙シーンも映画には必要かと。

| とら次郎 | 2009/03/29 20:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/82-522b5b16

TRACKBACK

レッドクリフ Part I

趙雲が君主の子を抱き、敵陣をたった一騎で駆け抜けるところからなので、 おー、と、いれこんで観てしまいました。 ちょっと中盤、ラブシ...

| 映画通信みるみる | 2008/12/10 00:58 |

レッドクリフ part? 【史実とも 演義とも違う ジョン・ウー版】

『レッドクリフ part?』 赤壁 2008年・アメリカ=中国=日本=台湾=韓国 西暦208年の中国を舞台とした三国志モノ映画。 ジョン・ウー!映像がと...

| 猫の毛玉 映画館 | 2008/11/27 00:04 |

レッドクリフ

張飛の虎ひげや逆立つ眉毛や、関羽の美髭を見ると、嬉しくなるけれど...。 孔明役の金城武が、案外良くてビックリ!この人の映画や演技と...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/11/22 21:53 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。