PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツイてない男

『ツイてない男』
 BITCHED

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】キット・ライアン
【出演】スティーヴン・ドーフ/ジェイミー・フォアマン/ショーン・パートウィー/ジェフ・ベル/ジェイミー・マーレイ



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
スティーブン・ドーフ主演によるブラックユーモア満載のホラー。盗みのプロであるリッチーは、モスクワのマフィアが保有する黄金の十字架を奪うよう依頼を受ける。だが任務遂行中に仲間のひとりが殺人を犯してしまい…。

【感想】 
これ、一応ホラーです。しかもスプラッターものです。
完全に、日本語タイトルとジャケット写真では想像できませんねぇ。

出だしは、完全にツイていない盗人のユーモアを効かせたお話が続きます。あれ?借りるの間違ったかな???って思っていると、ちょっとづつ怪しい雰囲気に変貌。

いきなり、青年の“首チョンパ” から始まります。そこからは、一気に加速し、顔の皮展示しているは、内臓ぐちゃどろだわ、胴体チョンパの切り株ありだわ血だらけだわで、怒涛のグロシーンが展開されます。

んで、肝心のストーリーですが、盗人リッチー達は十字架を強奪したビル最上階から逃げている途中、エレベータがある階で止まってしまう。その階には、ある殺人者がいて、リッチーを含め一緒にエレベーターに同乗していた人々を容赦なく襲ってくるという設定。止まった階は殺戮を繰り広げるためだけの場所であったという無理くりな設定であります。

ブラックユーモアも売りとのことでしたが、お笑い度は中途半端。まったく笑えません。ジャケット写真からみてもお笑いの方を表に出したかったようですが、完全に失敗ですね。もっとグロの方を表に出した方が、観る人も多いんじゃないかと。ちなみに、ジャケット写真の男は主人公でも何でももありません。完全にやられキャラの冴えない男です。

そしてなぜか、日本語タイトルはツイてないを押していますが、主人公リッチーはツイていないと思えないのですが・・・。最後大金と美女を手に入れるんですから。むしろほかの登場人物の方がよっぽどついていない。

まぁ、観ても観なくてもどちらでもよいような映画ですが、それなりには楽しめますよ!
あ、ただグロいのNGの人にはお勧めできません!

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| スプラッター | 21:18 | comments:9 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

結構好きな映画

こんにちわ。
首ちょんぱは好きですねぇ。
コメディ要素で笑いづらかったのですが、メルヘンチックな音楽とともに、弟がクルクルまわりながら、殺しにかかるのは楽しかったです。
あと、女性副社長の服がじょじょに肌蹴ているのも面白かったです。
元軍人さんのファイトも好きですし。
B級なのに頑張らずに素ではっっちゃけてくれた感が好きです。

| 茶栗鼠 | 2008/12/06 23:41 | URL |

こんばんは!
お久しぶりです。

最近、この手のホラー映画観てないんですよ(笑;)。
スティーブン・ドーフ主演ということは、タダでは済まない
作品なんでしょうね。ドーフって普通でない作品にしか
出ないとか??
首チョンパに内臓グチャドロ、夢のエンタテイメントですね!

リンク張らせて頂きました。
問題あるようでしたらお知ら下さい。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

いつもありがとうございます♪
ガツンと応援いきますよ♪凸

| umetraman | 2008/12/07 17:18 | URL | ≫ EDIT

☆茶栗鼠さん
茶栗鼠さんのレビューみていたんですが、予想よりもグロさがありましたね。予想外でした。
B級具合がとてもよかったですね。
女副社長は、綺麗なのか綺麗じゃないのか分からない、綺麗さ(意味不明)でしたね(笑)

☆umetramanさん
いや~、変わった映画でした。
ドーフはかっこよかったですがね。
首ちょんぱいきなり始まり、あとは怒涛にグロのオンパレードでした。タイトルとジャケットで借りた人は痛い目にあうはず。

リンク全然かまいませんよ~。
うちも、勝手にリンクしていますし。

ぽちありがとうございます!

| とら次郎 | 2008/12/08 22:47 | URL | ≫ EDIT

v-275全然ホラーにみえないタイトル。
しかもグロだなんて思いもよらないパッケージ。
(それも主人公ではない男)
しかし中身は・・・・。
なんか少しづつはずしているところがかえって興味をそそります。まさしくB級の香りがぷんぷん。
なんか面白いかも・・・・。
なんておもってしまいましたが、首ちょんぱに内臓グチャドロというのにちょっとひるみました。
まあ勇気が出たら見てみます!
P,S, リンクしてもらっていましてありがとうございました!こちらでもリンクさせていただきました!
☆☆☆


| you太郎 | 2008/12/09 16:41 | URL | ≫ EDIT

you太郎さん

これ、おそらく茶栗鼠さんのブログで紹介がなかったら見ていなかったと思います。
完全に、ホラーからかけ離れていそうですから。

内容は、完全にグロ系でしたね。
これでもかって・・・。B級まっしぐらでした。
ちなみに、グロいだけで怖さとかはないですよ。低予算のせいか、けっこうちゃっちかったりしますので。

あ、リンクこちらこそどうもです!

| とら次郎 | 2008/12/09 22:47 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!

こんにちは。ここにたどり着いたいきさつは、「検索してはいけない言葉」を怖くて検索できないのに、それが気になるのはなんでだろう?と「こわいものみたさ」をYahoo検索してたどり着いた、という次第です。ホラーは「羊たちの沈黙」しか見ていません(見られません…)が、レクター博士のセクシーさにはまいっています。とら様のように、理性的に、しかも奥様と、ホラー鑑賞なさっている方もいらっしゃるんだと、なんだか感動しました。私も少しずつホラーの世界になじめるかなーと思いました。グロが気になっている息子と観られるものを探してみようかな…と考えています!ありがとうございました。

| ちー | 2009/05/29 14:11 | URL |

ちーさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
こういう、検索から訪問くださって、足跡残していただけると、大変うれしいです。ブログやっているかいがあるなぁって。

うちは、もっぱら嫁さんとホラー好き。
ただ、ジャンルが違って、嫁さんは日本の幽霊みたいなゾクゾクっとするものがすきなのですが、私はもっぱら、スプラッターやゾンビです。なんで、ゾンビ映画などは、嫁さんは観てくれないので一人で(汗)

息子さんはおいくつですか?
いきなり、グログロは厳しいかもしれませんので、例えばちょっとコメディーが入ったホラーなんてはどうでしょうか?
両方ゾンビになってしまいますが、『ゾンビーノ』とか『ショーン・オブ・ザ・デッド』などは笑えて面白いですよ。グロも多少あります。(両方ブログに感想書いています)

あとは、有名どころでは『シックス・センス』とか『SAW』(←あくまでも1作目のみ続編は観ない方がいいです)が無難に面白いですよ。観ています?

ホラー映画は、歴史的にも古く1930年くらいからスタートしました。
歴史あるので、是非、ちょっとでも足を踏み入れてみてください。

また、遊びに来てくださいね!

| とら次郎 | 2009/05/30 11:10 | URL | ≫ EDIT

 はじめまして。『ファイナル・デスティネーション』で検索した結果、このサイトに辿り着いた者です。前述のシリーズを含め、色々な映画の概要・感想を楽しく拝見させていただきました。

 自分はこの映画を『既に見た』人間ですが、こちらのサイトでの評価はあまり高くないみたいですね。

>>ブラックユーモアも売りとのことでしたが、お笑い度は中途半端。まったく笑えません。ジャケット写真からみてもお笑いの方を表に出したかったようですが、完全に失敗ですね。もっとグロの方を表に出した方が、観る人も多いんじゃないかと。

 血飛沫や内臓が飛び散るスプラッターな映画も好きですが、この映画に関してはコメディとして好きです。それだけに残念です。

| no name | 2012/05/15 19:34 | URL |

はじめまして。
コメントありがとうございます。

評価は人それぞれ好みがありますので、その辺はご了承ください。
とはいいましても、本文は辛口ですが満足度☆3つは普通のひょうかですので、決して面白くないとは思っていませんので。
☆1つとかも結構つけてたりしますので。

| とら | 2012/05/15 20:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/85-65546249

TRACKBACK

「ツイてない男」(原題『BOTCHED』)

 どうも。  映画、テレビドラマ好きの茶栗鼠です。  まったくこの頃、「LOST」の心理描写の意味が分かりません。人の行動が突飛で予想がつ...

| 茶栗鼠の映画評論 | 2008/12/06 23:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。