≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

『スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間』
 CONTRACTED

【製作年度】2013年
【製作国】イタリア
【監督】エリック・イングランド
【出演】ナジャラ・タウンゼント
    キャロライン・ウィリアムズ


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
女しか愛せない美女・サマンサは、恋人の冷たい態度に悩み、勢いで見知らぬ男性と関係を持ってしまう。だがその翌朝から彼女の身体に異変が起き始め…。

【感想】 ネタバレ
邦題で話の全てを説明しているというセンスのかけらもないのですが、3日かかって自分の身体が腐ってゾンビになっていく過程を描いた作品。ゾンビ映画といえば、速攻で変化してしまいますが、その過程をじっくり3日かけて描いちゃおって感じで、もちろん人間の心のまま腐っていくわけですから、心理的な作品といってもよいでしょう。

1夜の過ちがとんでもないことに…。恋人(女性)とうまくいっていないサマンサは、パーティーでとある男性と関係を持ってしまう。映画冒頭の場面からすると、彼はネクロフィリア(屍姦)なのでしょう。彼から体が腐っていくという病気を移された格好になるんですね。といってもサマンサは、友人や男に無理やり飲まされた感じで、自業自得ともいいずらい完全に被害者ってのが、かわいそうな感じがします。

はい、ここからは腐っていく自分の身体とその心理を描いていく作品になっていきます。ということで、さっそくきれいな彼女から徐々に変化していく様子を見ていきましょー!

最初は、こんなに綺麗な女性でした。
スリーデイズ・ボディ1

ん?なんか目がおかしいわ
スリーデイズ・ボディ2

私どうなっちゃうの!!!
スリーデイズ・ボディ3

最終形。身も心もゾンビ化。
スリーデイズ・ボディ4

容姿の変化とともに、彼女の心理状態もだんだん醜くなっていきます。
最初は、あんなにおとなしそうで、純粋そうな彼女が、恋人を殺し、友人を殺し、そして孤独となる。腐りはてた彼女は自分に好意を抱く、男にぬくもりを求め、交わるのです・・・・・が、

彼女の中からは・・・
スリーデイズ・ボディ5

ゾンビ映画と思えないくらい、切なく暗くなるような映画でした。腐っていく彼女の容姿もどこかエロスを感じられます。そこがよい点でもありながらも、全体的に、すこし物足りなさも感じられてしまいます。もっと大胆に身も心も腐って行く様子が見たかったものです。(綺麗さを残しすぎた)

続編もできているようなので、次の身も心も腐っていく様子をどう描くか、楽しみであります。
(ちょっと、予告みたらゾンビの世界観になっているから、期待できないかも…)

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


続編


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 21:48 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

道化死てるぜ!

『道化死てるぜ!』
 Stitches

【製作年度】2012年
【製作国】アイルランド
【監督】コナー・マクマホン
【出演】ロス・ノーブル
    トミー・ナイト
    ジェマ=リア・デヴェロー


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
誕生日パーティーに呼ばれ、子どもたちの悪戯が原因で死んでしまったピエロが、6年の時を経て墓場から復活。ピエロは成長した子どもたちに残虐な復讐を敢行する。

【感想】
2012年シッチェス映画祭グランプリ作品で、編集に『28日後...』『28週後...』クリス・ギルを迎え、グロシーン満載のぶっ飛び作品です。ストーリーは単純で、イントロダクションそのもの。あとは、ピエロがどうグロく殺していくか、これのみといってよいほどの作品です。

もちろん、期待を裏切らず、ものすごいグロい殺し方をしてくれるじゃないですか♪

のーみそ、くり抜き
道化死てるぜ!1

傘でお目目ぶっさし
道化死てるぜ!2

極めつけは、顔を風船のように膨らませ
道化死てるぜ!3

これ以外にも、かなり強烈なシーン盛りだくさん。
ひと昔前の、スラッシャー映画を見ているかのような、ゴアシーンを連発させてくれます。

ただ、いまいち緊張感もなし、コミカル感も中途半端で、そして殺人ピエロとしての存在感の強烈さが足りない。ピエロの怖い存在感は全くないため、グロシーンを見ているだけの映画といったイメージでした。もうちょっと、スリルがあれば良かったんですが…。
道化死てるぜ!4

それにしても登場人物がこれでもかっていうほど、全員さえなかったですね。こういった学園ものホラーは、ヒロインなんかはイケているはずなんですが。そして、エロシーンも、なしと言っていいほど、あっさりしたもので、この手の映画としては物足りなさを感じます。

最初とラストのピエロの死に方が結びついているのは、面白かったですが、監督が俺の考えたグロシーンどう?って言うための作品だったんじゃないと思えてしまう映画でした。

【満足度】


【関連動画】
作品紹介


※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

| スプラッター | 23:58 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

ウォーキング・デッド シーズン1

『ウォーキング・デッド シーズン1』
 The Walking Dead season 1

【製作年度】2010年
【製作国】アメリカ
【監督】フランク・ダラボン
【出演】アンドリュー・リンカーン(リック役)
    ジョン・バーンサル(シェーン役)
    サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ役)


【イントロダクション】 by Amazon.co.jp
ゾンビが蔓延るアメリカを舞台に、昏睡状態から目覚めた保安官が生存者たちを率い、安住の地を求めてサバイバルしていく姿を描く人気TVドラマシリーズ。

【感想】
いまさらながら、シーズン1から見ております。

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』『ミスト』の名匠×注目の俳優による、アメリカTVドラマということですが、内容もゾンビの描写も本格的。アメリカのドラマってホント、力が入ってすごい。TVなのに、ものすごくグロイです。ゴールデン・グローブ賞テレビ部門の作品賞ノミネートもされている作品で、これ以上のゾンビドラマはこの先出てこないといってよいほど、見事な作品です。

シーズン1は、まずは序章といった感じでしょうか。
病院で昏睡状態に陥っていた、リックが目を覚ますと、世界が崩壊し人々の死体が転がり、生ける屍「ウォーカー」が歩き回っているという、なんとも絶望的な始まり。家族を探す絶望の旅に出ていくのです。どこに行っても絶望的な状況で、リックが少しづつ生存者と出会い、そしてリーダーとなっていく様子を描きます。

他人同士が、協力し、いがみ合い、涙していき、一人ひとり犠牲者になっていく様子は、ゾンビ映画特有の人間ドラマ。まさに、ウォーキング・デッドもこの人間ドラマが主体の作品です。

街からの脱出シーン、採石場でウォーカー襲撃シーン、そして、治療薬の開発が進められているという噂を信じてCDCにたどり着いた時の、希望と絶望。これから長くなる、リック達の旅を暗示しているかの如く、シーズン1は終わっていきます。

シーズン1は、どこかのゾンビ映画で見たことあるな!?っといった展開がちらほらでした。ゾンビになりきって歩く姿なんかは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』を思い浮かべましたが。でも、さすがに死体の内臓を体に塗りたくって死臭にして、ウォーカーの集団に入り込むってのは、驚きでした。

ウォーキング・デッド全てのシリーズに言えるのですが、「ウォーカー」の描写や残酷描写が、ものすごくリアルです。

シーズン1から、ちょっとピックアップ!
ウォーキング・デッド シーズン1-1
ウォーキング・デッド シーズン1-2

いや~、本格的です。

右手首だけ残したメルルの存在が不気味に気になりつつ、シーズン2へ続く・・・。

【満足度】


【関連動画】
Trailer


第一話


【関連記事】
ウォーキング・デッド シーズン2

※応援クリックよろしくお願いします~。
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ 人気ブログランキングへ

| ゾンビ | 23:48 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。