PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラブド・ワンズ

『ラブド・ワンズ』
 THE LOVED ONES

【製作年度】2009年
【製作国】オーストラリア
【監督】ショーン・バーン
【主演】ゼイヴィア・サミュエル

  かご


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
自身が運転する車で事故を起こし、父を亡くした高校生・ブレントは後悔と葛藤を繰り返す日々を送っていた。そんなある日、彼は内気な同級生・ローラからダンスに誘われるが…。

【感想】  ネタバレ
オーストラリア発の作品は、女子高生の歪んだ愛情(わがまま?)からくる拷問殺戮系の作品。監督は長編初ということですが、ホラーファン必見の面白さです。

自ら犯した自動車事故により父親を殺してしまい、まだその傷が癒えていないイケメン高校生ブレンド。プロムの日、内気なローラからダンスを誘われるが断わる。これが事の始まりでした・・・。ローラの家にとらわれの身となったブレンドはあまりにも耐え難い拷問を受けるのでした。

いや~、ローラのイカレっぷりが強烈。さらには父親も娘への歪んだ愛情で輪をかけてのイカレっぷりでございました。二人そろって苦しんでいるブレンドを前に、「聞こえないよ~、きゃはははは」です。このムカつく顔で。
ラブド・ワンズ1

拷問はどこかで見たことあるような、テーブルを囲んでの晩餐会(擬似プロム)から始まります。
ラブド・ワンズ2

ブレンドは椅子に縛られ、まずは声を出さないようにのどに何かのお注射から。コップにおしっこをさせたりと精神的い滅入る責めから入り徐々にエスカレート。逃げないように足をナイフでぶっさし、お腹になにやら奇妙なマークをフォークで描き・・・
ラブド・ワンズ3

極めつけは頭蓋骨にドリルで穴!この攻撃は、最終的には熱湯を注ぎ脳にダメージを与え思考能力をなくすというもの。映画では要所要所に被害者が出てくるのですが、こめかみに穴の跡の意味が最初は不明でした。しかし、ここで理由が分かります。思考能力をなくした人間は、獣と化し何でも食べる人間へと変貌するのです。されに、このイカレ父娘は豹変した被害者を何人も飼っているのです。(道端に落ちている動物の死骸を餌に・・・)

拷問がですよ、プライドを傷つけるような被害者にとって癇に障るようなものばかりなので、観ているこちらとしては自然とブレンドの反撃を期待するようになります。こんな父娘こてんぱんにやっつけて欲しい!ってね。

絶体絶命からの抜け出し方法が同じだったりするのはもう少し変化つけて欲しいと思ったり、冒頭の自動車事故(そのときに出会った血だらけの少年)が物語にあんまり影響してなかったりと、ストーリーに全く絡まない友人の苦い恋のお話など、ちょっと残念なところはありました。期待したブレンドの反撃も、ここまでやられたんだから、も~っと残酷にしてすっきりしてもらいたかったですかね。

反撃より、ローラの執念がただただ印象に残りました。恐ろしい・・・。
ラブド・ワンズ4

あまり知られていない作品ですが、拷問系ホラー好きは楽しめると思います。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| バイオレンス | 16:40 | comments:5 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

復讐の絆 Revenge:A Love Story

『復讐の絆 REVENGE: A LOVE STORY』
 復仇者之死/REVENGE: A LOVE STORY

【製作年度】2010年
【製作国】香港
【監督】ウォン・ジンポー
【出演】蒼井そら/ジュノ・マック/リュー・イェン/チン・シュウホウ/トニー・ホー/トニー・リュー



【イントロダクション】 
刑事と身重の妻の連続惨殺事件が発生。仲間を殺された刑事たちは、容疑者・キットを逮捕する。だが、キットの恋人で妊婦のウィンは、彼の無実を訴える。

【感想】 ネタバレ
切なく、救いようが無いストーリーが続く見ごたえあるお話でした。いやー、香港映画がんばっているじゃないですか!?期待していなかったですが、見事に見入ってしまいました。

妊婦を殺し胎児を取り出すという極悪非道な連続殺人のショッキング映像から物語は進むのです。犯人(キット)もあらわになり、観るものは彼に憎しみと怒りしか覚えないのだ。が、ここからがこの映画の凄いところ。あっさりとキットは捕まってしまうのです。
復讐の絆1

一方、蒼井そら演ずるキットの恋人で妊婦のウィンは、キットが囚われたやいなや、自ら腹を切り裂き赤ん坊を取り出すという衝撃的な行動を行うのであった・・・。

そう、これは過去の悲惨な事件への若い男女の復讐なのだ。

純粋な恋であった、自然と惹かれあう二人。だが、二人には幸せは来なかった。彼らの幸せを簡単にも奪ってしまったのは、刑事なのであった。刑事が行ったことは、純粋なウィンへのレイプという非道な行為。ひどい、あまりにもひどすぎる・・・。誰もが目を覆いたくなるような、レイプシーンは純粋な二人への悪魔の仕打ち。

以降、妊婦連続殺人の犯人という怒りから、完全に被害者としてのキットとしか見れないのであった。

ここからは泥沼の泥沼。なんとも嫌な気持ちしか残らない展開ばかりです。復讐の鬼と化したキットの執念の姿が痛々しい。
復讐の絆2

賛否両論となるだろうラストの悲惨な結末。悪徳刑事からの転換にはちょっと拍子抜けだが、復讐は復讐しか呼ばないを見せ付けるには、これでもかと言わんばかりの終わり方であった。ただ、それを言わんとしたかったためのラストという見方をしてしまうと、少し白けてしまう。

復讐は復讐しか呼ばない。では、復讐をやめて許すことが正しいのだろうか?二人の幸せそうなワンシーンが妙に対象的で心に残るのであった。

AV女優から見事に、映画女優への一歩となった蒼井そらのお色気封印した演技なんかも見もので、期待以上な作品でした。

【満足度】


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ ブログランキング 人気ブログランキングへ

| バイオレンス | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギニーピッグ 悪魔の実験

『ギニーピッグ 悪魔の実験』

【製作年度】1985年
【製作国】日本
【監督】不明
【出演】不明



【イントロダクション】 
ある1本のビデオテープがスタッフの元に届けられた。それは3人の男が女性に拷問を加えるというものであった。

【感想】
ついに、我が日本が誇る鬼畜映画の極みである、このシリーズに手をつけることにしました。スナッフビデオとしいう演出で作成されたシリーズ1作目ですが、1989年に発生した連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤の部屋から、『ギニーピッグ4』が発見されたことにより、レンタル店にもおかれなくなり、存在を消された形となってしまいました。ちなみに、ギニーピッグとはモルモットの意。

内容にストーリー性は全くありません。ひたすら1人の女性を3人の男性が拷問するだけです。ひたすら拷問を観続けさせられるわけですから、見ているだけで気がめいってしまいます。救い?は、拷問される女性の演技の下手なこと。これにより、スナッフビデオではなく演技ってことが分かるため一安心。

ストーリー無しなので拷問の内容を書くしかないですね・・・。

殴 → ひたすら平手打ち。女性の顔がみるみる腫れていく。

蹴 → ひたすら蹴る蹴る蹴る。

抓 → ペンチで抓られる。

回 → 椅子に縛られひたすら回す。女性に酒を飲まし吐かせる。
     ※この演技が下手すぎる・・・。男も疲れて息ハァハァ

音 → へッドフォンつけられ大音量。5Hで発狂、20H泡吹き。

剥 → 爪を剥がされます。

焼 → 腕に70℃の油を次に150℃の油でジュー。ただれる腕がリアル。

虫 → 蛆虫を焼けた腕に。最終的には顔面に。

臓 → 気絶している女性に内臓を投げつける。女性気づいて発狂!
     ※なんだか意味不明な展開になってきた

刺 → この作品メインイベント。女性の眼に針を刺します。非常にリアルです。
ギニーピッグ 悪魔の実験1

といったように、観る必要も無いですし、観てもはっきり言って気分が悪くなるだけの作品なのです・・・。

【満足度】


【関連記事】
LSD -ラッキースカイダイアモンド-

※応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

| バイオレンス | 22:07 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT