≫ EDIT

22年目の告白-私が殺人犯です-

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  日本
 【監督】
  入江悠
 【出演】
  藤原竜也
  伊藤英明
  夏帆
  仲村トオル
  野村周平

【イントロダクション】 
5人が殺害され、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。事件から22年後、犯人の曾根崎が突然名乗り出る。告白本を出版し、マスコミを連れて被害者遺族に謝罪、警察を挑発する曾根崎に人々は熱狂するが…。

【感想】
韓国映画『殺人の告白』のリメイクとなりますが、ラストの展開も異なるし、藤原竜也、伊藤英明の熱演が、また全然違った映画と思わせるような出来栄え。ネタバレ禁止な映画ですが、原作の面白さ部分はそのままでいい意味で、変えてきた部分も面白い。

相変わらずの藤原竜也の熱演っぷりがこの映画でも見えます。
22年目の告白1

この作品では、クールかつ秘めた熱い思いがあるキャラかつイケメンという設定ですが、イケメンは韓国版に軍配といえども、22年ぶりに犯人として出てきた、小憎らしさ憎たらしさは断トツで藤原竜也に軍配が上がります。
22年目の告白3

もう、被害者の方々が可哀そうで可哀そうで。それぞれの被害者がそれぞれ苦しんできた22年間。それを踏みにじるように、思い出させるように出てきて一躍スターになった犯人。もうどんだけ被害者を苦しめるんだと。。夏帆演ずる少女が犯人の本の顔を刃物でえぐるシーンは非常に観ていて辛い。
22年目の告白2

と、前半の展開と後半の展開は一気に変わります。
まさしく、犯人の真実は!?がテーマ。この先書いてネタバレしまうと、観るときの面白さ半減ですので書きませんが、後半は韓国版と変えてきてますが、ちょっと強引かつ割と読めてしまう展開ではありますが、それはそれで案外面白かった。日本版の方が結構陰湿で根深い悪だし。

時効というのがテーマな映画でしたが、殺人時効廃止制度が制定された時期をうまく利用したところは見事でした。被害者側の遺族の気持ちもうまく利用したストーリー、よくできています。

【満足度】


22年目の告白ー私が殺人犯ですー【Blu-ray】 [ 藤原竜也 ]

価格:3,231円
(2017/10/1 23:12時点)
感想(0件)



【予告】

| サスペンス、ミステリー | 23:57 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

エイリアン コヴェナント

 『エイリアン コヴェナント』
  AILIAN COVENANT

 【製作年度】
  2017年
 【製作国】
  アメリカ/イギリス
 【監督】
  リドリー・スコット
 【出演】
  マイケル・ファスベンダー
  キャサリン・ウォーターストン
  ビリー・クラダップ
  ダニー・マクブライド
  デミアン・ビチル

【イントロダクション】 
滅びゆく地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号の乗組員。やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。

【感想】 ネタバレ
リドリー・スコット監督が自身のSF作品『エイリアン』の前日譚を描いた『プロメテウス』の続編。エイリアンシリーズの新三部作ということですが、この3部作『プロメテウス』を数えないようで、そうすると確実にあと2作は作られるということになり、もうスターウォーズ化してきました。本作の時代は、2104年。『エイリアン』の西暦は2122年なので、この時エイリアンシリーズのヒロインのリプリーは12歳ということに。

はい、リドリー・スコットワールド満載でした。
エイリアンシリーズからはもう想像ができないような展開。やりたい放題暴走していないかと思うほどで、エイリアンの起源に関しても何か宗教的な雰囲気も漂わせる。というのも、この作品自体色々な芸術作品のオマージュを入れ込んでおり、例えばポスターはロダンの地獄の門をイメージする作りになっており、種(悪魔!?)の起源を描く作品としてピッタリではないだろうか。
エイリアン コヴェナント0

しかし、エイリアンの起源は仕組まれたものだとは。。。
地球から気が遠くなるほどの惑星で、ひそかに行われていた禁断の実験。なるべくしてなったような、コヴェナント号の乗務員の新たな惑星への到着。彼らは地球に変わる新しい惑星発見だと希望を満ちて降り立ったのだが、一瞬にして希望は絶望へと崩れ落ちていく。

コヴェナントの乗務員はすべてカップル。人類移住計画というミッションなので移住者2000人を送り届ける乗務員達も到着後の人類繁栄を見込まれたのでしょうか。もちろんカップルということなので相方が死んだりしたらもう悲しいやら怒りやら満ち溢れるとおもうのですが、実は案外あっさりした描かれ方でした。もうちょっと悲しみや怒りにとらわれた人間心理的な要素を入れ込んでいれば面白かったのに。

というのも、前置きがものすごく長くて面白くなるまでがちょっと長いため、前半はだれてしまう。なのでもう少し人間心理的な要素を入れれば面白かったのかな。だって今回のヒロインは全然目立ってないんです。リプリーに比べると雲泥の差で、なんだか残念。
エイリアン コヴェナント4

今作は、アンドロイドが最初から最後までカギを握る登場人物となりました。というか、エイリアンシリーズは、アンドロイドと共に描かれてきた作品でした。でも、まさかここまでエイリアンの起源に影響していたとはね・・・。
エイリアン コヴェナント5

さてさて、エイリアンシリーズ一番の見どころといったらやはりエイリアンですよね。
もちろん、おなじみの卵からびゅっと飛び出すシーンもあります。
エイリアン コヴェナント3

でも、今作はついに新種エイリアンが登場する!!!
そのコンセプト画像がこちら。いやー、今までのエイリアンより白くって余計に気持ち悪い。なんでも深海魚のミツクリザメがモデルになっているようです。
エイリアン コヴェナント1

そして、これまでお馴染みのエイリアンの今作の姿。
いや~、やっぱりこの造形芸術的ですね。気持ち悪さと恐ろしさ、それでもってなんかカッコよさが見え隠れする姿。どんどんパワーアップしていきます♪
エイリアン コヴェナント2

もうすでに続編のタイトルも発表されたようです。
原題で、『エイリアン アウェイクニング』だそうで。あと2作であのリプリーのエイリアンにどうつなげていくか、楽しみでありません。

【満足度】


【予告】


【関連記事】
エイリアン

| SF、エイリアン | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドント・ブリーズ

 『ドント・ブリーズ』
  DON'T BREATHE

 【製作年度】
  2016年
 【製作国】
  アメリカ
 【監督】
  フェデ・アルバレス
 【出演】
  ジェーン・レヴィ
  ディラン・ミネット
  ダニエル・ゾヴァット
  スティーヴン・ラング

【イントロダクション】 
ロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。だが彼は、目は見えないが、どんな“音”も聞き逃さない超人的な聴覚をもつ老人であり、そして想像を絶する異常者だった…。

【感想】
サム・ライミ製作、フェデ・アルバレス監督のリメイク版『死霊のはらわた』コンビによる、スリラー映画。ホラー王道の1軒家という限られた空間だけでおりなす、グロさではなく、緊張感(スリル)あふれる作品に仕上げてきているさすがといえる新感覚のホラー。ヒロイン役には、これまたリメイク版『死霊のはらわた』でミアを演じたジェーン・レヴィ主演。

一攫千金と思い盗みに入った家は、盲目の老人一人で住む家。楽勝と思われた仕事は、一転し地獄となる。盲目だからこそ研ぎ澄まされた聴覚、嗅覚。息をするだけで居場所が分かってしまう緊張感。歩くことですら扉を開けることですらすべてが音を立てず慎重にしないと老人に見つかってしまう、そして靴の匂いですら。部屋の隅々まで知り尽くした老人と完全に立場逆転。
ドント・ブリーズ2

5感の中で失うことは致命的と思われる視覚を見事にまでカバーしてしまった聴覚を中心に描いたのは、さすがです。逃げる最中完全に暗闇になってしまうシーンは、今まで視覚を頼りに生きてきた強盗のロッキーとマニーにとっては絶望としか言えない恐怖な瞬間であったでしょう。
ドント・ブリーズ1

ただ、視覚がなかったばっかりに、詰めの甘さが合ったりと、そういうところもちゃんと物語として入れ込んでおり、何が起こるかわからない展開となっている。

と、ここまで聞くと一方的に老人強盗に入られて可哀そうじゃんってなるのですが、これまた老人側も異常者であったから、あーっという間にドタバタ劇。なんとその家には監禁された女性が居たのです。その理由は老人が可哀そうではありつつ、憎悪が愛情へと変わっていた瞬間も見え、何とも言えない気持ちになります。(冷静に考えると、色々踏んだり蹴ったりな老人の人生なんだなこれが)

やーっと一軒家から逃げ切ったと安心した時の、あのワンちゃんの忠実っぷりが感心しますが、そのせいでまた振出に戻った時のロッキーの絶望感は計り知れないものでしょう。そして、あの精液注射・・・(いやー、毛が入ったりで気持ち悪い)
ドント・ブリーズ3

最後はホラー映画独特な終わり方をしたかと思えば、やはり続編決定だそうで。
是非、次回はもっと老人に活躍してもらいたいなと思いつつ、1作目を超えるのは難しそうだなとも予想させる作品でした。

【満足度】


ドント・ブリーズ【Blu-ray】 [ ジェーン・レヴィ ]

価格:2,560円
(2017/9/16 23:47時点)
感想(1件)



【予告】

| サイコ、スリラー | 11:03 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT