PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミスト

『ミスト』
 THE MIST

【製作年度】2007年
【製作国】アメリカ
【監督】フランク・ダラボン
【出演】トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/ウィリアム・サドラー/ジェフリー・デマン



【イントロダクション】 by TSUTAYA DISCAS
のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッドは湖の向こう岸に発生した異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。するとやはり、その濃い霧は間もなく買い物客でごった返すマーケットに迫り、ついには町全体を飲み込むように覆っていく。

【感想】 ネタバレ
最初に言っておきますが、これから観る人はレビューを観ないでくださいね。面白さ半減ですから。

私は、凹む映画ということは先に知ってしまっていたので、ラストは車のガソリンがなくなった地点で予想できてしまいました。が、予想はしたもののまさか子供までと疑いながら観ましたが、やっちまいやがった・・・。「ボクを怪物に殺させないで」確かに怪物には殺させてはないですが・・・。

スティーブン・キング作品ですが、原作はこんな悪趣味な終わり方ではないようです。なので監督の性格の悪さがうかがえますね。ほんと、悪趣味で意地悪だこと。

でも、私的に一番凹んだ部分はラストより、狂気と化した集団が、軍人個人の責任ではないのに、モンスターが現れたことを彼の責任として、モンスターの“いけにえ”にしてしまうところ。“宗教”が確立される瞬間を見てしまった感覚です。

得体の知れないモンスターにおびえる人々のよりどころは、神をあがめる一人のヒステリックで自己中心の狂った女性。しかし人々は、恐怖心で自分の平常心を失い、彼女を教祖としてあがめるのです。正直、この女性が銃で撃たれたときは、せいぜいしましたね。

モンスターものとしては、最初の触手のちゃっちさは逆に驚きましたが、終盤から出てくるモンスターはちゃんと作られており、CGも生かされてリアリティーあってよかったかな。

しかし、「早くせんかい!」ってイライラさせる部分が多くなかったですか?例えば、「車はやく出さんかい!」とか「突っ立てないで早く逃げんしゃい!」ってなところが多かった。薬屋にあの大人数で行った理由も不明。まぁ、やられキャラを作りたかったんでしょうがね。

冒頭で、家に残した子供を助けに行った母親を覚えています?なんと最後のシーンで彼女は無事子供を救い軍に救出されています。スーパーマーケットを同じく出て行ったディビッドの結末とあまりにも差が有りすぎる・・・。

賛否両論のラストですが、私は悪くは無いかなとは思いました。あと、数分遅ければみんな助かったのに・・・。

【満足度】
★3つ

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ アクセスランキング 人気ブログランキング
関連記事

| モンスター | 00:01 | comments:17 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

はじめまして、こんにちは

狂気と化した集団 が、リアルで
追い詰められた人間の心理が描写
されていて引き込まれました。

神をあがめる一人のヒステリック
で自己中心の狂った女性が、銃で
撃たれたときは、私もせいせいし
ました。

あの女優さんの演技に魅せられて
しまいました。すごぃ演技力?!。

この作品は、かなり心に残り衝撃
的でした。一番怖いの人間の心理
なのかな。。

| ふぉっくす | 2009/01/07 12:31 | URL |

お久しぶりです

お久しぶりです。
そして遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

『ミスト』はとても衝撃的でしたよね~。
自分はスティーブン・キング原作の『霧』は大好きな小説で、
何度も読み返しては、なんで映画化されないんだろうなぁと不思議に思ってました。
フランク・ダラボン監督に映画化されるために、
ここまで残ってたんでしょうね(^^
小説の絶望的な結末の先を行く超絶望的な結末、
極限状態に追い込まれた人々の恐怖、不安、そして人間の本質・・・
とても深い作品になったと思います。

あ、あと原作を読んで想像していたモンスターと、
映画のモンスターのイメージが同じだったのでちょっと嬉しかったです(^^

今仕事以外でも多忙になり、ブログ更新ができていませんが、
また復活する意欲は満々なので、その時はまたよろしくお願いしますm(__)m

| Toy's | 2009/01/08 12:37 | URL |

☆ふぉっくすさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!

この物語は、モンスターは2の次ですよね。
人間の醜さ、怖さを見事に描いています。
ヒステリック女性の憎いことったりゃあらしない。
よく、みんなあんな女性についていこうと思いますよね。
極限状態だとそうなってしまうんでしょうか?

ほんと最後は衝撃ですよね。
監督意地悪い~って思いました!(笑)

☆Toy'sさん
お久しぶりです~!
元気していましたか?
更新されていないので、寂しいですよ~。
お早い復活お願いします。
あ、でも仕事で無理はなさらないように。

原作を見ていたんですね。
であれば、その差にも驚きでしょうね!
銃声が4発聞こえたときは、やりやがった・・・の嫌な瞬間でしたよね。
ほんと、深い作品でした。

また、遊びに来てくださいね~!

| とら次郎 | 2009/01/08 21:16 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ^^
あけましておめでとうございます♪
初めてここのブログに遊びきちゃいましたね~
ってか、今だからこれるのですが・・^^;
9月まで妊婦だったので、ホラー系はちょっとご遠慮してたんですよ(笑)
でも、晴れて遊びにこれますね~♪
実は、あたしもホラー系大好きだったんですが
娘妊娠してから、見れなくなって
今じゃ、なかなか見る機会がなくなってしまいました。
SAW2まではみたんですが・・・
地味~に怖くないやつから、慣れていこうかな?
今度、オススメ教えてください♪

| 雪月華 | 2009/01/09 06:28 | URL |

雪月華さん

初ご訪問ありがとうございました!
確かに、妊娠中はホラーは禁止ですよね(汗)
びっくり、どっきりする場面は、お子さんに良くないですもんね。

お勧めですか?
どういう系のホラーがいいですかね?
グロイのが大丈夫なら、『ヒルズ・ハブ・アイズ』なんて面白いと思いますよ。
グロイの駄目なら、サスペンスものですかね?『ハンニバル』は観ました?

また、遊びに来てくださいね!

| とら次郎 | 2009/01/10 16:04 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

あれま、とら次郎様も「ミスト」を!?
同時期に被ってしまいました^^。TBさせてもらいますね♪
あのラストは確かに監督の悪意を感じましたし、スーパーの人間模様には辟易しましたです。
でもそれだけ語るところが多い訳で、そういった点では傑作になるのかなと思ってます。
イライラさせるところありましたね(笑)。期待する行動をなかなか取らないところも監督の狙いだったのかな。
原作は未読なので、どこまで忠実かわからないのですが。ちょっと興味沸きました。
久々にどんよりさせられた映画でした♪

ガツンと応援♪凸

| umetraman | 2009/01/11 14:59 | URL | ≫ EDIT

umetramanさん

あ、同じ時期にレビューしました?

モンスターものってより、人間の怖さがメインで表されている映画でしたね。
スティーブン・キングらしい作りです。

イライラやっぱりしましたよね?
あれって、監督の狙いだったのでしょうか?
ラストを考えると、ありえますね。

キングの作品って長くて本ではなかなか辛いんですよね~。なんどか挫折したことあります。
でも、これは面白そうですね。

| とら次郎 | 2009/01/11 21:39 | URL | ≫ EDIT

ミスト~!

これ、衝撃的でしたね、はぁ~はぁ~。

うんうん、人間の怖さがメインで表されている映画でしたね。
で、特別、可愛い坊やを使うのは、反則ですよ...。
観ていて、ストレスMAXでした...。

スティーブン・キング物って、何だか語りたくなっちゃいますよね。

| あん | 2009/01/12 15:37 | URL |

あんさん

ほんと、かわいかったですよね。あの子役。

最後は、親子以外は他人なのに、一家のようでしたね。
5人とも納得した結末だったのでしょうか?

凹む映画って、妙に印象にのこりますよね。

キング作品、って駄作も多いですが、こういう考えられる作品も多いですね。

| とら次郎 | 2009/01/12 20:48 | URL | ≫ EDIT

v-275これはなかなか良く出来てたな~って思いました。
でも・・・後味悪すぎですよね!!
DVDで見て翌日から具合悪くなり、さらにブログでレビュー書いたらまた思い出して具合悪くなりましたもん。
救いのないラストにグッタリでした。
でもスティーブンキング、好きです!!

| you太郎 | 2009/01/19 00:08 | URL | ≫ EDIT

you太郎さん

ほんと、意地が悪いラストですたよね。
でも、具合まで悪くなりましたか!?
だったら、ミヒャエル・ハネケ作品は絶対に無理そうですね・・・。
これより、後味悪いのばかりですから。

スティーブンキングは、やぱり天才ですよね~。

| とら次郎 | 2009/01/19 21:28 | URL | ≫ EDIT

「ミスト」ようやく先日観ました♪
やっぱり印象に残るのはラストシーンですよね^^;
個人的にはハッピーエンドではないのが大好きなのですが、それにしても救いがなかったですね・・

ミヒャエル・ハネケ監督の「セブンス・コンチネント」とほぼ変わらない結末ですからね^^;

でも非常に考えさせられる作品で観てよかったです♪

これからもとら次郎さんのおすすめな映画を楽しみにしてます!

| ゆっけ♪ | 2009/03/26 21:39 | URL |

ゆっけ♪さん

観ちゃいましたか!
ラストは絶望的でしたよね・・・。
あと、もう少し待ってれば。
意地悪な結末です。

『セブンス・コンチネント』も観ていて、狂いそうになりました。こっちも後味悪すぎ。

後味悪い映画って、妙に印象に残っちゃいますよね。

お勧めですか?
後味悪いところで言うと、『屋敷女』観て置いてください。
怖いです。はい。
特に女性は、観るのがきついかも。
レビューはネタバレしているので、観るなら是非予備知識なしで。

| とら次郎 | 2009/03/26 23:48 | URL | ≫ EDIT

泣いちゃいました。

「ミスト」・・・大好きな映画のひとつです。
なんの予備知識もなしに 「ザ・フォッグ」のリメイク版かな?ぐらいのかるーい気持ちで観たんですが、話が進むにつれ、「えっ、モンスターものなん?」と、ちょっと軽いジャブを浴びつつ、・・・ラストは来ましたねぇ~!!!
涙がボロボロ出ましたよ。
モンスター映画を観て、泣いたのは初めてです。(笑)
ラストシーンに流れる音楽もたまりません。
後でダンナにこの映画のストーリーを話してる最中にも、思わずこみあげてきて、バカにされてしまいました。

| まふまふ | 2009/12/25 09:43 | URL |

まふまふさん

これは、ほんと意地悪なラストでしたね。
凹む映画の1つです。
泣いちゃいましたか!お子様はいらっしゃいますか?
子を持つ母だと、このラストは辛いですよね。
この映画は、色々考えられるところありですね。
後味悪い映画って、やっぱり印象に残りますね。

| とら次郎 | 2009/12/25 22:06 | URL | ≫ EDIT

個人的にはアリです

この作品は事前にバッドエンドというのを知った上で観ましたが、予想の遥か斜め上をいってて「そう来たかぁ~!」と正直無性に悔しかったです。

決め手が超巨大モンスターが目に前をズシンズシンと横切った時なのは明白です、この時自決する事を決めたのは間違いありません。

当然精神的余裕など微塵もないので次々と射殺する、しかし主人公の時になったら弾切れ、ヤケになって外に出たら軍隊が住民を救出していた。
悲惨過ぎて言葉を失いました、まるで酸欠状態の金魚ですよ。

原作は超巨大モンスターが出て来た所で終ってるので、主人公一行の生死は不明らしいですが、今回の映画化に関してフランク・ダラボン監督がこのラストを提案し、原作者であるスティーヴン・キング氏も「それはいいね!」と快く了承したそうです。

賛否両論有りますがそれは当然でしょう、オレも見終わって3日は立ち直れませんでしたし。
しかし今はあのエンディングで良かったと思っています、一切救いのない終わりもあっていいでしょう。

いずれにしてもここまで論争になってる時点で、製作側の思うつぼなんでしょうね。

| モッさん | 2011/12/21 01:21 | URL |

モッさんさん

意地悪なラストですよね~。
衝撃の作品ですが、子供に持っていくところは・・・。

キングも納得のラストなんですね。
キングが書くようなラストだな~って思いましたが、原作もこっちのほうが良かったかもですね。

凹む映画は私は大好きなんですよね。
それは、1週間くらい凹んでますが、いつまでも印象に残っていて、考えさせられるのですから。

| とら | 2011/12/21 21:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kowaimovie.blog116.fc2.com/tb.php/93-16753b84

TRACKBACK

ミスト/The mist

これから観る人は、まだ読まないでください。感動は呼ばないが絶望を呼ぶ逸品。 私の中では、非ホラーの『ショーシャンクの空に』は\"よっし...

| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2009/01/12 15:39 |

映画『ミスト』 ・・・霧の日は虫除けスプレー持参で出かけた方がいいです

今年の一発目は『ミスト』です。霧を題材にしていることから、どうしてもジョン・カーペンター監督の『ザ・フォッグ』が思い出されます。さて、どんな出来なのでしょうか。そうい...

| 映画偏り放題 | 2009/01/11 14:44 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。