PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CURE

『CURE』

【製作年度】1997年
【製作国】日本
【監督】黒沢清
【出演】役所広司/萩原聖人/うじきつよし/中川安奈/洞口依子/戸田昌宏



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
奇妙な殺人事件が立て続けに発生していた。それぞれの事件の犯人につながりはないが、犠牲者の首から胸にかけてがX字型に切り裂かれていること、いずれの加害者も事件直後に犯行現場付近で逮捕されること、そして犯行の直前まで犯人に明確な殺意がなかったことが共通していた。やがて、一連の事件に関連のある人物として記憶喪失の放浪者、間宮が浮かび上がる。

【感想】 ネタバレ
やっぱり日本のこういった映画は怖いねぇ~。精神的に来ます。
そして、この映画黒沢清作品の中でも3本の指に入るくらいの出来ではないでしょうか?

とにかく、俳優人の演技がすばらしい!
役所広司はもちろんですが、萩原聖人の人を馬鹿にしたような精神患者の役が見事です。観る前は、全然期待していなかったのですが、はまり役でしたね。最後は、彼の存在がとっても怖く、下手な幽霊よりも怖いですよ。

『リング』でもそうですが、“催眠実験”の古い映像。この作品にも出てきますがとても不気味です。画質が悪い白黒映像に写っている人物、実験をしている様子は、怖いとしかいえません。こういった映像の見せ方は日本映画ならではですね。

“ラストシーンの意味”あなたはどうとらえました?
一般的な考え方は、役所広司が萩原聖人から力を伝道師として受け継いだというところでしょうか?やっぱりその線が妥当ですね。

でも、ネットを調べていると、意外性で面白くなるほど!って思わせた意見があったので、以下ちょっと紹介します。

荻原聖人のもとを訪れて、彼の術中にはまって自分の夫婦生活のことを激しく愚痴り始めてしまうあたりから、役所広司はすでに催眠にかかっていた。

妻が寝ているところへ包丁を持って行ったとき、彼はやはり妻を殺していた。それ以降の妻とのやりとりは、彼の“妄想”。そして、うじきつよしを殺したのも、役所広司です。彼自身、精神病棟に入れられており、ずっと妄想をしていたと。最後の萩原聖人とのやりとりもレストランのシーンも。

ということになれば、いろいろ不可解な件も解決します。
うじきつよしの死亡ですが、自殺なら片方の腕をつながれていたところに違和感がありますが、殺されたとしたら納得できます。妻がのどもを引き裂かれて死んでいる映像が一瞬流れますが、これもすでに殺されていたと考えれば納得。そして、萩原聖人が隔離病棟から逃げれたのも、役所が逃がしたとなると納得できます。

最後の、萩原聖人とのやりとりのシーンも不思議な場所でした。観ていてどこだ?っと思いませんでしたか?これも役所の妄想という意見です。

と言うように、最後のレストランシーンを観せられただけで、妙にすっきりしない終わり方になってしまい観た人を悩ませることに。でもそのおかげで、ネットなどで調べると様々な意見が聞けて、ある意味面白いですね。

【満足度】
★4つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| サスペンス、ミステリー | 01:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

黒沢さんの映画って…

当たり外れがありますよね(私だけ?)。
この作品と『降霊』はいいんですけど、『回路』と
『LOFT』は最後まで意味不明で私はダメでした~。
『降霊』は怖くて悲しい話でよくできてるな~と思ったら
ちゃんと原作があるようです(海外の知らない作家さんでした)。
よかったら見てみて下さい(すでに見てます?)。

| ユキまま | 2009/01/27 12:38 | URL | ≫ EDIT

ユキままさん

いや、当たり外れあると思いますよ~。
私も、『回路』と『LOFT』は全く面白く無かったです。
『降臨』は、見たことありませんねぇ~。
機会があれば、観たいと思います!
教えていただいてありがとうございます!

| とら次郎 | 2009/01/27 22:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/91-c33be3a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT